大物DIYに挑戦!Mackeyさんの小上がり

大物DIYに挑戦!Mackeyさんの小上がり

男前なアメリカンヴィンテージのインテリアに暮らし、家具は基本手作り!という強者の Mackeyさん。今回は、お部屋の主役インテリアになる小上がりのDIY術をご紹介いただき ます。大物DIYにチャレンジしたいという方必見です。

教えてくれた人

アメリカヴィンテージを目指して夫婦でDIYをしています。素人ですが基本家具は手作りしています。¥100均リメイクやデニムリメイク…グリーンを使ったディスプレイも日々勉強中です。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの

  • SPF材 幅85mm×厚さ37mm×長さ約3000mm 約70本

STEP1

STEP1

枠部分を作ります。 4枚の板を縦に繋げます。 補強は等間隔に入れていきます。 下の土台部分は全てこのやり方で作ります。

STEP2

STEP2

箱を組み立てる要領で、長い板と短い板を繋げていきます。外側は4枚1組の板を囲む要領ではり合わせていきます。テーブルの脚の土台となる角材も内側から付けておきます。角材の高さを調整することで、お好みのテーブルの高さにすることができます。

STEP3

STEP3

テーブルの脚の土台となる角材を、掘りごたつ部分の内側四隅にビス留めします。掘りごたつ部分の内枠は、テーブルの幅と同じサイズで作ってください。テーブルがずれません。

STEP4

STEP4

長い天板部分は、強度を考え裏にたくさんの端材で補強を入れておきます。補強材の上から天板をビス留めしていけば完成です。

アメリカンな小上がり!?こんなスタイルMIXもDIYならでは

使い込んだ風合いの木やレンガ、デニムなど、ヴィンテージ感漂うアメリカンスタイルの中に見事にマッチした小上がり。こんなアメリカン+和のMIXインテリアも、自分で作れば思い通りに実現できますね。選ぶ木材や塗料によって、印象も自分好みに演出できます。SPF材を70本使用!というかなりの大物DIYですが、基本はすべて角材をビス止めで組み合わせていくだけのシンプルさ。ぜひ挑戦してみたいですね!

ワンポイントアドバイス

  • 補強を必ず入れること
  • 大量の木を使うのでホームセンターでカットしてもらうと作業ははかどります

Mackeyさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ