風情楽しむ涼し気インテリア♪ChieさんのDIYハンギング水耕栽培

風情楽しむ涼し気インテリア♪ChieさんのDIYハンギング水耕栽培

スッキリ系ナチュラル空間で暮らしをコーディネートしているChieさん。DIYは、コスト面もスッキリと手軽な材料で楽しんでいるそう。今回はそんなChieさんに、夏らしい透明感あふれる、ハンギング水耕栽培の作り方を教えていただきました。ニュアンスが見せる、色々な表情が粋な涼し気インテリアです。

教えてくれた人

安い素材からオリジナルを作るのが好きです。ナチュラルからモダンまでインテリアに合う手作りを100均素材で作っています。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの
  • アクリルケース9.5×9×5cm(ミーツにて購入)
  • ビニール被膜針金1.6mm×10m(うち120cm位使用)
  • ニッパー
  • ラジオペンチ
  • マスキングテープかセロテープ

STEP1

STEP1

まずは、ハンギング部分のワイヤーの長さを決めてニッパーで切り、マスキングテープでとめます。角もしっかり曲げてアクリルケースに沿わせるようにしてください。
フック状にしたい場合は、その分長めにワイヤーを切ってください。
※私の場合は片側37cm位の長さにしています。

STEP2

STEP2

アクリルケースに、縦に2本ワイヤーを巻きつけます。上部の角で、ペンチでワイヤーをよじり固定して、余分をニッパーで切ります。
※角で留めるとしっかり留まります
縦に2本ワイヤーを巻き付けたのは、水栽培のグリーンサボテンやセダムといった小ぶりな植物が、水に落ちるのを防止するためです。

STEP3

STEP3

横に2本ワイヤーを留めます。ここでも角で留めてくださいね。
※透明なので角が一番目立ちにくく、角で留めることでしっかり固定することができます。

STEP4

STEP4

左右のバランス、長さをみながら引っかけるフック部分を、ワイヤーなどでしっかり留めてくさい。
最初に付けていたマスキングテープを外し、ワイヤーを切った部分はしっかり折り曲げておきます。
※ワイヤーの端処理が心配な方は、テープやグルーでワイヤーの先端を保護してください。
S字フックでタオル掛けにぶら下げたり、ピンで壁に飾れるよう、先端を輪っか型やフック状に細工すれば、ハンギングプランターの完成です。

STEP5

STEP5

水を入れて、お好みの植物を挿して楽しんでください。
ちなみに、私はかまぼこ板をカットして転写シールを貼った物をタグみたいに引っかけてみました。好きなピックを挿してもかわいいですよ。

水耕栽培で、夏の風情を楽しもう!

透明感のある水耕栽培は、空間を涼し気に演出してくれますね。ハンギングにすることで、揺らめきも加わり風情豊かに楽しめます。今回、Chieさんに教えていただいたハンギング水耕栽培プランターは、材料も作り方もとってもシンプル!ワイヤーの色や太さを変えれば、また違った印象になりそうです。

夏らしく涼し気にグリーンを飾りたいとお考えの方は、Chieさん流DIYにぜひ、挑戦してみてください。

ワンポイントアドバイス

  • 水栽培には、ビニール被膜ワイヤーが錆びにくいのでオススメです。
  • ワイヤーは角でしっかり留めるのがコツ。
  • マスキングテープで仮留めしながら作業すると、滑りにくく作りやすいです。

Chieさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ