「32m2。好きをほどよく楽しむ、動線の良いメリハリレイアウト」 連載:ワンルーム1Kの暮らし by atsukunさん

「32m2。好きをほどよく楽しむ、動線の良いメリハリレイアウト」 連載:ワンルーム1Kの暮らし by atsukunさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回ご紹介するのは、女性らしい色選びを取り入れながら、ナチュラルなインテリアを楽しまれているatsukunさんのお部屋です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

福岡県北九州市で一人暮らしをしています。 今の部屋に住み始めて3年たちました。 自分の部屋が大好きでお休みの日はつい引きこもりがちです。 インテリアのセンスに自身はないですが居心地の良い部屋作りのためにアレコレ考えるのが好きです。

お住まい

  • お住まいの地域: 福岡県北九州市
  • お部屋の種別: ワンルーム(部屋とキッチンに仕切りがない。玄関あけたらすべてがオープン)
  • 居住面積: 32m2
  • 家賃: 駐車場込¥50,000
  • この家に住む人: 一人暮らし
  • ご職業: サービス
  • 趣味: ドライブ

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

atsukunさん

「築年数、広さ、間取り、家賃が希望条件に近かったことです。 通勤時間もベストで、立地も良いです。」

お部屋のこだわりを教えてください

atsukunさん

「重視したのは、『くつろぎ』と『動線』です。 インテリアには特にこだわりはありませんが、 毎日の家事や生活がスムーズに運ぶように、家具の配置にはこだわりました。 食事、就寝、くつろぎ、勉強、身支度、それぞれにメリハリがある生活にしたくて、ワンルームながらに、それぞれの空間を自分なりに分けています。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

atsukunさん

「ソファ(二人掛けの左)です。テレビや雑誌を見たり、ボーッとしたりしています。 洗濯物を畳むのもここです。 座面の広いリクライニングソファなので、座り心地も良く、そのままお昼寝してしまうこともあります。 家にいる時はほぼ、このソファの左側で過ごしています。」

程よく「好き」を楽しむ、飽きないお部屋づくり【ここがポイント!僕&私の工夫】

①心地よいバランスで取り入れた、好きな配色

atsukunさん

「緑と紫の組み合わせが好きで、この部屋に引っ越す際に、インテリアに取り入れてみました。闇雲にこの2色にこだわるのではなく、ところどころ黄色や水色も足して、バランスよく楽しんでいます。」

②トイレの個室は「和」テイスト

atsukunさん

「トイレは和雑貨で飾り、大好きな『和』のテイストを楽しんでいます。トイレットペーパーホルダーなどは、和テイストのものがなかなか見つからず、100円均一で買ったちりめんの紐を自分で組んで縫い付けたりしました。 これからは、竹や桜のウォールステッカーなどを取り入れて、さらに「和」の空間にしていきたいです。」

③愛用品に囲まれて集中できる、デスク兼ドレッサー

atsukunさん

「ドレッサーも兼ねた、このデスクは特にお気に入りです。 シンプルなデスクに愛用の化粧品を並べて、壁に付けられる家具でドレッサー風にしています。 朝のメイクも、夜のスキンケアもこの空間でゆっくりするのが癒しのひとつです。 もちろんデスクなので、勉強するのにも十分なスペースがあります。」

④何をしていてもTVを観られる配置

atsukunさん

「テレビを観るのが大好きなので、ソファからもデスクからも、食事中もベッドからも、そしてキッチンからも楽しめる位置にテレビを置きました。テレビを観ながら洗い物ができるのが良いです。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMヤフーショッピングで購入したスリムハンガー
PRICE5,980円

省スペースのハンガーラックをずっと探していました。幅35cmという、最高に省スペースなこの商品を見つけて即買いしました。 デザインも使い勝手も申し分ないほどしっくりきています。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

atsukunさん

「センスに自身がなく『飾る』ということに、なかなか挑戦できていません。 そのため、壁や玄関などがさみしく感じています。 皆さんのインテリアを参考にさせて頂いて、まずは壁を飾ることに挑戦していきたいです。」

お話をお伺いして

atsukunさんのお部屋は、ワンルームであっても、キッチン・ダイニング・リビング・寝室がレイアウト上できちんと区切られているのが特徴的です。また、そのレイアウトも日常の生活動線を重視されているため、テンポよく毎日を過ごすことができそう。そんな過ごしやすい空間に、好きな色が程よくコーディネートされているから、自然体で飽きることなくワンルームライフを楽しめるんですね。atsukunさんのお部屋づくりのポイントは、いくら「好き」でも「やり過ぎ」ない大人の配慮です。全体のイメージとは異なる「和」のテイストは、トイレを利用して楽しむというアイデアも素敵ですね。

ワンルームの生活だから、つい、寝るも食べるも働くもいっしょくたになってしまって、ダレてしまう……こんな風にお悩みの方も多いのでないでしょうか?そんな方は是非、atsukunさんのメリハリある快適ライフを送れるワンルームコーディネート、参考にしてみてください。


atsukunさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ