暮らしに合った工夫を発見して♪家事を楽にしてくれるアイデア

暮らしに合った工夫を発見して♪家事を楽にしてくれるアイデア

おうちの家事は、できるだけ負担を減らしてストレスが少なくなるようにしたいもの。RoomClipユーザーさんたちの暮らしの工夫から、自分に合う方法を見つけてかしこく取り入れてみませんか。そこで今回はユーザーさんの実例から、家事を楽にしてくれるアイデアをまとめました。

時間も体力も大変な掃除

時間的にも体力的にも、おうちの掃除は大変な家事の中のひとつ。あらかじめ漬け置きして汚れを落ちやすくするなど、便利なアイデアが役に立ってくれますよ。まずは、掃除を楽にするアイデアについてユーザーさんの実例からご紹介します。

マジックリン&お湯で

chomoさんは、換気扇のシロッコを掃除しています。大きめの袋に入れて緑のマジックリンを大量にスプレーしてから口を縛り、お湯を貯めた耐熱容器に入れて漬け置きするとのこと。ギトギト汚れが溶けだして、スキマをこするのがとても楽になっています。

蛇口から60℃のお湯を入れて、ケトルで沸かした熱湯を追い討ち!ダイソーの200円収納ボックスが120℃までOKだったので、中身放り出して使いまわしてみました。
chomo

グローブタイプで羽根の奥も

前面のカバーしか外れないサーキュレーターの掃除が大変だという、chinaminiさん。グローブタイプのお掃除シートを使うと、羽根の後ろの細かいところにも指が入って掃除しやすいそう。ホコリがたまりやすい棚やコードの周りなどにも、便利ですね。

ななめにして水切れよく

Toskiのマグネットラックをバスルームで使っている、rinaffyさんです。自然と水切りされるように、あえて少しななめに設置する工夫をしてあります。どうしても水がたまりやすいラックを、汚れないよう予防してくれるアイデアです。

意外と手がかかる洗濯を

洗濯はなかなか乾いてくれなかったり、洗い分けがあったりと意外と手がかかるものです。厚手の服でも乾きやすくするなど、手間を少なくする工夫を取り入れたいですね。続いて、洗濯を楽にするアイデアについてユーザーさんの実例をご紹介します。

厚手の服が乾くように

厚手の服が増える冬は、洗濯物が乾きにくくなってしまうのが困ったもの。betty2さんは、袖や脇部分が乾きやすくなるように洗濯バサミでつまんで干しています。短めの袖には、ヒモ付きの洗濯バサミを使って留めるといいそうです。

重しでシャツのシワ伸ばし

shinさんは、ノンアイロンのシャツのシワが伸びるようにひと工夫。ダイソーの「掛けられるステンレスピンチ」で裾を挟み、重しとして洗ったルームサンダルを吊るして干しています。おかげで夏場はアイロンいらず、長袖は軽く腕にアイロンするだけで済んでいるそうです。

形の良いハンガーを使い、脱水は緩め、靴ハンガーにかけるのは、無印のインド綿サンダルか、低学年子の体育館シューズくらいの重りがドンピシャです。
shin

仕分けの手間を減らして

saahannさんは、下着類の仕分けの手間が減るよう考えています。キャンドゥの「そのまま洗えるランドリーバッグ」を、セリアの固定できるフックに掛けて洗濯槽の上に設置。洗うときは外してそのまま入れるだけで、楽になったそうですよ。

負担の少ない洗濯カゴに

洗濯カゴが使いやすくなるように工夫している、amさん。3段のバスケットトローリーの1番上を外して、洗濯カゴを置けるようにしています。重たい洗濯物がキャスターで楽に移動でき、干すときもしゃがまずに取れて体に優しいのがうれしいです。

収納の工夫でストレス減

収納の方法に工夫をすることでも、家事のストレスを減らすことができます。よく使う袋を取りやすくするなど、面倒をなくしてくれる工夫を取り入れてみましょう。最後に、家事を楽にする収納アイデアについてユーザーさんの実例をご紹介します。

引っ掛け式のポリ袋を

ペットがいるのでなにかとポリ袋を使うという、coco08439さん。必要なときにパッと取れるように、ダイソーの引っ掛け式のポリ袋を冷蔵庫脇に吊るしています。引き出しを開けて取り出すワンアクションがなくなって、ノンストレスだそうですよ。

タオルを畳まずに収納

matteaさんは、タオルを畳まずにカゴに入れる収納をしています。ニトリのNインボックスに入れておくと、見た目がスッキリで家事も楽になって最高とのこと。タオルの片付けは意外と手が掛かるので、負担を減らせるうれしいアイデアですね。

私はボディ用とハンド用に分けていますが、分けない方は大きいサイズのBOXにしちゃえば、容量も増えるのでおすすめです😊
mattea

ノンフライヤーを出しやすく

Sgt.pepperさんは、ノンフライヤーが取り出しやすくなるように工夫しています。裏に傷防止シールを貼った100均ボックスのフタに乗せることで、滑らせて手前に出せるように。上のカゴにはノンフライヤー用シートを入れて、使い勝手よく収納されています。


ユーザーさんたちは、それぞれの暮らしに合わせて家事の工夫をしていましたね。さっそく試してみたくなるアイデアがたくさんあって、勉強になりました。ぜひ、みなさんのおうちにも活用してみてください。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「家事 アイデア」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

最近見た商品

みんなが選んだ!暮らしのちょっといいもの特集

関連記事

RoomClipショッピングの関連リンク