100均グッズが大活躍!あなたの家にもジャンクガーデンを

100均グッズが大活躍!あなたの家にもジャンクガーデンを

ジャンクとは、不用品・ガラクタという意味です。そんなジャンクグッズをガーデン用に使うのがジャンクガーデンの基本で、無造作な雰囲気がさりげなくかっこいいと人気です。今回は身近な材料と100均グッズを使って、自分の家の庭やベランダをジャンクガーデン風にする方法をご紹介します。

ジャンクガーデンにはキッチングッズ!

ジャンクガーデン作りには、本来ガーデンで使わないものを置く面白さがあります。中でも取り入れやすいのはキッチングッズ。それでは、実際に使われているところを見てみましょう!

空き缶

ジャンクガーデンと言えばリメ缶!というほど、よく使われるのが缶です。自分が使い終わった食品の缶や、100均で売られているブリキ缶などが使えます。そのまま使っても良し、リメイクしても良しです。外で使う中で錆びていくと、それがまた味になり、ジャンクガーデンに馴染んでくれます。

空き瓶

空き瓶もジャンクガーデンにはよく使われます。そのままでも、このお写真のように、中にさりげなくハーブなど入れてもいいですね。ワインやジュースの空き瓶を使うことも多いですが、100均で売られている牛乳瓶もかわいくておすすめです。

かごを掛けて、牛乳瓶にローズマリー&ユーカリ入れてみました☆
Miponappo

マグカップ

鉢の代わりにマグカップを使うこともジャンクガーデンではよくあります。中でも100均でも売られているホーローでできたマグカップは、レトロ感があるためおすすめです。また、自宅で使っていたマグカップが、割れたりヒビが入ったりしたら、ジャンクガーデンに使ってみましょう。かえってそれが味になりますよ!

お鍋

ジャンクガーデンに良く似合う多肉の寄せ植えには、鍋が便利です。鉢カバーとして使ってもよいですね。100均でも、アルミ鍋や土鍋、ホーローの鍋などが売られています。アルミ鍋であれば底に穴が開けられるので、排水を必要とする植物でも植えることができますよ。

これセリアのなんですね!こういうホーローに寄せ植えとかしてみたいんです〜♡♡
pink-maple

キッチンスケール

ジャンクガーデンに遊び心を加えたいとき、キッチンスケールもおすすめです。受け皿の部分に小さな多肉植物の鉢を置いてもいいですね。100均のキッチンスケールもリメイクしだいで、こんなに素敵な雰囲気になります。

100均のスケールをリメイクして、マドレーヌ型を上にのせたキッチンスケール。
kurumichoco

100均グッズを使って簡単リメイク

続いて、ジャンクガーデンにより似合うグッズを作れる、100均グッズを使ったリメイク方法をご紹介します。ジャンクガーデンの良いところは、失敗してもそれが味になるところ!どんどん挑戦してみましょう。

塗料

100均では水性塗料が売られています。水性、と聞いて屋外でも大丈夫?と思うかもしれませんが、乾いてしまえば問題ありません。油性塗料に比べて取り扱いやすく、においもないので気軽に使うことができます。ムラが出るように塗ると、よりジャンクな雰囲気を出すことができます。

セリアの水性塗料でリメ缶作りました。
Noriko

デコパージュ

薄い紙に描かれた絵を貼ってデコレーションするデコパージュ。100均には専用液も売っていますし、デコパージュするのに最適なペーパーナプキンも売っています。デコパージュをしてみたいけど、失敗しそうだし......と思っていた方でも、ジャンクグッズなら気軽に挑戦できるかもしれないですね。

初デコパージュ♪多肉も伸び放題だったからカットして植え替え。デコパージュ、楽しい!
maimai

転写シール

台紙からはがしてこするだけで、印刷したような文字や絵を好きな場所に貼ることのできる転写シール。100均ではいろいろなタイプの転写シールがありますが、海外のスーパーで売られていそうなパッケージを作るつもりで選ぶと、ジャンクガーデンに似合うものが作れます。

わぁ~素敵~~♪センス良すぎです(*≧∀≦*)転写シート使えますね(*^^*)
maki

グッズが用意できたら飾ってみよう♪

では最後に、どのように飾ると、よりジャンクガーデンらしくなるのか、RoomClipユーザーさんの写真を参考に見ていきましょう!100均のグッズがここでも活躍してくれますよ。

ワイヤーラック

壁や手すりにかけたり、地面に置いたりして、中に植物や雑貨を入れることのできるワイヤーラック。無骨な感じがジャンクガーデンにマッチします。100均にはさまざまなサイズがあるので、自分が入れたいと思うものに合わせたサイズの物を買うことができます。

どこにミニ多肉を飾ろうか考えもしないで買ってきたんだけど、レターラックあることに気づいた瞬間、ニヤリとしたわ笑
SAYO

すのこ

地面に飾るだけでなく壁にも飾ってみたいけど、穴をあけることはできないし......。そんなときはぜひ、100均のすのこを使ってみましょう。壁として使うこともできますし、簡単に棚を作ることもできます。ラティスフェンスももちろんいいですが、すのこの方が、よりジャンク感を出すことができます。

DIYの心得がないのですのこを使っただけなのですが、たくさんリメ缶を置けるのでベランダも片付きました。みなさんがよく作られている100均の焼き網リメイクのラックもお気に入りです。
rupun

木箱

植物や雑貨を置く棚は欲しいけど、そんなに広いスペースはない。そんなときに便利なのが、100均でも手に入る木箱です。これを、底が壁になるように横向きにすると、ジャンクガーデンに合う飾り棚を作ることができます。奥行きが短くなるので、スペースをあまり取らないのもうれしいですね。


ジャンクガーデンの作り方、いかがでしたか?他にも工夫しだいで使えるものが、100均ショップにも身近にもいろいろあると思います。イマジネーションを働かせて、自分だけのジャンクガーデンを作ってみてください♪


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ジャンクガーデン 100均」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク