こうすればキレイなお家に!部屋の第一印象UPのアイデア

こうすればキレイなお家に!部屋の第一印象UPのアイデア

部屋のイメージは、ドアを開けたときの第一印象で決まります。「キレイ」と感じるお部屋にするためには、ちょっとしたコツがありました。今回は、いつもキレイなお部屋をキープしているユーザーさんをお手本に、第一印象UPのアイデアをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

平面をつくるよう意識する

第一印象で「キレイ」と感じられる部屋には、いくつかポイントがあります。まずは、平面をつくること。壁や床、テーブルの上など、平らな面をできるだけ見せるように意識すると、すっきりと整えられた空間になります。

余白を多くする

すっきりと美しく整えられた、kajiさんのダイニング。ポイントは、壁に何も飾らず真っ白なスペースをたくさん残していること。こんな風に、余白の多い空間では、食器棚にある食器のひとつひとつまで際立ちますね。

床に物を置かない

床にものが置いてあると、どうしても乱雑に見えてしまいがち。kikilalaさんのように、収納も兼ねたダイニングベンチを置くのは、賢いセレクトです。ベンチの幅に合わせてファイルケースやカゴを置けば、こんなにすっきりとして見えます。

テーブルの上にものを置かない

テーブルの上に物が置かれていないと、それだけで空間が広く感じられます。usamaruさんは、サイドテーブルの下にゴミ箱やティッシュ、リモコンを置いています。こんな風に、いつもテーブルの面を見せておくようにすると、整頓された印象になります。

リモコン立てにちょうど良いコップ?をZARA HOMEでゲット。サイドテーブルの上が片付いた☺
usamaru

生活感は、まとめて隠す

キレイな家は、生活感をほどよく隠すのもポイント。日用品のパッケージや電源コードなどでせっかくのインテリアを台無しにしないよう、上手にまとめて隠してしまいましょう。ユーザーさんのテクニックをご紹介します。

ストックはロゴや色を見せない

食品や日用品のパッケージにはロゴやカラフルな色が使われるので、そのまま並べると雑然としてしまいます。sachi_homeさんは、お菓子やペットボトルなどのストックも、バスケットやジュートに入れて文字や色を上手に隠しています。棚ごとにケースをそろえた収納も、キレイに見せるポイントです。

我が家の情報ステーションの中身です。生活に必要なものは、だいたいココに集結させてます。
sachi_home

ペーパー類は1カ所にまとめる

取扱説明書や領収書、子どもの学校のおたよりなど、家の中には書類がたくさん!そんなときは、1カ所にまとめておきましょう。必要なときに取り出しやすく、紛失も防ぐことができます。31さんは、家中の書類を白いファイルにまとめてスッキリ。白でそろえると整然として見えますね。

家の中の全ての書類類、アルバム、食器も白で揃えていると、スッキリして見えます!
31

配線コードはまとめて隠す

電源タップから伸びる、いくつもの配線コード。お部屋の片隅にありませんか?LinSanさんは、ダイソーの木箱を使って、電源タップの収納ボックスをつくっています。持ち手の穴が、コードをとおすのにピッタリ。これなら見た目もすっきりして、床掃除もしやすくなりますね。

コードがごちゃごちゃ表に出てると掃除しにくいので箱に収納しちゃいました。見た目もスッキリ。
LinSan

よく使うアイテムは箱に入れる

こちらは、リビングの一角に置かれたTNKさんの木箱。中には、バンドエイドに体温計、文房具など、よく使うアイテムが納められています。これなら使うときに箱ごと移動できて、お部屋はすっきり。そしてここでも、文字や色柄を上手に隠すテクニックが使われています。

日曜に購入した木箱、古い小引き出しの上にピッタリでした❤︎中には、よく使うものを入れました。
TNK
出ているアイテムは生活感あるモノばかりなのに、すっごいオシャレ!!何で体温計も馴染んじゃってるんだろー。
eriri81

お掃除のコツでキレイをキープ

家の中をキレイな状態でキープするために掃除は欠かせませんが、特にポイントを絞ることで、より効果的に。「ココがキレイだと部屋全体がキレイに見える」というポイントを押さえておきましょう。

鏡やガラスはいつもキレイに磨く

リビングにある鏡やTVの画面、窓ガラスなど、鏡面仕上げのアイテムはいつもピカピカに磨いておきましょう。ツヤのあるものは、しっかりと光らせる。それだけでお部屋全体がキレイな印象になります。kurobarさんのリビングは、大きな鏡が存在感を放ち、空間を広く見せる効果も抜群です。

掃除道具は目につく場所に置く

北欧と和の雰囲気が素敵にミックスされた、kurumin5さんのリビング。まるで飾るように置かれた、ほうきやちりとりなどの掃除道具がいいですね。こんな風にすぐ目につくところにあれば、いつでもサッと掃除ができます。

丁寧な暮らし見習わなくては… ホウキと塵取りが清潔感をさらに引き立てていますね!
laguna917

ディスプレイは定期的に見直す

お部屋をキレイにキープするには、ホコリを溜めない工夫が必要です。飾り棚には意外とホコリが溜まるもの。shakikoさんのように、ときどき模様替えをすると、掃除のきっかけにもなります。ディスプレイは、季節に合わせて見直すといいですね。

模様替えのafter☆
shakiko

いかがでしたか?空間全体を見直したりお掃除ポイントを絞ることで、キレイなお部屋を実現できますね。ぜひ、みなさんもユーザーさんのアイデアを参考に、今よりもっとキレイなお家を目指してみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「キレイ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ