「壁面×マグネットで、使用頻度の高いものの使いやすさを極める収納」 by creation_stockさん

「壁面×マグネットで、使用頻度の高いものの使いやすさを極める収納」 by creation_stockさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、使う都度、用途ごとの便利さにこだわった収納を家中に張り巡らせているcreation_stockさんに、意識しているポイントや独自の工夫について教えていただきます。

今回教えてくれたユーザーさん♪

北海道在住、家族3人暮らしです。2021年に完成した新築一戸建て(完全分離二世帯住宅の子世帯)で暮らしています。建築の際は、用途に沿った使い勝手の良い収納にもこだわりました。

よく使う収納は、見せるスタイル

家づくりの段階から収納の仕方を想定してギミックを凝らしたというcreation_stockさん宅のアイデアは、玄関からさっそく発見することができます。扉横のマグネット収納は、見るからに便利そう。出掛けるときの必需品がこうして並んでいると、忘れ物の心配も減りますね。玄関先で気が付いて、靴を脱いで家の中へ……というあるあるな手間とも無縁な印象です。まずは、このスタイルの魅力と見せる収納をする上でのこだわりからお伺いしてみました。

creation_stockさん

「RoomClipをはじめとする、様々なネットメディアを参考にしています。特に意識しているのは、使用頻度の高い普段使いの部分を見せる収納にすること。建築時に、玄関とウォークインクローゼット、書斎、子供部屋にタカラのホーローパネルを設置しました。マグネットが付くので、壁面の限られたスペースにバッグや帽子といったファッション小物収納を可能にしてくれます。

ちなみに、マグネットを使った収納は、他の場所・用途でも多数採用しています。この収納により、その時々に必要なものがすぐ手に取れるようになりました。」

なるほど、見せるのは『よく使うもの』なんですね。確かに、あまり使わないものがすぐ手の届く場所にある必要はありません。厳選したものを表に出すことで、快適とすっきりの両立が叶います。また、マグネットを使った壁面収納なら、柔軟に移動させたり、隙間を調節したりできるのもポイント。暮らしのささいな変化にも機敏に対応できるのではないでしょうか。

ここからは、あまり使わないもの、見せたくない部分の収納アイデアも含めた、暮らしの中で使い分けたいcreation_stockさん流の3つのスタイルをご紹介します。『どうしまったらいいか分からない、使い勝手が悪いとすぐリバウンドしてしまう』とお悩みの方もぜひ、お見逃しなく♪

用途に合わせて選ぶ3つの収納スタイル

その1 あまり使わない&ごちゃつくところは隠す!

creation_stockさん

「めったに触らないのに、やたらごちゃついて見えるところは、迷わず隠します。分かりやすいのはコンセント周り。市販のケーブルボックスを使い、ごちゃついた配線はすっきり隠しています。」

その2 よく使うものは、浮かせて見せる!

creation_stockさん

「書斎はカウンター側の壁がホーローパネルになっています。普段使いの小物は、ここにまとめてマグネットで浮かせる収納にしました。山崎実業のTOWERシリーズや100均グッズを活用する、マグネット収納のテクニックを日々考察しています。」

その3 行方不明になりやすい細かいものは、分類整理!

creation_stockさん

「電池や電球、テープ、ボタン類といった細かな雑貨は分類して、それぞれ中身の見える透明なプラケースに入れています。同じケースが並ぶので、中身がすぐ分かるようにラベリングをしています。」

オススメの収納アイテム

ITEMARROWWAYのケーブルボックス
PRICE1,690円(税込)

シンプルな白色のケースと竹製のフタという組み合わせで、ナチュラルな風合いの配線隠しグッズです。インテリアに溶け込んでくれるところが気に入っています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

creation_stockさん

「収納づくりで大切なのは、限られた空間をいかに有効利用するかだと思います。そして、小さな工夫を楽しむことが継続のコツだと考えます。必要なときに必要なものをワンアクションで出せるスタイル、使用頻度が低いものは効率よく分類して整頓するなど、ネットメディアからの学びや発見を楽しみながら、これからも続けていきたいです。」

すぐ手に取れるのは気持ちがいい

creation_stockさんの使用頻度に合わせた収納スタイルは、どれもなるほどと頷けるものばかりです。特に、よく使うものの取りやすさと壁面を有効活用する『ホーローパネル×マグネット』のアイデアは、家の中の色々なところで活かせますね。さっそく真似してみたくなったものも多いのではないでしょうか。

ホーローパネルを後付けするのは難しい場合も、ホワイトボードや黒板シートといったマグネットが付く素材のアイテムで応用してみるのもありですよ。ぜひ、creation_stockさんの効率よく気持ちよく暮らせるスタイルを収納見直しの参考にしてみてください。


creation_stockさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク