質感までリアルに再現。鉄サビペイントリメイク by heeさん

質感までリアルに再現。鉄サビペイントリメイク by heeさん

お部屋をのぞくと、ここは日本?と思わせるほど、完成されたジャンクな世界へ私たちを導いてくれるheeさんのインテリア。今回は、得意の鉄サビ風ペイントDIYをご紹介いただきます。セリアのカッティングボードが、重々しく冷たい質感まで感じさせる鉄板ボードへと姿を変えています。丁寧な解説で、すぐにペイントのイメージが膨らんでくるはずです。

教えてくれた人

リメイクが好きで、その中でもペイントするのがいちばん好きです。さびさびが大好きで、最近は鉄錆風にペイントするのにハマっています。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの
  • セリアのカッティングボード1枚
  • ココアパウダー(砂糖なしの物)
  • 鉄板柄フロアシート
  • 100均のペイント黒
  • 100均のアクリル絵の具 銀色
  • スポンジ
  • 両面テープ
  • 水性ウレタンニス つや消しクリヤー

STEP1

STEP1

カッティングボードに両面テープで鉄板柄のフロアシートを貼りつけます。

STEP2

STEP2

ペイント黒に、アクリル絵の具銀色を混ぜる。割合は好みもありますが今回はペイント1本に、アクリル絵の具1本で行います。ココアパウダーはそのまま使用します。

STEP3

STEP3

ペイント黒とアクリル絵の具銀色を混ぜたものをスポンジでポンポンと押し、毛羽立たせながら色を重ねていく。乾かないうちにココアパウダーも重ねていく。この作業を繰り返す。

STEP4

STEP4

何度か重ね塗りをすると質感もデコボコした感じになり、仕上げにお好みでステンシルをして、ウレタンニスをスポンジで塗りコーティングして終了です。

STEP5

STEP5

出来上がりはこんな感じです。

STEP6

STEP6

色々な物にペイントして簡単にリメイクできます。 今回は黒のペイントを使用しましたが好みの色で錆風にペイントするのも楽しいです。

アレンジ①

アレンジ①

トイレットペーパーホルダーリメイク。ハードな印象で空間が引き締まります。

アレンジ②

アレンジ②

カントリー調の棚をリメイク。 重厚感が出て、カッコいい収納棚になりました。

どっしりとした重さまで伝わってきます

少し光る鉄色や、サビのざらざらとした質感まで見事に表現されています。元が木材だったとは思えません。インダストリアルヴィンテージな風貌で、ジャンクスタイルインテリアを作る有力アクセントとして活用できそうです。木材やプラスチックなど、色々な物にペイントOKとのこと。まずは、身近な小物ペイントから挑戦してみてはいかがですか?

ワンポイントアドバイス

  • 必ずスポンジでポンポンと毛羽立たせながら塗ります。
  • 乾かないうちにココアパウダーを重ねます。

heeさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ