クローゼットには、厳選したアイテムを

クローゼットには、厳選したアイテムを

選び抜かれたお気に入りのアイテムだけが詰まったクローゼットなら、家族用のコーナーを作ることも、ディスプレイを楽しむこともできます。さらに洋服の数が絞られていると、衣替えも短時間でできてしまいますよ。そんなステキなクローゼットのお手本をご紹介します。

選び抜いたアイテムを、すっきり収納

これぞミニマルクローゼットといえるような、すっきりしたクローゼット。何着くらいになったら「ミニマル」といえるのか定義はありませんが、持ち物を把握できる量であることは必須ではないでしょうか。自分の持てる量をしっかりと管理されているRoomClipユーザーさんたちのクローゼットを見てみましょう。

厳選して、洋服を18~20着に

クローゼットの中には、スカーフやアクセサリー、下着までもしまわれているというこちらのユーザーさん。すべてのアイテムが収まっているとは思えないほどすっきりしたクローゼットですね。 常時ある服の数もきちんと把握されていて、一着一着大切にされていることがわかります。

これが私の洋服のすべて。だいたい18〜20枚前後を維持しています。 左の吊り収納の一段目・二段目には、スカーフや下着やアクセサリーの他、ハンガー収納には向かない服が数枚。 一番下には、和装用の小物類を入れています。(和装は引き出し1段分を所持) 写真にはちらりとしか写っていませんが、右手前にあるのは衣装カバーをかけた喪服。
erisa

お子さんのアイテムと一緒に

二人のお子さんたちとご自身のオンシーズンの服に絞って収納されている、こちらのクローゼット。3人分の服が収まっているとは思えません。園用のバッグなどをかけた身支度コーナーまで用意されていて、使いやすさ抜群ですね。

ご夫婦の洋服すべてを収納

ハンガーにかける服とたたむ服をきちんと分けていらっしゃるこちらのユーザーさん。右側と左側に分けて、ご夫婦二人分の服すべてをこのクローゼットに収めていらっしゃるとか。ゆとりある収納で、とても取り出しやすそうです。

夫婦2人分のすべての服が収納されています。 シャツ類、コート、畳むとしわになりそうなスカート、冠婚葬祭の服などはハンガーにかけて 無印のポリプロピレンクローゼットケースにはカットソーやTシャツ、冬物ニットなどなどが入っています。 クローゼットケースは左側がわたし、右側が夫のものです。 無印の重なるラタンバスケットには靴下やハンドタオルを入れています。
ocha

衣替えもミニマルに

毎年少なくても2回やることになる衣替え。時間もかかるし力仕事だし、けっこう大変です。でも洋服や収納用品の選び方、収納方法をちょっとかえるだけで、とても簡単に衣替えができてしまうんです。効率的な衣替えを実現されているRoomClipユーザーさんたちをご紹介します。

衣替えの手間が減る服選び

服を選ぶときに、3シーズンにわたって着られることをポイントにされているユーザーさん。服選びの時点から、基準をはっきりさせることが、すっきりクローゼットのポイントです。ライフスタイルに合わせて購入されているので、洋服の数が絞られ、衣替えも時短でできますね。

衣替えがパッとできるように3シーズン着れる服を買うように心がけています。夏物の半袖やパンツ、冬物のセーターやパンツなどを右上の行李に入るだけにしてます。行李も私とダンナさん1人1つです。夏服と冬服を入れ替えるだけと服の数も少ないのですぐ衣替えが出来ます♪左の引き出し棚に靴下や下着類を入れてます。
zuii

服の総量を決めておく

こちらはリビングにあるクローゼット。ご家族一人につき、一列ずつ割り振られ、ここにすべての洋服が集められているそうです。ここからあふれてしまうようになったら断捨離するというルールに。服がすべてまとまっているので、衣替えもとてもスムーズにできますね。

リビングにあるクローゼットです。4人家族なので一人縦一列割り振られております。ここに入らなくなったら、断捨離することに決めました。私の衣装ケース3つ空きました。春夏秋冬の服がここにあるので、衣替えからやっと解放されました。このクローゼットを見てビールのつまみになります。あとは、ラベリングが完了すれば、私の衣替えは永遠になくなります
boo

左右交換するだけで衣替え終了

4列収まっているこちらのクローゼット。使いやすい中央2列にはオンシーズンのものを、両側にはオフシーズンのものを収納されているので、衣替えは引き出しを左右入れ替えるだけで終わってしまうとか。これ以上ないくらい、効率的に衣替えできる仕組みを整えられています。

うちの衣替えは引き出しを入れ替えるだけ。 真ん中2列が使いやすいから左右を交換しておしまいです。 引き出しに収まるだけの量を管理していくこと 買い物する度に見直すことにしています。
asami

まるでショップのようなディスプレイ

クローゼットがきれいに整理されていると、それを保とうとする気持ちが働いて、ますます整っていくとか。RoomClipユーザーさんたちは、バッグやハット類もそろえて、クローゼットをまるでショップのようなディスプレイにされています。

ショップのようにバッグをディスプレイ

お気に入りのお洋服やバッグを、まるでショップのように見やすく、すっきりとディスプレイされているこちらのユーザーさん。洋服は丈の長さ別に、きれい色のバッグたちもとても見やすく並べられているので、毎日選ぶのがとても楽しみになりそうですね。

かける収納のお手本

こちらのユーザーさんは、選び抜かれた洋服だけでなく、バッグやハットもこちらのハンガーラックにまとめられています。ハンガーだけでなくS字フックをつかったり、ラック自体にかけたりと、アイテム別に取り出してしまうという一連の動作が、スムーズになるように工夫されています。

お気に入りのグッズも一緒に

洋服やバッグだけでなく、パンプスや人形なども一緒にディスプレイされているこちらのクローゼット。ユーザーさんのお気に入りのアイテムが集合しているようですね。ベージュの優しいトーンで統一されていて、見ているだけで和んでしまう雰囲気にまとめられています。

ハットやサングラスも

こちらのクローゼットには、グラデーションが美しい洋服やパンツ類だけでなく、ハットやサングラス、アクセサリーといったアイテムもまとめて収納されています。 もちろんバッグもかけてあるので、ここに来るだけでトータルのコーディネートができてしまいます。


すっきりしたクローゼットのポイントや、簡単にできる衣替えのコツなどをお伝えしましたが、いかがでしたか。お気に入りだけが詰まったクローゼットにするために、今日から少しずつ挑戦してみてはいかがでしょうか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「クローゼット」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ