【6畳インテリア実例】ベッドやソファを置けるレイアウトとは?

【6畳インテリア実例】ベッドやソファを置けるレイアウトとは?

お部屋探しや新生活のスタートの際に気になる広さ別のレイアウト。今回は、中でも多い6畳のお部屋をピックアップ。ベッドとソファが置ける配置は?そもそも6畳とはどのくらいの広さなの?一人暮らしのワンルームはもちろん、なかなか確保できない収納の整理整頓のコツもまとめました。限られたスペースを、より広く快適に暮らすアイデアをご紹介します。

目次

テスト

平米数

一人暮らし向けの賃貸でよく見かけるのが6畳のお部屋。一体、どれくらいの大きさでどんな家具が置けるのか気になりますよね。限られたスペースのレイアウトも難しいと思いがちですが、アイデアと工夫次第で実際よりも広く感じるお部屋を作り上げていくことができますよ。こちらではまず、広さから見ていきましょう。

6畳ってどれくらい?

東日本と西日本で、畳の大きさが少し異なるようですが、6畳はだいたい9.72㎡〜10㎡という広さです。自宅の6畳の一室をご自分のお部屋にしている、またこれから一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか?様々な6畳レイアウトの実例をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一人暮らし

ワンルームや1Kの場合は、衣食住を一部屋で全て完結しなければなりません。そこで悩むのが家具のレイアウト。ベッドとソファーを置く事ができるのか…。空間を少しでも広く使うコツはあるのだろうか…。今回はユーザーさんたちのお部屋を見ながら勉強していきたいと思います。

ワンルーム6畳のお部屋

大きな窓からたくさんの光が入って、とても開放感のあるこちらのお部屋は1R、6畳とのこと。ホワイト×グレーでスタイリッシュな色使いに、ブラウンがプラスされ温もりも感じますね。スペースが限られているお部屋は家具の厳選はもちろん、色味も統一すると広々とした印象に仕上がりますよ。

背の低い家具を選ぶ

ベッドやソファー、テーブル、テレビボードなど、サイズの大きな家具は背の低いものを選ぶことで天井が高く感じられ、空間を広く感じることができます。生活スペースとデスクを離すことで、生活にメリハリがつきそうですね。ホワイト×ダークブラウンの色合わせが落ち着いた温もり感じる空間を演出してくれています。

ホワイトをメインに

お部屋のほとんどを占める大きな家具をホワイトで統一されています。インテリアのショップのディスプレイのように統一感があって素敵ですね。テレビの横に置かれた観葉植物や円形ラグのグリーンが柔らかな印象をプラスしてくれていて、とっても爽やかな雰囲気です。

小さい家具を選んで

こちらは1Kのお家。一人がけのソファに無印のコの字型家具。小さめの家具を選ぶことで空間にゆとりを持たせることができ、大きなベッドがあっても広さを感じますよね。また、お部屋から覗くベランダガーデンが空間に奥行きを与えてくれています。シンプルで過ごしやすそうなお部屋です。

テレビとPCは同じ場所に

場所を取ってしまうデスクトップ型のPC。作業スペースを取りづらいワンルームの場合は、テレビと並べて同じ位置に配置するとスッキリさせることができそうですね。また、配線も一つのところにまとめることができるので、コードがお部屋のあちこちに散らかる心配もなさそうです。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳 一人暮らし」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

押入れDIY

この押し入れさえなければ収もっと広く使えるのに…と、もどかしい気持ちになってしまっている方もいらっしゃるのでは?そんな時は思い切ってDIYしてみるのはいかがでしょう?押し入れのスペースを有効活用することで、グッと生活がしやすくなるかもしれませんよ。空間も広がり一石二鳥ですね。

カフェスペースにDIY

押し入れをカフェスペースに改造しているこちらのお部屋。コーヒーやお菓子、マグカップなどを並べて、まるで本当のカフェのようなオシャレな空間に仕上がっていますね。テーブルの前のベンチに座るもよし、ロッキングチェアに揺られながらコーヒーを飲んで、一息つくのも良しな、最高のリラックス空間へと変貌を遂げています。

元押入れには見えない!

こちらは押し入れの扉を外し、デスクを置いてワークスペースとして有効活用されているようです。天井部分に押し入れの名残がありますが、全くそれを感じさせませんね!6畳のお部屋にもう一部屋プラスされたかのような、お手本にしたいDIYです。木枠をあえて荒くペイントしてアンティーク感を演出しているのもオシャレですよね。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳 押入れ」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

リビング

家族が集まったり、お客さんを迎えることが多いリビング。6畳という限られた広さでもテレビやソファ、テーブルなど大きな家具を上手にレイアウトすることで広く感じられたり、開放感のあるリビングをコーディネートすることができます。こちらでは6畳リビングのレイアウト実例をご紹介します。

ソファはミニマムなサイズで

低くて横長のテレビボードに、2人掛けのソファ、そのソファの幅にマッチしたローテブルをコーディネートしたこちらのリビング。必要な家具は置きながらもミニマムなサイズで揃えているので、ある程度空間に余裕がありスッキリとしていますね。大きな窓から差し込む光とスカイブルーのようなアクセントクロスでより爽やかな印象に仕上がっています。

木の温もりで落ち着くリビング

限られた広さでオシャレにコーディネートしたい場合は、特に色使いが重要。ブラウンのテーブルと同系色の棚、そして壁と棚の間にぴったりのサイズの、重厚感溢れる黒のカリモクのソファが、落ち着いた雰囲気を演出していくれています。大きな家具が置かれていても、色が厳選されているので統一感がありますね。

6畳ワンルームのリビング

こちらは6畳ワンルームのお部屋。ベッドを置いていないということで、2人掛けのソファがゆったりと置かれたリビングスペースになっています。寝るときはお布団にしたり、ソファをリクライニングできるものにすると、限られた広さでも快適に過ごすことができそうですね。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳 リビング」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

子供部屋

小さい頃はたくさんのおもちゃ、大きくなると通学アイテムや勉強机など、常にたくさんのものが置かれている子供部屋。二段ベッドや収納家具など、リビングなどとは違ったアイテムもレイアウトがなかなか難しいものです。6畳の子供部屋を、便利グッズやDIYで有効活用している実例をご紹介します。

爽やかで可愛い子供部屋

娘さん二人のお部屋だというこちら。鮮やかなブルーの壁にホワイトの2段ベッドが爽やかですね。ベッド下には衣装ケースが並べられ、通常デッドスペースになりがちな場所も有効活用されています。2人で仲良く使って欲しい子供部屋は、縦の空間を上手く活用出来る2段ベッドが必須かもしれませんね。

モノトーンで揃えてカッコよく

大きくなってもオシャレに使えそうな、クールでかっこいいモノトーンインテリアの子供部屋。二人並んで一緒に勉強できるように、上手くスペースを活用していますね。勉強机の反対側には、白の2段ベッドが置かれているそうで、カラーコーディネートも過ごしやすさも兼ね備えたお部屋になっています。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳 子供部屋」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

元和室

2LDKや3LDKなど、いくつかお部屋があるお家だと、特に賃貸の場合は1部屋が和室の場合もありますよね。畳の和の雰囲気をそのまま使うのも素敵ですが、洋室のようにDIYして好きなスタイルを楽しんでいるユーザーさんがたくさんいらっしゃいましたよ。6畳という広さを活用したレイアウトも参考にしてみてくださいね。

大きな窓と植物で開放的に

大きなベッドに、ソファとオットマンが置かれたこちらのお部屋。6畳ということですが、元和室とは思えないDIYの完成度と、大きな窓から差し込む光で、それ以上に広く感じる開放感のある空間になっています。たくさんの植物たちも置かれ、家具や寝具はブラックがベースですが、重たい印象になりすぎず、爽やかにコーディネートされていますね。

海外インテリアの6畳寝室

低いベッドは空間を広く見せてくれる効果があるので、一般的には天井が高くない和室も広々と感じさせてくれそうです。こちらの寝室もまた、元和室と言われなければわからないほど、オシャレなモノトーンインテリアに仕上がっていて、海外のお部屋のよう。壁一面のサブウェイタイル風壁紙と、柱のコンクリート風壁紙の組み合わせも素敵ですね。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳 元和室」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

収納

6畳のお部屋をすっきりと片付けるためには、家具のレイアウトも大切ですが、それ以上に収納スペースを確保することが大切です。家具のちょっとした隙間を有効活用したり、壁を使った見せる収納を楽しんだり。うまくいけば、狭いお部屋の悩みの大半は解決することができますよ。

ベッド下の有効活用は必須

べッドは大きな家具なので、6畳のお部屋に配置するとそれだけで場所のほとんどを取ってしまうことになります。そんな時は、ベッド下のちょっとした隙間を有効活用すれば大丈夫。シーズンオフの衣類などの収納しておくのにぴったりで、普段は目に付きにくい場所なのでお部屋全体はスッキリとキレイに保つことができますよ。

自作棚で子供のためのクローゼットを

子供部屋に専用のクローゼットがない場合は、壁を利用して自作の子供用クローゼットを作ってしまいましょう。子供たちの背の高さに合わせれば、一人で毎朝の着替えもこなしてくれるかも。限られたスペースの6畳のお部屋でも、理想的な見せる収納が可能ですね。

有効ボードなら壁も見せる収納スペースに

有効ボードを使用すれば、狭い部屋でも壁を収納スペースとして有効に活用することができます。部屋の有効スペースを広げるだけでなく、小物や写真、ポスターをディスプレイして、おしゃれな見せる収納を楽しむことができますよ。壁を飾ると、お部屋全体の雰囲気が一気に明るく華やかになりますね。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳 収納」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!


6畳のお部屋だけでなく、様々な広さのお家で取り入れることができそうなノウハウばかりでしたね。ぜひ春に向けた新生活の参考にしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者の「6畳」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ