すっきりミニマムに暮らすには?物が少ないお部屋づくりのポイント

すっきりミニマムに暮らすには?物が少ないお部屋づくりのポイント

お掃除がしやすかったり、心が落ち着いたりとメリットが多い「持たない暮らし」。実践したいと思っても、どんな風にすればうまくいくんだろう?と悩む方も多いのではないでしょうか。ユーザーさんから、物が少ないお部屋づくりのポイントを学んでみましょう。

役割を兼用させる

ひとつの物に複数の役割を担ってもらえば、必然的に物を減らすことにつながります。とはいえ、生活が不便にならないよう、動線なども踏まえて工夫することが成功の秘訣です。

ゴミ箱の数を減らす

こちらのユーザーさんは、リビングとキッチンのゴミ箱を、シンプルな無印良品のものひとつにまとめました。お部屋の広さや動線上、ちょうどよい場所を見つけることができれば複数置かずに済み、それだけでも物を減らすことに繋がります。ゴミ出しの作業も楽になり、一石二鳥ですね。

傘立てにくつべらも収納

ひとつひとつのアイテムに応じて、立てる場所や収納をつくると、それだけでも物の数が増えてしまいます。こちらのユーザーさんは傘立ての中にくつべらも収納し、ごちゃごちゃしがちな玄関をすっきりとされています。あえて本数限定の傘立てを選ぶことで、余分な傘が増えないように工夫されています。

テレビとパソコンを兼用

テレビとパソコンも兼用することができます。モニターとして使うことができるテレビもありますし、パソコンでテレビを見ることも可能です。こちらのユーザーさんは、お部屋にぴったりなホワイトのテレビ台を選び、キーボードもすっきりと収納。ほどよく奥行きがあるので、ちょっとした作業スペースにも使えそうです。

余白をつくる

机の上や棚の中など、何となく余白や隙間があると物を置きたくなってしまいますが、あえて何もない場所をつくるようにするのも、物が少ないお部屋づくりのポイントです。掃除も楽になり、今持っているものやストック類も把握しやすくなりますよ。

外に置いておくものを見直す

物が多くなりがちな洗面スペースですが、実は1日のなかで何度も使うものは、それほど多くはないのではないでしょうか。こちらのユーザーさんが洗面台に置いているのは、最も頻繁に使うであろう、手洗い石鹸だけ。外に出しておくものを見直すだけでも空間がすっきりし、掃除もしやすくなります。

冷蔵庫や壁にも余白をもたせる

こちらのユーザーさんは、キッチンカウンターだけでなく壁や冷蔵庫の側面も物を貼ったり置いたりせず余白をつくって、空間をよりすっきりとさせています。ご友人に「キッチン広くない?!」と褒められたそうですよ。物がないまっさらな面を多くつくると、お部屋を広々と見せることにも繋がりますね。

棚の中もゆったりと

棚などの収納の中は、場所があるだけ物を詰め込みたくなってしまいますが、なるべくゆったりと余白をつくることで、より使いやすさがアップします。こちらのユーザーさんは、奥行きのある食器棚の取り出しやすい手前にだけ食器を設置。中身もすぐに把握できるので、余分な買い足しも防げそうです。

食器の断捨離 奥行があっても取り出しにくいのは嫌なので、前列に置けるだけ、空間にゆとりをもたせた並べ方にしました。 下2段がよく使う食器になります。 ほぼ頂き物の食器を使っているので、こうして見るとテイストがバラバラ。 上段には、テーブルランナーとランチョンマットを置いています♬
kumi

床になるべく物を置かない

床になるべく物を置かないように心がけることも、物が少ないお部屋づくりのポイントです。こちらのユーザーさんのお部屋はラグがなく、ソファの近くのテーブルも小さめサイズなので、よりすっきりとした印象です。広々と空間を使え、お掃除もしやすそうです。

お気に入りのものを少しだけ飾る

なるべく物を増やさないようにするからと言って、自分の感性に響くものまで切り捨ててしまうことはありません。むしろ、そういったものこそ外に出して飾ってあげることで、埋もれてしまわないよう、まわりをすっきりさせようという意識もはたらきます。

お気に入りのアートを空間の主役に

お気に入りのアートやインテリアは、すっきりとした空間にこそ映えます。こちらのユーザーさんは、シンプルなミラーの隣に、言葉だけが切り抜かれたカードを飾りました。物が少ない暮らしだからこそ楽しめる、まるで美術館のような贅沢な空間です。

最果タヒさんの、詩そのものカード。 言葉が切り抜かれていて、言葉だけが存在するカード。美。 素敵なので玄関の鏡横に飾りました。 この鏡もシンプルでインテリアの邪魔にならなくてお気に入りです。
753

シンプルなリビングに印象的なインテリアを

リビングの棚の上にこんな風に美しいインテリアが飾ってあれば、自然と片付ける習慣が身につきそう。ホワイトを基調としているので、より魅力が引き立って見えますね。ユーザーさんは、あまり物を置かないようにし、お気に入りのものを少しだけ取り入れるように心がけているそうですよ。

お気に入りの物を大切に

お気に入りのものを大切にし丁寧に暮らしていくことも物が少ないお部屋づくりのポイントです。こちらのリビングでは、グリーンやアート、デザイン性の高いチェアなど、ユーザーさんの感性を感じるものが置かれています。マットなど、不必要と感じるものを置かないことでシンプルな暮らしをされていることが伝わってきます。

古い家ですが、出来るだけ物を増やさないシンプルな暮らしを心掛けています。 玄関マット、キッチンマット、トイレマットのファブリック類も使わない我が家です。
minya

物が少ないお部屋づくりのポイントについてご紹介しました。ユーザーさんそれぞれが工夫して、暮らしを楽しんでいらっしゃいましたね。ぜひ、当記事をすっきりとしたお部屋づくりの参考にお役立てください♪


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「ミニマリスト 持たない暮らし」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク