変幻自在☆DIYで押入れを自由に使おう

変幻自在☆DIYで押入れを自由に使おう

実は使いこなせずに苦戦しがちな押入れ。多くのRoomClipユーザーさんも、試行錯誤を重ねているようです。そこで今回は押入れDIYに注目して、暮らしに欠かせないスペースとして使いこなす、ユーザーさんの実例をご紹介します。押入れという概念を超えたそのアイデアと行動力で、見事な変身を遂げていますよ。

収納スペースとして活かす

収納力はあるけれど、奥行きや高さなどに悩まされ、思うように使いこなせず困っていませんか?ユーザーさんはどのようにして、収納を完成させているのでしょうか。ここでは自分なりに手を加え、使い勝手を追求されているユーザーさんの押入れを見てみましょう。

お子さんの目線に合わせて

押入れの下段は、お子さんの目線の高さで使いやすいかもしれません。megさんは押入れの下段を、お子さんの洋服収納スペースにしています。ニトリのカラーボックスや100均アイテムを駆使し、シックにコーディネート。必要なものがひとつの場所にまとめられているので、お子さん自身で用意や片づけができますね。

子供の洋服や小物などはほとんどにここに収納。 ニトリさんのモニターで頂いたカラボを3つ組み合わせてます。 ごちゃごちゃの小物類はセリアのカラボ用の扉を付けて目隠し。 洋服はダイソーのアイボリー色のボックスに。
meg

部屋を彩るクローゼット

魅せる収納を成し遂げたplus9さんは、ディアウォールを使ってクローゼットに。奥行きを活かして、洋服を縦に吊るせるように工夫されたそうです。前面の洋服で部屋の印象が変わり、まるで壁一面がアートのようですね。下段の無印良品のPPケースには、写真をあえてモノクロにプリントして、ディスプレイされています。

自分で撮った写真をプリント カットしてPPケースにディスプレイ トーンがマッチしてなかなか○段ボールとかに写真やポストカード貼って手前にさすだけで結構いけますよー
plus9

暮らしの一部となる本棚

大好きな本を収納する本棚を、押入れにつくったangolさん。背景のターコイズブルーの壁や、シンプルなポスターが、この空間のインテリア性を高める役目になっています。深い青色のアイテムや観葉植物がバランス良く配置されていて、ゆったりと穏やかなひとときを過ごせそうな、そんな安らぎの雰囲気が漂っています。

本棚を作ったっていうか板にステイン?塗って脚に乗せただけ>_< あとは脚を4つ買って3段目と天井に突っ張らせたらとりあえず終わり^ ^
angol

お子さんの夢がふくらむ空間に☆

収納スペースとして特別必要なければ、期間限定のお子さんのスペースとして手を加えてみませんか?年齢や性格などに合わせて、お子さんが集中したりワクワクできる「城」をつくってみてはいかがでしょうか。ここではそれを形にした、ユーザーさんの押入れを見てみましょう。

お子さんの性格を熟知した「ひと手間」

お子さんが成長してくると、個別のスペースが必要に。ベッドや机などは特に場所を取りがちです。そこで押入れをベッドにしたのが、こちらのOshiyukaさん。ひと手間を加えてお子さんの喧嘩防止策まで考えられています。なんと、上段下段の広さを均等にすべく、間にプラケースを設置!お母さんならではの配慮ですね。

上の段の下、もしかして、プラケースの引き出しなんですか〜??
ikumari
はい♡プラケースてす(´。・v・。`) 元々押入れで使っていたプラケースが行き場を失ってしまったのと、上段のが下段より高さが広く、子どもの喧嘩の元になると思い作りました♡(笑)板は安くて重いコンパネです♡(笑) プラケース仕切りの板もコンパネになります♡
Oshiyuka

女の子の好きがいっぱい♡

何度も手を加えられた、Rikokkumamaさんの押入れは、娘さんたちのキッズスペースに。飾られたお子さんの作品や絵本など、そこにある物すべてが娘さんたちの想像力を刺激してくれそう♡下段のオモチャ収納も分かりやすいラべリングで、お片づけも楽しくできますね。

下のおもちゃ箱を作って以来 お片付けが上手になりました❀
Rikokkumama

澄んだ空気を味わえそう

壁をまたぎ動きを感じるウォールステッカーの木。そこはまさしく森の中の景色。ハシゴでおうちに入ってみるとライトもあり、自分だけの秘密基地のようです。外観から心弾むような工夫に、お子さんの遊びが盛り上がること間違いなし。遊びにこられたお友だちも、声を上げて喜びそうですね。

押入れを改造して作ったキッズスペース。中にライトを付けました。イメージは森の中の秘密基地…子供たち、喜んでくれました(^-^)
taka

専用スペースとして

そのスペースに何があると便利なのか、どう使いたいのかなどを想像すると、大人だって夢がふくらみます。理想を形にするDIYや改造には労力がいりますが、完成してしまえば疲れも吹き飛ぶはず!そこで押入れDIYに躊躇している方の背中を押すような、ユーザーさんの実例を厳選してみました。どうぞご覧ください。

まるで雑誌の1ページ

DIYの作品が家中に見られるak3さんの押入れは、パソコンデスクとして使用されています。作業しなくても、ここを眺めるだけで気分があがりそう♪ゆとりを持った小物やグリーンの配置にセンスがあふれ、ただただため息が出るばかり。パソコン作業は場所を取らないので、この空間がちょうど良さそうです。

明るく清々しい学習スペース

とても爽やかな水色の壁に、月のライトで小学生の子ども部屋らしいコーディネート。元々は押入れで、kusuttoさんが何度も手を加えられたようです。白と水色からなる清潔感と明るさに満ちた空間で、押入れの暗さを感じさせないほど。水色の壁に映える雲や星のモビールが、奥行きを出すアクセントになっています。

狭いながらに息子の部屋を作りたくて、押入れを壊して作ったスペース♡
kusutto

自分だけの喫茶店

大人だって好きを詰め込めるスペースがあると幸せ♡そこに自由に詰め込んだ分、自分のエネルギーや癒しになるはず。ungo222さんのお宅では、「押入れカフェ」とタグづけされているほど、さまざまな物が並び充実しています。難しく考えず素直に好きを詰め込み、ひとつの世界がここに存在しているかのようです。

モノを詰め込んでこその押入れ。そんな僕の押入れは、好きなモノだけをグッと詰め込んだ押入れ。
ungo222

猫の寝床として

Toraさんは、愛猫の寝床に押入れを活用されています。コンクリート壁紙が貼られていたり、コンポニビリが置かれていたりと、人間顔負けの部屋ですね。適度な広さも確保され、猫もゆっくり落ち着いた夜を過ごせそうです。スッキリと整った上段は作業場になっているんだとか。


ユーザーさんが手を加えた押入れは、それぞれのアイデアで形を変え、どれも暮らしに溶け込んでいました。収納だけにこだわらずに、どんどん有効活用していきたいですね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「押入れDIY 押入れ改造」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ