「折り紙2枚でサクッとできる、背表紙の見えるブックカバー」 by yumiさん

「折り紙2枚でサクッとできる、背表紙の見えるブックカバー」 by yumiさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回は、丁寧で素朴な暮らしを楽しむyumiさんに、折り紙を使って簡単につくれるブックカバーのアイデアを教えていただきました。

教えてくれた人

DIYやリメイク、ハンドメイドなどものづくりが好きです。築35年ほどの戸建てに住んでいます。古い物も大切にしながら、居心地良く快適な、おうちカフェのような家を目指して、日々DIYで改善中です。

必要なもの

所要時間

2分

購入する材料 計1アイテム 100円(税抜)

  • 折り紙 15×15mm ※文庫本サイズ【Seria(セリア) 売場:オフィス/文具】

必要な道具

  • セロハンテープ
  • はさみ

つくりかた

STEP1

折り紙は2枚使用します。まず、選んだ2枚を1cmほど離して並べてください。この2枚の間にある隙間が背表紙になるので、隙間を残しながら裏表両面からセロハンテープを貼ります。

STEP2

セロハンテープのはみ出した部分をカットして、整えます。

STEP3

本に合わせて端を折り込んだら完成です。

STEP4

カバーをしても背表紙が隠れないので、つけたまま本棚にしまってもタイトルを判別できて便利です。

管理もしやすく本を大切にできる

本好きの方の多くは、ブックカバーをつけてしまうと目当ての本が探しにくくなるモヤモヤに心当たりがあるものではないでしょうか?『好きだからオープン収納にしたいけど、背表紙がカラフルでインテリア性を損ねてしまう』『日焼け防止にカバーはつけておきたい……』本を大切にしたい気持ちと、実用性の間での葛藤は困りものです。でも、そんな悩みの種をyumiさんのアイデアはスッキリ解決してくれます。しかも、とてもお手軽&簡単に♪

折り紙を使うというのが画期的です。身近なうえ、最近では色も柄も、質感も豊富と選びたい放題ですよね。教えていただいたレシピなら、離して置いた2枚を貼り合わせてつくるので、配色や柄の組み合わせを楽しむこともできます。ぜひ参考にして、お好みのスタイルで大切な本を保護してみてください。

ワンポイントアドバイス

  • 文庫本には、この折り紙のサイズがぴったりです。

yumiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

関連記事

RoomClipの関連リンク