「憧れのメルヘンカントリー。こだわりをつめこんだ物語の1ページ」 by lala.waltzさん

「憧れのメルヘンカントリー。こだわりをつめこんだ物語の1ページ」 by lala.waltzさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、メルヘンの世界観を詰め込んだ、物語に出てくるようなフレンチカントリーインテリアを楽しまれているlala.waltzさんのキッチンをご紹介します。

あたり一面田んぼに囲まれた小さな小さなおうちに夫婦2人で住んでいます。 小さな頃から海外が大好きで、海外に行くとお家やお庭の写真ばかり撮っているほど海外の家が大好きです。 助かっているのは主人と好みが似ていること。2人でこれからも、海外メルヘンカントリーを目指していきます⋈♡*。゚

テーマは「メルヘンカントリー」

白と優しい木色のベースとやわらかなパステルカラーでつくるカントリーテイストが最大の魅力であるlala.waltzさんのキッチン。 濃淡の差が少ない淡い色でまとめられたその空間は、とてもかわいらしくロマンチックです。徹底された世界観を叶える、レイアウト、コーディネート。細部にわたるまで見応えがある空間に整っています。まずは、キッチン全体のテーマやこだわりについてお聞きしました。

lala.waltzさん

「おうちづくりは小さな頃からの夢。 たくさんの夢と憧れを詰め込んだ我が家のキッチンのテーマは『メルヘンカントリー』 憧れは外国の物語に出てくるようなおうち。まるで物語の1ページにいるかのような……そんな風に思える空間を目指しています。 ホワイトが基調の海外風キッチンにデザインし、可愛い雑貨やパステルカラーのドア、ガーランドで、爽やかでお料理が楽しくなるような雰囲気作りを心がけています。」

部屋全体を見渡せる開放的なカフェキッチン

縦長のLDK。キッチンに立つと、リビングのTVにまで目線が届き、部屋全体を見渡すことができます。一方、リビングのソファは、キッチンに背を向けるように配置されているため、リビングからDKは見えません。リビングはゆるく独立し落ち着いた空間になるので、くつろぎ感がUPします。キッチンはダイニングと対面式になっており、カフェ風のイメージに。lala.waltzさんのキッチンのテーマにフィットし、家事動線も抜群です。さて、lala.waltzさんのキッチンを拝見すると、さらに素敵な特徴が見えてきました。3つのキーワードにそってみていきましょう!

キーワード1 ホワイト×パステル 料理が楽しくなる空間

lala.waltzさん

「ホワイト×パステルの優しい組み合わせが大好きで、レンガ調の壁紙やストライプ模様の真っ白なキッチンに、たくさんのパステルカラーの食器や雑貨をプラスしていきました。キッチンは自分が一番使う場所なので、とにかく毎日楽しく料理ができるような空間作りを心掛けました。 仕事で帰りが遅くなりどんなに疲れていても、この場所に立てば疲れも吹き飛びます。 空間作りの大切さを改めて実感しました。」

キーワード2 可愛いだけじゃない!こだわりを詰め込み、さらに使い心地良く

lala.waltzさん

「物語に出てくるおうちに欠かせないのが小さな扉。階段下の可愛いパントリーです。お米や調味料などを収納しています。 その隣には冷蔵庫。冷蔵庫も階段下に設置することで、リビングからの見た目がスッキリしました。 床はタイル調のクッションフロア。柔らかいので疲れにくくお掃除もラクラクです。 また、キッチンからリビング、ダイニングを見渡せるよう間取りもこだわりました。」

キーワード3 開放感たっぷり。朝日が差し込む明るい空間

lala.waltzさん

「吊り戸棚がない我が家のキッチン。予算がなくつけられなかったのですが、今となっては無くて正解。棚などもあえて作らず、開放感たっぷりの明るくスッキリとした空間にしています。 窓から朝日がキラキラと差し込み、爽やかで気持ちの良いキッチンです。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

lala.waltzさん

「新居に住み始めて一年。まだまだ勉強中の私ですが、RoomClipでインテリアを楽しく学ぶことでキッチンを自分のお気に入りの空間にすることができました。毎日のお料理がとても楽しいです⋈*.。 テーマをひとつに決めることにより、インテリアに統一感が出て居心地のよい空間になると思います。」

まとめ: 好きな空間を、とことん追求してみる!

念願の「メルヘンカントリー」なキッチン空間を実現されていたlala.waltzさん。「毎日料理が楽しい!」「この場所に立てば疲れが吹き飛びます。」と、空間作りの大切さを実感したことをお話してくれました。今回は、そんな気持ちも変えられる空間作りに注目したいと思います。理想の空間を目指し、lala.waltzさんはまず、レンガ調やタイルなど質感の異なる真っ白素材を採用。その”異なる表情の真っ白”を楽しみながら、柔らかなパステルカラーで優しく彩りをプラス。そして、小さな扉のパントリーやタイル調のクッションフロアで、物語に出てくるようなメルヘン要素をポイントで加えられていました。全体カラー×ポイントアイテムでイメージがより具体的になった空間を、吊り棚がないことで得られた開放感や明るさが包み込み、世界観をよりリアルに、心地良くしてくれていましたね。このような理想の空間作りに大切なのは「テーマを一つに絞ること」だとlala.waltzさんは教えて下さいました。テーマを決め、色、素材、ポイントアイテムを取り入れていくことで、統一感ある空間へと近づくのですね。徹底した世界観で作られた理想の空間は、立つだけに癒しに。皆さんの”好き”は何ですか?妥協なく、とことんこだわってみるキッチン空間づくり、皆さんも挑戦してみませんか?


lala.waltzさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ