「その存在に癒される、建築装飾デザインモチーフの美しいキャンドルホルダー」 by aureaさん

「その存在に癒される、建築装飾デザインモチーフの美しいキャンドルホルダー」 by aureaさん

RoomClipユーザーがだいじにだいじに使い続ける愛用品を紹介する連載。今回はご夫婦の好きなことを大切に育みながら、ふわりと品よく高級感を纏ったインテリアづくりをされているaureaさん宅で活躍中の「フランク・ロイド・ライトのLEDキャンドルホルダー(メタルと木製)」をご紹介します。

今回教えてくれたユーザーさん♪

夫婦ふたりのマンション暮らしです。どちらも飛行機好きが高じて、離発着がよく見える場所に居を構えました。インテリアは好きにさせてくれるので、私好みの和モダンやアジアンテイストなお部屋にしつらえるのが楽しみです。

ご紹介いただいた愛用品

ITEMフランク・ロイド・ライトのLEDキャンドルホルダー
PRICEメタル:5,528円、木製:7,480円(税込)
SIZEメタル:10.4×7.4×12.7cm、木製(バンブー):約W9.5×D9.5×H約9.5cm

20世紀を代表する建築家、フランク・ロイド・ライトの装飾デザインをモチーフにしたLEDキャンドルホルダーです。レーザーカット技術により、その繊細なデザインを現代の身近なアイテムへと蘇らせています。

販売サイトで商品を見る

いつまでもうっとり眺めていられる造形美

aureaさん宅はシンプルに品よくリュクスでどこか艶っぽい……自然と目と心を奪われてしまうような魅力を放つ空間です。きっとそこにあるものはどれも厳選したこだわりの品々に違いないと確信するのですが、その中からピックアップしていただいた愛用品は『LEDキャンドルホルダー』。繊細さと力強さを併せ持つ美しいデザインが印象的なアイテムです。まずは、愛用品にまつわるこだわりや思い入れからお伺いしていきます。

aureaさん

「近代建築の三大巨匠といわれるフランク・ロイド・ライトの装飾デザインがモチーフです。氏の生み出す緻密な幾何学模様は、旧帝国ホテルのデザインでも目にすることができます。リビングでは写真上のチェリーブロッサムのデザインを、メタルと木製の素材違いで使用しています。ちなみに、廊下では写真下のレイクジェネバのデザインのナイトライトを使用中。その造形美に惚れ惚れしながら、いつまでもひとりうっとりと眺めていられます。」

夜、揺らぐ灯りをひっそりと楽しむ至福

aureaさん

「夜、リビングの灯りを最小限に落とし、こちらのふたつのチェリーブロッサムにキャンドルを灯します。そしてアレクサで、チックコリアなどを流しながら好きなドリンクを飲むひとときが幸せです。」

灯りをともさずただそこにある様も、きっととても素敵ですが、やはり点灯したときの美しさは格別ですね。和洋折衷な雰囲気もどことなく艶があり、大人のリラックスタイムをより上質に導いてくれそう。仄暗い中に揺らぐキャンドルの灯りと、それに照らし出されるデザインの美しさに静かに酔いしれる時間……想像しただけでうっとりします。

木製の方は大きめのキャンドルに入れ替えても良いかも……

aureaさん

「キャンドルホルダーのうち木製の方はサイズが大きいため、付属のLEDキャンドルが中で動いてしまいます。もうひとつ大きいサイズのキャンドルを買って入れ替えようかと検討しています。」

なるほど、同じ場所にずっと置き続けて使用する場合はあまり気にならないかもしれませんが、ちょこちょこと移動させる場合はLEDライトのサイズを合わせた方が気兼ねがないかもしれないですね。使い方に合わせて、より暮らしに心地良いスタイルを模索するのも愛用品と付き合う醍醐味ではないでしょうか。

ひとときを贅沢に演出するアイテム

キャンドルやキャンドルホルダーは、暮らしに不可欠なものではありません。でも、それを楽しむ心のゆとり、火の揺らぎや照らしだされる陰影の美しさに触れる喜びは、間違いなく日常を豊かにしてくれます。

そして、今回ご紹介いただいた愛用品は、20世紀を代表する建築家が残したデザインで、和と洋どちらの魅力も併せ持っています。きっと、幅広いインテリアのテイストや質感の中にスッと馴染むはず。キャンドル好きの方はもちろん、昼も夜も、ただそこにあるだけでちょっと贅沢な気分を味わえる……そんな照明や雑貨を検討中の方も、ぜひ参考にしてみてください。


aureaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク