ミニ多肉と相性バツグン!tomotomo325さんのメッシュ屋根付きプランターBOX

ミニ多肉と相性バツグン!tomotomo325さんのメッシュ屋根付きプランターBOX

ハンドメイド雑貨クリエイターの資格を持つtomotomo325さん。グリーンやお花を取り入れたナチュラルでかわいいインテリアがお得意です。今回は、園芸ショップなどで目にする、見た目もかわいい屋根付きプランターBOXの作り方をご紹介いただきます。材料はすべて100円ショップで揃うものばかり。手頃&少ない材料で作れるカンタンDIY、グリーン好きさんはぜひチャレンジを!

教えてくれた人

小さい頃から手作りする事が大好きで、最近はお部屋のテイストもツートンで統一させるのが自分にとって落ち着く空間だと気付きました♪これからも興味のある物には色々とチャレンジしていきたいと思っています!!

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの

  • 木製ウォールボックス2個
  • メッシュフレームM2枚
  • アンティーク調ハンドル1個
  • 蝶番4個
  • ネジ

STEP1

STEP1

まず木箱に三角カンが付いていたら外します。 ペイントする場合は先に塗ってください。 木箱同士をボンドか両面テープで貼り合わせます。

STEP2

STEP2

メッシュフレーム同士を裏側にし、蝶番を2ヶ所取り付けます。 この時蝶番の向きに注意してください。

STEP3

STEP3

メッシュフレームを表側にして、アンティーク調ハンドルの上のパーツをフレームの縁ギリギリの位置に取り付けます。

STEP4

STEP4

木箱とメッシュフレームを蝶番で取り付けます。 フレーム部分にネジで止める時に割れる場合があるので、細めのネジをお勧めします。

STEP5

STEP5

最後に木箱の表側にハンドルの下のパーツを取り付けて完成です。 屋根が斜めになっているため金具が穴に入りにくくなるので、ペンチで少し曲げてあげると穴に入りやすくなります。

ナチュラルアンティークに多肉を飾ろう!

ホワイトのウッドシェルフに様々な多肉植物が飾られたtomotomo325さん宅のベランダ。シャビー感を出してホワイトに塗ったプランターBOXが加わり、ナチュラルかつアンティーク感いっぱいのオシャレなワンコーナーに仕上がっています。BOXにはステンシルを転写するなど、細かいところまでこだわったtomotomo325さん。少ない材料と工程で手軽に作れるアイテムだからこそ、プラスαの加工にこだわってみるのも楽しいですね!

ワンポイントアドバイス

  • 木箱やフレームは歪んでいる物もあるので確認してからがいいと思います。
  • 最後の金具の調整は慎重に!!
  • メッシュフレームではなくブリキフレームを屋根にしてもいいと思います。

tomotomo325さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ