「フレンチシャビーな癒しのオープンcafe空間」憧れのキッチン vol.32 erinkoさん

「フレンチシャビーな癒しのオープンcafe空間」憧れのキッチン vol.32 erinkoさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

フレンチシャビーな空間づくりを楽しまれているerinkoさん。今回はそんなerinkoさんの、ホワイトを基調とした清潔感と温かみのあるキッチンをご紹介します。

こだわりのマイホームを建てて4年。 夫婦、子供2人、ワンちゃん1匹の5人家族です。 仕事をしながら、ガーデニングやハンドメイド、お友達と雑貨やカフェショップ巡り等 日々の暮らしを楽しもうをモットーに 北海道で賑やかに暮らしています。

“ホワイト”で見せるスッキリ空間

erinkoさん宅のスッキリとしたフレンチシャビーなキッチンは、そのベースに徹底された“カラー統一”に隠されているように感じます。まずは、設計やインテリアコーディネートにおけるこだわりについて伺ってみましょう。

erinkoさん

「ホワイトを基調としたオープンキッチンにしました。換気扇、シンクなど細部に至るまで清潔感のあるホワイトにこだわり統一しているんです。また、キッチンすぐ横にパントリーを設置することで、よりすっきりとしたキッチンが実現できました。」

オープンcafe風の優雅なプライベート空間

erinkoさん宅のキッチンとダイニングは、広々としたウッドデッキに面しているのが印象的。陽光が入り込む、オープンカフェ風の開放的な空間です。そんなとっておきのプライベート空間を、より優雅に、かつ使いやすくするerinkoさん流の工夫を教えていただきました。

キーワード1 見栄え&使い勝手◎のタイル

erinkoさん

「家を建てる時は絶対タイルキッチン!!と思っていたんです。でも、1つ気になったのが目地の汚れ。実は私、面倒なお掃除が苦手なんです……。そこで目地色をモスグリーンにしてもらいました。不安も若干ありましたが、でき上がってみると汚れも気にならないし、お手入れも楽ちん♪しかも、モスグリーンがとっても良いアクセントになっていました。」

キーワード2 外とつながる開放的な空間

erinkoさん

「キッチン横には広めのウッドデッキスペース。ドアをオープンにして、ガーデニングを眺めたり、自然を感じることができる開放的な空間にしています。料理をする時も外の空気を感じながらできるので、オープンカフェのオーナーになったような気分を楽しんでいます。」

キーワード3 すっきりと片付いたキッチン

erinkoさん

「料理も片付け苦手……でも、オープンキッチンにしたことで片付ることへの意識が高まりました。キッチンリセットと小掃除が日課になったんです。また、出しておきたくない物の収納場所を決め、キッチンがごちゃつかない様に心がけています。そしてもう一つ、ついつい欲しくなるキッチン雑貨達をむやみに買わないこと、“物を増やし過ぎない!”とういことを常に意識しています。なるべく外に出しておくものを抑えて、すっきり見せるキッチンを維持できるようにしています。」

なるほど、汚れの目立つホワイトキッチンならではの悩みや、収納問題を一つ一つクリアしているから、すっきりと品の良いキッチンになっているんですね。タイルの目地をモスグリーンにするというアイディアもとても参考になります。

ここからは、キッチンの使い勝手を考慮したerinkoさんなりの、コーディネート術について詳しく伺っていきます。温かみのある空間演出や、生活感をオフする秘訣を知りたい!と言う方は要チェックです!

清潔感と温かみを叶えるキッチンを作る3つのポイント

その1 収納雑貨やツールカラーを限定する

erinkoさん

「普段見える場所に置くキッチンツールはモノトーン、ブラウン、グリーンの3色で選ぶようにしています。色を限定することで、キッチン全体に統一感が生まれます。また、見せる収納には全てナチュラルカラーのかごを使用しています。そうすることで、ホワイトの中に優しさや温もりをプラスしていくことができるんです。」

その2 調理家電は視界から隠す!

erinkoさん

「レンジや炊飯器といった調理家電は、見えているだけで生活感が出るもの……。そこで、家を建てる設計段階で収納場所を決めてしまいました。同時に、調理家電を収納する棚が物でごちゃつかない様に工夫もしているんです。ただし、よく使うコップや食器、お気に入りの家電製品はインテリアの1つとして役立てています。」

その3 グリーンと花で癒やしのアクセントを

erinkoさん

「我が家は、本物の植物よりフェイクやドライフラワーを多くディスプレイしています。キッチンにグリーンやお花を飾ることで、グッと華やかさが増し明るいキッチンになります。」

最後にキッチンをもっと素敵にするためのアドバイスをいただきました

erinkoさん

「キッチンは毎日立つ場所。使い勝手がよく居心地がいいものにしたいですよね。お気に入りのキッチンツールや食器等をディスプレイしながら自分にとって特別な空間作りをしてみてください。」

まとめ: キッチンの方向性と統一ポイントを押さえよう!

erinkoさんのキッチンは、ホワイトを基調とした清潔感が印象的な空間。ただ、清潔感があるというだけでなく、ナチュラルな素材の温もりや、アクセントカラーの使い方で、巧みにerinkoさん流のフレンチシャビーな雰囲気を作り出していました。

自分らしくすっきりとしたキッチンを作りたいとお考え中の方はぜひ、今回教えていただいた統一テクやアドバイスを参考に挑戦してみてください。


erinkoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ