「憧れを自分に必要なカタチで取り入れた、北欧風のシンプルキッチン」 by kumisさん

「憧れを自分に必要なカタチで取り入れた、北欧風のシンプルキッチン」 by kumisさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、心地良い落ち着きと優しさをまとった北欧風のインテリアづくりをされているkumisさんに、キッチンづくりのこだわりや工夫をお伺いしました。ひとつひとつ丁寧に思いを込めた空間の魅力をゆっくりと紐解きます。

夫婦と娘、息子の4人家族です。2019年の夏にマイホームが完成しました。28坪と小さいながらも、最低限でもこだわりを詰め込んだ家です。家事、育児に仕事と毎日バタバタですが、シンプルで掃除のしやすい家を目指し日々試行錯誤中。RoomClipではインテリアや収納術を参考にしています。

端然と穏やかな空間

kumisさん宅のキッチンは、凛とした佇まいをしています。生活感を最小限までオフし、まるで家具のようにインテリアに溶け込んでいるのが印象的です。毅然とした中に柔和さを漂わせ、接しやすい美しさがあります。まずは、そんな素敵なキッチンのこだわりやテーマから教えていただきました。

kumisさん

「無機質を基調にシンプルにまとめつつも、木の温もりを感じられるキッチンにしています。掃除のしやすさも大切にしました。」

圧迫感のない対面スタイル

間取り図で見ると、作業中でもLDK全体を把握できる位置にキッチンがあることが分かります。吊戸棚を設けず開放的に設計された対面スタイルはディティールへのこだわりひとつひとつが際立ち、空間のアイキャッチとしても優秀ですね。特に背面のルーバー扉の収納は、生活感をスマートに眺めからオフしてくれる立役者ではないでしょうか。キッチン収納が雑多さを隠すためのものではなく、インテリアとして映えるものだと、効率よく印象をコントロールすることができるんだなと気が付きます。

ここからは、kumisさんイチオシのポイントや収納の工夫をさらに詳しく掘り下げていきましょう。『憧れを詰め込んだオープンスタイルにしたいけど生活感問題にモヤモヤ、パントリーをつくるほどの余裕はない!』こんな風に理想と現実の間で頭を悩ませている方は特に必見です。きっと、解決への糸口をつかむことができますよ。

キーワード1 モノトーンで統一した、憧れの質感や趣

kumisさん

「憧れだったモルタル腰壁を中心に、ホワイトのルーバー扉やモルタル風のフロアタイルでコーディネートしています。モノトーンカラーで統一感をもたせたのもこだわり。全体に馴染み、インテリアとしての完成度を高めてくれるダークグレーの冷蔵庫はお気に入りです。

腰壁の上面になるカウンター部分は、モルタルのままにするか、木材にするかで悩みました。結果、温もりを感じられる木材を選択。幅広にしてもらったので、ケトルや観葉植物が置けるところが便利です。」

キーワード2 冷蔵庫以外の家電を見せないレイアウト

kumisさん

「リビングダイニングから炊飯器、電子レンジ、トースターなどの家電が見えないよう、キッチン奥に収納スペースを設計していただきました。そのおかげで、生活感のない、すっきりとしたキッチンが保てます。」

キーワード3 収納力抜群の天井まであるルーバー扉

kumisさん

「カップボードのあるおしゃれなキッチンにも憧れましたが、ガサツでめんどくさがり屋の私には隠す収納が合っていました。棚にホコリがたまることもなく掃除も楽ちんです。土地が狭くパントリーがつくれなかったので、このルーバー扉の中にたくさん収納ができて助かっています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

kumisさん

「自分の性格に合った収納方法とテーマカラーを決めるのがおすすめです。ゴチャゴチャしがちなキッチンでも自分らしく、シンプルに清潔感を保てると思います。憧れのキッチンは上を見るとキリがありません。土地の形や広さで、できることは限られます。だからこそ、何が1番必要か重要か、はっきり優先順位をつけることが大切だと、私は今回の家づくりで感じました。」

まとめ: ライフスタイルを見つめながら、憧れを取捨選択

さまざまなキッチンの実例に触れやすくなった今だからこそ、憧れや理想は多方面へと膨らんでいきます。でも、実際につくれるのは多くの場合ひとつではないでしょうか?コストや配管の関係など、条件をクリアしながら実現していくのもなかなか難しいものですよね。そこで思い出したいのがkumisさんのアドバイス。好きなもの、取り入れたいものを諦めるのではなく、自分にとって最適な使い勝手をベースに取捨選択するという発想です。

また、隠すことが楽しくなりそうな、収納の在り方も素敵でした。憧れの要素で機能性を高められたら最高だと思いませんか?ぜひ、自身のライフスタイルや癖、性格とこだわりを重ねながら、唯一無二の理想のキッチン像を探り当ててみてください。


kumisさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク