見た目もきれいで実用的!すっきり片付くレジ袋収納術10選

見た目もきれいで実用的!すっきり片付くレジ袋収納術10選

毎日使うレジ袋。みなさんのお宅ではどのようにストックされているのでしょうか。市販のストッカーを使ったり、手作りしたり。そして見せずに、使いやすさを追求するなど、ストックの方法もいろいろです。そんなポリ袋をすっきり、使いやすく収納したお宅を見てみましょう。

既製品のレジ袋ストッカーですっきり

毎日たまっていくレジ袋をストックするグッズは市販でもいろいろあります。新しいポリ袋を収納するものや、スーパーなどで使ったレジ袋を収納するものなど。既製品のレジ袋ストッカーをキッチンで使いこなしている実例をご紹介します。

ひと手間加えて

既製品のレジ袋ストッカーもいろいろなタイプがあるのですが、こちらは日々たまってしまうレジ袋をくるくるっと丸めて中に入れたら、下から出せる形のものです。お部屋のイメージに合わせて、ペイントと転写シールで男前にアレンジされています。かっこいいですね。

レジ袋ストッカーをアイアンペイントと転写シールで男前にしました!
akn9095

シックなデザインを探してみる

茶封筒風にデザインされたこちらのレジ袋ストッカーは、ベルメゾンの商品だそうです。Sサイズのこちらのストッカーは小さい袋を入れて、三角コーナーの袋として使われているそうです。レジ袋の大きさもいろいろあるので、サイズ別に保管すると便利ですね。

100均を活用しよう

セリアに素敵なデザインのレジ袋ストッカーがあります。厚みがないので折りたたんで入れてすっきり見せることができるタイプ。高い位置に置いて引っ張って出せるのは使い勝手がいいかもしれませんね。

セリアでガーランドを買いに行ってこんなの見つけました‼︎ ポリ袋ストッカー&ゴミ袋ストッカー45L‼︎ 早速中身入れて、キッチンの吊り戸棚に引っ掛けてみました♫
yu

ハンドメイドが活躍

今や100均でも買える、レジ袋ストッカーですが、やはりこだわりのデザインを飾って使いたいという人も多いのではないでしょうか。キッチンに合ったイメージのものがなければ、自分で作っちゃいましょう。

使い込んだアンティーク感を出して

レジ袋って、知らず知らずのうちにどんどん増えて置き場に困ることがありますよね。だからストッカーはできれば大きめのものが理想的です。こちらのお宅では、しっかり素材の帆布に、アンティーク風のワッペンを組み合わせたかっこいいストッカーを手作りされています。たっぷり入りそうですね。

男前なデザインで

お友だちに作ってもらったというこちらのレジ袋ストッカー。かっこいいですね。キッチンの色合いにとてもマッチしています。そしてユーザーさん自ら、ステンシルで色付けされたとか。さらにワイルドで存在感のあるデザインに変身しましたね。大きなマチでたっぷり収納が可能です。

普段はこれくらいパンパンです´д` ; 丸めてポイっと入れます。お友達に大きめ作ってもらったのに、やはりパンパンε-(´∀`; )笑下からピュっと引き出せますが、パンパンなので上から取ることもしばしば。どちらからも取れて便利です♡
kinu-saku

麻ひもで希望のサイズに

麻ひもを使ってナチュラルなレジ袋ストッカーを作られています。麻のナチュラルな感じが、キッチンのイメージとマッチしてとてもかわいいデザインですね。革のパッチがいいアクセントになっています。ほかの小物とおそろいにできるのも手作りの良さですね。

便利な移動式

大作のDIY作品ですね。すのこをリメイクして、たくさんの種類のポリ袋をまとめてストックできる移動式タイプです。レジ袋はたたむのも面倒ですが、丸めてポイっと入れられてとっても便利そうですね。

ゴミ袋スタンド作っちゃいました! うちの市のゴミ袋、まとめ買いすると取り出しにくくて… 燃えるゴミ袋30Lと40L、それとそれ以外の透明袋の3種類用のスタンドです。 ついでに、余った切れ端でレジ袋収納も追加。 欲しいものは作ってみよう!がモットーです。 今回は、すのこリメイクでキャスター付き。
kousaku

一工夫で使いやすさを追求

毎日使うレジ袋ですが、キッチンに置くならデザイン重視。そんなご家庭も多いでしょうが、やはり使いやすさを重視したい人もたくさんいらっしゃいますよね。毎日の炊事は無駄のない動きができるような形が理想的です。

サイズ別にストック

キッチンで使うレジ袋は、使う場所によって、大きさを変えたいですよね。三角コーナーや、ちょっとした生ごみなど、小さな袋を使いたいときや、ごみ箱に使いたい大きなポリ袋まで。いろいろな大きさのものを1か所に入れてしまうのではなく、サイズ別にストックすることで、家事がはかどります。

一目でわかる使いやすさ

シンク下の深い引き出しといえば、鍋やフライパンなどの収納によく使うのですが、こちらのお宅では、ポリ袋を種類別にひっかけて収納されています。種類別の袋をセリアのふきんかけを使って置き分けられているので、目で見てすぐに取り出せて、ノンストレスですね。

かご収納で見やすく

こちらも同じく、シンク下の深い引き出しですが、キッチン道具を入れた上の隙間を有効活用されています。100均のかごを引き出しにして、レジ袋をストックすれば、見やすく、取り出しやすいですね。


さまざまなお宅のレジ袋ストッカー実例を見てきましたが、ご自宅のキッチンに合ったデザインは見つかったでしょうか。毎日、キッチンで活躍するレジ袋をすっきりストックする方法は、各ご家庭それぞれです。自分に合ったストック方法を探してみましょう。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「レジ袋ストッカー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ