「28m2。子供心を忘れずつくる、ワクワク×シンプルな男前」 by Ryoさん[連載:ワンルーム1Kの暮らし]

「28m2。子供心を忘れずつくる、ワクワク×シンプルな男前」 by Ryoさん[連載:ワンルーム1Kの暮らし]

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、さっぱりとシンプルな中に、遊び心というスパイスが映える男前インテリアでワンルームライフを楽しまれているRyoさんと、そのお部屋をご紹介します。好きを生かした居心地よい空間づくりのヒントが、ギュッと詰まったお部屋です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

1人暮らしをはじめてまだ間もないですが、試行錯誤しながらDIYライフを楽しんでいます。 木の温かみが好きで、インテリアや家具は木が使用されているものを選んでいます。 好きなものに囲まれながら、子供心を忘れることなく部屋づくりをしています!

お住まい

  • お住まいの地域: 大阪府
  • お部屋の種別: ワンルーム(部屋とキッチンに仕切りがない。玄関あけたらすべてがオープン)
  • 居住面積: 28㎡
  • 家賃: ¥ secret
  • この家に住む人: 1人
  • ご職業: 会社員
  • 趣味: ギター、カメラ、ダイビング

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

Ryoさん

「1人暮らしをする上で5件ぐらい内覧をしました。ここは、一目見た瞬間に、どこに何を置くかのイメージがどんどん湧いてきたんです。また、駅近で立地も良く、一目惚れでした……(笑)ワンルームなので自由度が高くて、作り込めるところもgood!」

お部屋のこだわりを教えてください

Ryoさん

「部屋の家具は木が使われているもので揃えています。その上に、 家電や生活雑貨をのせることで、無機質なものでも温かみを感じれるように心掛けています。 また、部屋にグリーンはあえて置かず、ベッドカバーやクッションに緑やリーフ柄を入れて、バランスよく映えるようにしています。 ワンルームで収納も限られているので、ただしまうのではなく、コレクションとして『見せる収納』することにもこだわっています!」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

Ryoさん

「テレビの見えるソファ前やラグ上です。ゴロゴロしたり、ギター弾いたり、まったりしたり……リラックスしたい時はいつもここですね。」

子供心を忘れず部屋+趣味+遊びを楽しむ、Woody house【ここがポイント!僕&私の工夫】

①部屋の中心には、憧れの家具を置く

Ryoさん

「部屋のちょうど真ん中に鎮座しているネルソンベンチです。 1人暮らしした際は、絶対に置こうと思っていた家具の一つ。 デザインが素晴らしいのはもちろん、ガラス天板なのでテーブル自体の圧迫感もなく、なおかつ程よい存在感を演出してくれています。」

②工夫で魅せる、インテリア効果のある収納

Ryoさん

「ワンルームなので収納は少なめです。 なので、できるだけ見た目がよくなるよう、ものは整理しています。 有孔ボードや突っ張り棒を活用し、低コストだけどインパクトがあり、インテリアにもなる、『見せる』ではなく『魅せる』収納に挑戦しています。」

③トイレもDIYで、子供心を楽しめる空間に……

Ryoさん

「トイレの中も、リラックスできる空間になるよう心掛けています。 DIYでトイレのタンク隠しを施し、その上に趣味のコレクションを並べ、見て楽しく、居て心地よい空間にしました。 いつまでも、子供心を忘れないことは大切ですね……(笑)」

④ウォールステッカーで、動物の温もりもプラス

Ryoさん

「我が家のペットです。いつもエサを探しています。(笑)

遊び心で取り入れたウォールステッカーです。 何の繋がりもなく、急にシマウマですが、その突拍子さがコミカル&シュールで楽しませてくれてます。 ステッカーでも、動物を取り入れることで、木とはまた違った温かみを感じさせてくれてます。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMヴィンテージテイストプリント麻混パネルカーテン
PRICE¥ 3996円

玄関のドアを開けたら部屋なので、仕切りを設けたいなと思い購入しました。 のれんじゃ短いし、カーテンではスリットが入ってないので、パネルカーテンを購入し自分でハサミでジョキジョキ! ジェントルなヒゲ紳士が我が家を見張ってくれています。(笑)

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

Ryoさん

「今はまだ突っ張り棒などで、簡単にできることからやっていってます。後は2×4材などを活用した棚を作ったり、仕切りを設けるような、DIYにも挑戦したいなと考えています。 まだまだ、部屋+趣味+遊びを追求して行きます!」

お話をお伺いして

Ryoさんのお部屋は、ベランダが長方形の部屋の外側についているのではなく、長方形の一部として設計されているのが特徴的です。そんな特徴的な形を活かし、ベランダ横にできる空間にベッドを配置することで、生活動線にメリハリのあるワンルームレイアウトが完成しています。部屋の形の捉え方も、ワンルームや1Kならではの醍醐味のひとつ。さらに、木の家具やナチュラルな色・柄を取り入れるRyoさんの流のこだわりが、そうした動きの上での心地よさに、雰囲気の心地よさをプラスし、相乗効果を生み出しているんですね。また、好きなものや生活感を『魅せる』、スマートなDIYのアイデアは、ワンルームや1Kに限らず、収納に悩む方にとっても魅力的ではないでしょうか。

そして、何よりRyoさんはお部屋づくりを楽しまれています。少年のようなやんちゃな遊び心……大人だからこそ、暮らしのスパイスに上手に取り入れられるのかもしれません。インテリアに変化が欲しい、インパクトをもう少し出したい、無個性で飽きてきてしまった!なんて方も是非、Ryoさんの「子供心を忘れないお部屋づくり」参考にしてみてください。


Ryoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ