もっと快適な空間に!お部屋を広く見せるワザお教えします

もっと快適な空間に!お部屋を広く見せるワザお教えします

家が狭い。広い家に住むのは無理だから、どうにかして広く見せたい!今回ご紹介するのは、そんなお悩みを解決してくれるような実例です。お家をより広く見せて、心地よく過ごせるお家にはどれも共通するルールがあります。RoomClipユーザーさんの工夫をぜひ参考にして、お気に入りのお家にしてみましょう。

目の錯覚で簡単に広く見せる

まず最初にご紹介するのは、目の錯覚を使って簡単にお部屋を広く見せる方法です。意外にも私たち人間の脳はだまされやすいもの。その特性をインテリア作りでも有効に使ってみましょう。今まで過ごしていたお部屋のイメージが、ガラッと変わるかもしれませんよ。

白色で膨張&反射の相乗効果

白色が膨張して見えるカラーであることはお馴染みですよね。こちらのお部屋では白を基調とした家具類を多く取り入れることで、すっきりと広く見せています。さらに白色には光を反射してくれる効果があるため、窓から入る光によってお部屋が明るくなり、より広く感じられるという効果も期待できます。

後退色を使って壁が遠くにあるように見せる

こちらのお部屋では、後退色のブルーの壁でスタイリッシュな空間演出をしています。ちなみに後退色とは、遠くにあるように見える色のことです。Reikoさんによるとこちらの壁色は、照明によって印象が変わる色だそう。深みや奥行き感を出しやすい色のため、後退色を使うのは持ってこいのワザです。

壁紙はWALPAさんの貼って剥がせる輸入壁紙です。 ネットだと、壁紙屋本舗にも一部委託販売をしてます。 品番を忘れてしまいましたが、照明によって転びやすい色なので、店舗で実際に見た方が安心かもしれません(^-^)
Reiko

ミラーを窓として見せて奥行き感

こちらのお部屋の黒縁の格子窓、実は本物の窓ではなく、正体はミラーなんです!ミラーを窓として見せるのはなかなか思いつかないアイディアですよね。makittyさんによると、奥行きが出て広く感じるそうです。お部屋にもっと開放感が欲しかった!という方にも有効な手段です。

ミラーを使って室内窓風をDIYしました(*^^*)♪ ミラーのお陰で奥行きが出て広く感じます(*≧∀≦*) あとお気に入りのアーチとインターホンカバーとハシゴもDIYです(^^)v
makitty

家具は最も重要なキーアイテム

二番目にご紹介するのは家具の配置や家具選びについてです。家具はお部屋の中に必ずあり、なおかつ最も大きいものですよね。これを工夫しなければ、広く見せることはできないと言っても過言ではありません!お部屋のキーアイテムである家具を駆使できると、インテリアの幅が広がりますよ。

背の低い家具で圧迫感をなくす

視線を遮るものをなくすことは、お部屋を広く見せるのに重要な手段です。こちらのお部屋では、背の低い家具を取り入れられているため視線の妨げになるものが少なく感じ、オープンになります。さらには家具の色や壁の色も白を基調としたシンプルなものが多いため、さらに広く感じられますね。

家具をお部屋の脇に寄せて床を広く見せる

erichelさんはお部屋の余白を大切にしているようです。家具はお部屋の隅に寄せるように配置。さらにはお部屋にあまりものを置かないようにしています。床を大きく見せることは、同じ面積のお部屋でもイメージが違って見えますよ。

大きな家具を置かないことで開放感

生活感を出さないように使うものはすべて収納するようにしているkorimoさん。ソファなどの大きな家具は置かず、ビーズクッションで代用しています。大きな家具をできる限り置かないようにすることで広々と感じられるとともに、窓からの緑豊かな景色を思う存分鑑賞できそうですね。

ソファーの無い広々としたリビング!!窓からの景色が最高に贅沢( *´艸`)まさにシンプルイズベスト!! こういうの大好きです♡素敵〜
violet

家具を斜めに配置して奥に目線を向けさせる

Jinaさんは住みやすさを考えた結果、縦長のお部屋に対してダイニングテーブルを斜め置きにしてみたそうです。椅子に座るときやテーブルの向こう側に移動したい際にもスッと行動できます。さらに斜めに置くことは目線を部屋の奥に向けさせ、お部屋にひらけた感じが出ます。

縦長の部屋、縦方向のフローリング、家具も全部縦並び…!! 最初はダイニングテーブルもソファもフローリングに対して横置きしてたけど、住みやすさを優先した結果。。。 なのでダイニングを斜め置きしてみました。私は気に入ったんですが、3歳息子に 「ママ何やってるの!おかしいよ!こんなのだめだよ!」 とすごく怒られたので、明日には元に戻ると思います……
Jina
家具を斜めに配置するのって憧れます(^ν^) 我が家にはそんなスペースがないので、できないのですが…笑 全部縦並び、私は気になりませんでしたよ〜 むしろ部屋に奥行きが出て素敵だと思ってました(≧∇≦)
hotabo

セルフリノベーションで効果倍増!

最後にご紹介するのはセルフリノベーションについて。お家自体が大きくなるわけではありませんが抜け感ができたり、1つのお部屋が広くなったりして快適に感じられます。少しハードルは高いですが、得られる効果は大きいです。広く見せたい本気度が高めの方、持ち家の方はぜひ挑戦してみてくださいね!

柱に合わせた家具作りで広々空間

こちらの実例では強度の問題で抜けない柱を囲むように、造作ダイニングテーブルを作られたそうです。通常は柱があるとそこでお部屋を仕切ることを考えそうですが、柱とダイニングテーブルがお部屋の中心になりそうな、素敵なアイディアですよね。柱があったとしても広いお部屋をあきらめる必要はなさそうです!

壁を壊して1つのお部屋に!

Hiromiさんのお家では和室を潰して壁を壊し、リビングダイニングの面積を増やしています。強度の関係で和室の柱が残っているのも、リノベーションカフェのように良い味になっていますよね。壁がないだけでも開放的に感じますし、柱で敷畳の空間とゆるやかに仕切りながらつながっているというお部屋にできます。


どれも方法はそれぞれですが、大事なのは「どのように見えるか」です。お家の広さに悩む必要はありません!まずは今回ご紹介した実例を参考にしてみて、ご自身なりに工夫して快適に過ごしてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「広く見せる」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ