お悩み解決!無印良品「壁に付けられる家具」でつくる玄関

お悩み解決!無印良品「壁に付けられる家具」でつくる玄関

玄関に欲しいものといえば、お客様などをもてなすインテリアと、小物や衣類の収納場所ではないでしょうか。広さを最大限に残しつつ設置するなら、無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズがおすすめです。RoomClipユーザーさんもこのシリーズを使って、壁の有効活用をされていますよ。早速実例をご紹介したいと思います。

小物が置ける、棚タイプ

物の置き場所にも、飾り棚としても、棚タイプは使い勝手が抜群です。玄関に華やかな空間を作りたい方には、もってこいのアイテムです。フックなどを取り付けて、収納的な役割を付け加えたアレンジも見どころですよ。

ウェルカムスペースの飾り棚として

お客様をお迎えするウェルカムボードを置き、飾り棚として使用されています。ナチュラルなデザインの棚なので、インテリアスタイルを選ぶことなく使えますね。JRTさんの玄関は、アニマルオブジェや植物が添えられていて、優しい空気を感じられます。

フックを取り付けると収納も可能に

玄関を彩る飾り棚としての役割はもちろんですが、フックを取り付けると、引っかける収納も可能に。Yuki.Kさんのように、かけすぎず空間を空けた使い方なら、なおさらスマートです。お客様用の荷物置き場としても、活躍してくれそうですね。

アイアンバーをプラスして、ぶら下げる演出

セリアのアイアンバーが、ユーザーさんの棚の底の部分にぴったりなのだそうです。棚の上には置き物を、バーにはゆらゆら揺れるアイテムをぶら下げて、動きのあるインテリアを演出できます。上だけでなく、下の空間もうまく使える、幅の広がるアイディアですね。

見せる収納に、フック・ハンガータイプ

こちらは、玄関で日常的に使うものを引っかけておくのに便利です。とてもシンプルな作りなので、見せる収納の名わき役に。1つずつ引っかけられるフックタイプと、使わないときは閉じておけるハンガータイプがあるので、使用頻度などに応じて選んでみてください。

ほうきを引っかけて、いつもキレイな玄関に

できれば毎日お掃除をしたい玄関には、すぐ手に取れる場所にほうきを用意しておくのが得策です。Tsutomu4321さんのようにフックに引っかけておけば、後回しにせず気付いた時にお掃除ができますね。無駄のないデザインなので、ほうきも品よく出しておくことができます。

カギ置き場に

カギ置き場は玄関近くを定位置にして、迷子にならない工夫をするのがベストです。このフックならば、使いやすい場所を選んで設置できるのがうれしいですね。かわいいキーホルダーも、引っかけることで、空間をなごませる遊び心を感じるアイテムになります。

2本使いで動きのある収納に

fallinakiさんは、ハンガータイプを上下にずらして設置されています。少しずらすことで、重くなりすぎずバランスが良いですね。バッグやカゴをうまく使った、スタイリッシュな収納方法もぜひマネしてみたいです。

コーナーを使って、見せる収納場所に

コーナー部分を使った収納スペース作りにも最適です。2本をつなげることで、圧迫感を感じさせずに、場所を確保することができますね。間にコーナー棚を入れて、グリーンを置く余裕を持たせるセンスも素敵です。シーズンによって引っかけるものが少ない時には、フック部分をしまっておけるのですっきりしますよ。

玄関狭いので、無印の壁につけられる家具シリーズは本当に役に立つ!
akinonoruru

スマートな見た目の、長押タイプ

長押タイプは、凹凸の少ないフラットさが魅力です。上の部分にポストカードや小物を飾っても似合いますが、玄関ではすっきり収納に使ってみてください。フックなどで工夫すれば、いろいろな用途が見つかりますよ。

フック使いで、引っかけることも可能に

玄関は、かけておきたいものも多いですよね。そんなときは、フック使いがベストです。用途によって取り外しをすれば、ごちゃごちゃせずに使いこなせます。penta_roomさんは、100均で買えるフックで使用されているそうです。ずれずに使えるそうなので、試してみてはいかがでしょうか。

無印の長押に、100均のワイヤーネットで使うフックを(^o^) ペンチで調整すればブレません❢
penta_room

傘置き場に

長押なら、傘置き場も場所を取らずに設置することができます。床に置いてしまうと、スペースを取られ、お掃除の邪魔にもなりがちです。これなら、玄関を最大限に使うことが可能になりますね。ステッカーなどでアレンジすれば、使っていないときも玄関のポイントに♪

子どもの用品をまとめて

通園バッグなど、毎日使うお子様の道具置き場も確保できます。忙しい朝でも、玄関に指定席があると、慌てずに済みそうです。引っかけるものの大きさによって、フックの位置を調整できる利点もありますね。お子様の手の届く高さに設置してあるので、自分で支度をする習慣が身に付きそうです。


壁と空間を使うことができるので、広さを確保しつつお悩みを解消できるのがポイントですね。フックなどの合わせ技で、さらに使いやすさがアップすることも発見できました。壁のキズも最小限ですむそうなので、ぜひ試してみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品 壁に付けられる家具」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ