美しさを極めた、生活感ゼロのお部屋

美しさを極めた、生活感ゼロのお部屋

誰がみても美しいと思えるのは、生活感がない……ゼロのお部屋。きちんと片付けられたホテルのようなお部屋は憧れですよね。生活しているのに生活してる痕跡を消すのって本当に難しい!でも、RoomClipには上手に実践されている方々がいますので、ご紹介したいと思います。

テーマが統一されていることで生活感がなくなる!

インテリアの色や素材などを統一することで、すっきりまとまったお部屋になります。長く住んでいると、もちろん物は増えていきますが、テーマをブレずに持っていることで、インテリアがごちゃごちゃしません。

インテリアの色がまとまっているお部屋

モノトーンですっきりシンプルなお部屋です。とくに「真っ白」の割合が多いので、清潔感がありますね。床もキッチンもツヤツヤピカピカで、本当に気持ちが良いです!まるでモデルハウスのようですね。

家具の素材をあわせると……

明るくて軽いイメージのメープル色で家具をあわせているので、周りのクロスや雑貨にいろいろな色が使われていても上手に調和しています。木材を家具などに使っている場合は、ユーザーさんのように色をあわせてあげるとセンスアップです!

スタイルを混ぜないことも大事です♪

物が多いとどうしても生活感が溢れてしまいがちですが、インテリアのテーマさえブレなければ、おしゃれなお部屋をキープできます。ユーザーさんのように壁を上手に使って、物の場所を決めてあげることも重要なポイントの1つのようです。ぜひ参考にしたいですね。

物を見せないこと!

とにかく生活に使っている物を見えるところに置かず、隠すことが大切のようです。便利だからと、ついつい出しっぱなしになってるあれやこれ......全部見えないように収納してしまいましょう!すっきり片付いたお部屋は、憧れの生活感のないおしゃれ部屋です。

コードが見えていないことがステイタス♪

テレビを壁付けにするなどして、コードを壁の中に収納できるのは羨ましいですね!その他にもリモコンや充電器など、出しっぱなしなりやすい小物をきちんとしまい込むことで、とても綺麗で生活感のないリビングです。

テーブルの上に何も置かない!

テーブルの上にあえて何も置かず、すっきりシンプル、ピカピカ!雑誌も新聞もありません。テーブル1つが綺麗なだけで、ソファのクッションもきちんと整えられている、この一手間が大切なんですね。

キッチンにも何も置かない!

スポンジや調味料などの生活感が出る物はしまってしまい、テーブルの上はつるんと無機質です。汚れ1つなさそうな磨きあげられたキッチンではお料理するのがもったいない!なんて思ってしまいそうですね。

端までピシッとベッドメイキング

白で統一された室内のシーツはピシッと角まで綺麗!気になるのは窓ですが、外の景色が見え、明るく爽やかでまるでモデルルームのような寝室です。棚に飾られている書籍などの文字が見えないのも、生活感を出さないアイディアですね!

広々すっきり♪

高さのある家具や幅をとるラグなどを詰め込んだ、きゅっとまとまったお部屋よりも、広いお部屋を悠々と使う方が生活感はなくせるようです。物をどこに収納しているの?と、聞いてみたくなるシンプルなお部屋をご紹介します。

天井が高いと悠々♪

木の風合いと観葉植物でナチュラルな雰囲気ですが、物がすっきりとしまい込んであるうえに天井が高いことで、お部屋のスペースがより広く見えます。素材やデザインの違うチェアを置いて、美術館のような雰囲気ですね。

床に物を置かないで、広々!

余計な物を床に置かず、広々とお部屋を利用していますね。人が座るラグなどを敷いていないので、人の気配がしないお部屋のように見えます。

家具の位置も大事

モノクロで統一されたお部屋に置かれた家具は、低い物は奥、背のある物は手前の方にきています。お部屋が広く、すっきりみえる方法なんだそうです。棚に飾られたシルバーの置物なども無機質で、生活感のない素敵なお部屋に見えます。


いかがでしたか?生活感のないお部屋を集めてみました!やはり生活感がないということは「片付いている!」ということが大前提のようです。ご紹介したお部屋はすっきり片付けられていて、どれも清潔感があっておしゃれですね。


RoomClipには、インテリア上級者の「生活感がない シンプル」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ