「無骨な辛口スタイル。現場に集まりライブで作り上げた我が家」 連載:リノベじゃなきゃ、ダメでした。by raujikaさん

「無骨な辛口スタイル。現場に集まりライブで作り上げた我が家」 連載:リノベじゃなきゃ、ダメでした。by raujikaさん

中古住宅を購入し、住まい手のライフスタイルにあった形にガラリと変える「リノベーション」。この連載では「施主目線」に立ち、リノベーションでなければならなかった理由やパートナーを選んだ基準、そしてこだわりポイントを掘り下げます。

今回ご紹介するのは、福岡県にお住いのraujikaさんのお宅です。築35年の2世帯住宅の購入・リノベーションで目指したのは、好きなテイストを取り入れた自宅兼仕事場。業者の方と何度も話し合いを重ね作り上げていった、理想の家づくりのコツについて迫っていきます。

今回教えてくれたユーザーさん♪

築35年の2世帯住宅を購入しリノベーションしました。私はもともとファッションデザイン関係で、主人は建築関係の仕事をしているので『デザイン+職人』でかっこよく暮らすべくこだわりの理想の我が家をつくりました。

そもそも家探しをしようと思ったきっかけは何ですか?

raujikaさん

「自宅に事務所や倉庫を持ちたいと思ったのがきっかけでした。」

どうして、リノベーションじゃなければダメだったんですか?

raujikaさん

「昔から家やインテリアが好きで、家を作る前からインターネットや雑誌で色々な家を見ていました。特に好きなのが海外の倉庫や古い住宅・ビルのリノベーションで、ステキだなと思っていました。また、主人が工事に参加したかったこともあります。物件探しは数年間していましたが、場所や広さ、駐車場の有無までこだわるとなかなか見つからず、新築も考えましたが、運命的にこの物件に出逢いすぐに見学にいきました。外観や築年数の古さなど不安なところはありましたが、立地もよかったこと、主人が天井の中をのぞいて梁や鉄骨の状態を見て一目ぼれをしたのが決め手となり、購入してリノベーションすることになりました。」

リノベーションの情報や依頼先は、どうやって探しましたか?

raujikaさん

「実は家の購入前から、何人もの建築士の方々と面談をしました。 どの方も素晴らしく、話を聞いたり面談をしているうちに誰にすればいいのかわからなくなり、困って伺ったのが、フォルツァ北九州さんでした。 コンサルタントさんですが、話をよく聞いてくださり、おふたりの人柄も良かったこと。また、家を購入するにあたり必要な書類や銀行などの手続きの相談にも乗っていただけるということで決めました。」

実際にできあがった家を見たときは、どう思いましたか?

raujikaさん

「思っていた以上にかっこよくできました! リノベーションするにあたって、建築士さんからリノベーションはあけてみないとわからないので最初から全て決めず、進行しながら集まって決めていきましょうと提案があり、建築士さん・コンサルタントさん・工務店さん・その他業者さんと何度も集まり、会議をしながら進めていきました。実際、最初に考えていたものと違う感じになった箇所もありましたが、ひとつずつ現場で考え、相談しながら決めることができたので良かったと思います。

大きいテーブルやキッチンは大きすぎるんではないかと心配にもなりましたが、できあがってみると空間の広さにぴったりくる大きさで、使い勝手もよいのですごく便利です。ご提案くださった建築士さんはさすがだな思いました。」

特に気に入っている場所はどこですか? 5つ教えてください

①どんなものも引き立つ背景

raujikaさん

「最初は、もう少し多くの色を使う予定でした。例えば、アイアンの窓枠は黒、ウッドブラインドは木の色を使おうと思っていました。シーリングファンも最後まで黒にするか白にするか悩みました。 塗装された天井や壁を見て、全部真っ白のほうがかっこいいと思い、窓枠も同じマットの白に塗装してもらい、ウッドブラインドも同様に白にしました。 どんなものを置いても、それを引き立たせることのできる背景になったと思います。」

②とにかく広いLDK

raujikaさん

「我が家は、LDKでほとんどの時間を過ごすので、寝室は寝るだけの部屋で構わないことを伝え、設計をお願いしました。 提案していただいた間取りは、LDK37.1畳というもので、玄関部分にもドアなどがなく天井も高いため(3200mm)玄関ドアを開けると40畳ほどの空間が広がり、開放感があって明るくとても素晴らしいです。」

③玄関部分の大容量靴棚と帽子かけと全身鏡

raujikaさん

「家族全員ファッションが好きなこともあり、靴や帽子・洋服が多く収納に困ること、帽子をかぶって靴をはいた後に全身鏡を見たいこと※これ凄く大事です※を伝えて設計していただきました。 家全体のイメージが、ラフでインダストリアルなテイストでしたので、オープンの靴棚と仕切りの壁を有孔ボードにして帽子かけになりました。見せる収納にしたことで、収納力だけでなくインテリアの一部になりました。」

④ほとんど土間・合わせて作った造作家具

raujikaさん

「家のほとんどを土間にしました。 子供の頃から、好きなインテリアはロフトやSOHOでした。家にあったおばあちゃんのアンティークミシンを塗装して部屋に置いたり、ホームセンターでチェーンやボルトなどを買ってきて、インテリアやファッションに使っていました。18歳で車庫に住みたいと思い、住める車庫物件を探してみたりもしました(叶いませんでしたが)。その延長線上が今の家だと思います。 主人は鉄を扱う仕事をしているので、ダイニングやリビングのテーブル、ウォークインクローゼットには鉄筋のハンガーラック、他にもテレビ台やアイアンの窓枠・ベランダや屋上の手すりなど、家にある鉄の製品はほとんど自主制作をしました。骨組みも一部自分達で作っています。 自主制作なのでキッチンカウンター下の棚など、住んでいる今も出来ていない箇所があります。w」

⑤コンクリートのベッド・コンクリートキッチン

raujikaさん

「アイランドキッチン・キッチン奥のカウンター、洗面台、ベッドまでコンクリートで作ってもらいました。我が家のシンボルとなり、存在感があります。」

リノベーションを振り返ってみて、いかがでしたか?

raujikaさん

「現場で集まってライブで作ることができたこと、また主人や従業員、知り合いも参加して一緒に作ることができたのはとても良かったように思います。 参加することでコストも安くすることができました。 乱暴に解体して壁に穴があいたりもしましたが、仕上げによってかっこいいエイジング加工のようになりました。最初に相談にいってから完成までの1年間、振り返るとあっという間でした。すごく楽しかったです。

まだ入居したばかりなので、やりたいことはたくさんあります。壁にアートもしたいし、棚もつけたいし、グリーンも増やしたいし……家は作ることより暮らすことが大事だと思います。これからも好きなものを少しずつ集めたり手を加えていき、(RoomClipさん・RCユーザーさんはとても参考になってます。この場を借りて ありがとうございます!)最高にかっこよく暮らしていきたいです。」

お話をお伺いして

自宅兼仕事場を目指し、自分好みのインダストリアルなテイストを取り入れリノベーションを進めてきたraujikaさん。設計の依頼先決定~仕上げに至るまで、多くの関係者の方と顔を合わせて話し合いを重ね、理想の家を追求してきました。大きなLDKや玄関収納、鉄骨がむき出しの天井、土間空間、コンクリート使い、真っ白に塗られた壁など、raujikaさんのライフスタイルと好みのデザインを組み合わせた住まいは、リノベーションだからこそ実現できたもの。「現場に行き、ライブで作ることができました」とおっしゃっている通り、現場とコミュニケーションを密に取りながら、自分たちも施工に加わり完成させた家は、何よりも愛着のわく住まいとなりますね。

raujikaさんのお住まいについて

  • 所在地: 福岡県
  • 物件種別: 戸建て
  • 建築面積: 1F:75.68平米 2F:114.95平米  合計:190.63平米 インナーガレージ:39.27平米
  • 間取り: 1F(事務所とゲストルームトイレ)・2F 2SLDK RF
  • この家に住む人: 4人
  • 施工期間: 1年程度(但し、解体などを自分達でして、時間がかかった為)
  • 設計: 「フォルツァ北九州」「アーキタンツ福岡一級建築士事務所」 「(株)イクスワークス」

raujikaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ