みんなはどこに置いてるの?洗濯かごの置き場所アイデア

みんなはどこに置いてるの?洗濯かごの置き場所アイデア

洗濯するものを入れたり乾いた洗濯物を取り込んだりと、洗濯かごは日々活躍してくれる日用品です。けれど、置き場所に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、ユーザーさんのアイデア溢れる洗濯かごの置き場所を調べました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ランドリーや洗面所の床に、洗濯かごを置く

ランドリーや洗面所、バスルーム周辺の床は置き場所として定番ですよね。特に、洗濯機のそばに配置してある実例を多く見かけました。洗濯する衣類などをざっくり放り込み、洗濯機へと持ち運ぶという洗濯の動線を考えると、理にかなった置き場所と言えるのではないでしょうか。

ランドリーに置いた洗濯機の前に床置きする

smileyさんのお家では、バスルームへと続く洗面所スペースの奥に洗濯機があるレイアウトです。洗濯機の前に洗濯かごを置いて、使い勝手のいいポジションを確保されています。白を基調とした可愛い空間にコーディネートするために、ランドリーバッグを入れたワイヤーバスケットを洗濯かごとして活用されています。

モノトーンインテリアに合わせたデザインで

KMNNさんの場合も、バスルーム手前にある洗面所に洗濯機があります。シックなモノトーンでまとめたインテリアになじむワイヤー製の洗濯かごは、アンティーク風のデザインがスタイリッシュです。中に入れたTubtrugs(タブトラッグス)のゴム製バケツもブラックをチョイスして、統一感を演出しています。

洗面所の収納棚に、定位置を確保!

rosemary__さんは、洗面所の収納棚の取り出しやすい最下段を、洗濯かごの定位置とされています。可動式の棚は、収納するアイテムに合わせて棚板の位置を変えることができるので、ご覧のような美しい収納が実現できるのですね!洗濯かごとタオルのカラートーンもそろっていて、見た目にもすっきりです。

洗面所の収納は可動棚で。1番下はランドリーバスケット置き場。
rosemary__

ラック収納や棚板シェルフに、洗濯かごを置く

続いては、洗濯機ラックや棚板シェルフに洗濯かごを収納した実例を紹介します。空間を上手に活用した、便利な置き場所ですね。ラックやシェルフのサイズに合わせて、ぴったりフィットする洗濯かごを選ぶと、見た目にも美しくなります。高い位置に置く場合には、軽い素材のものを選ぶこともポイントです。

洗濯機ラックに、洗濯かごを斜め置き

erさんは、洗濯機の上部スペースを有効に活用するために、ステンレス製のラックをチョイスされています。2段目の棚板を斜めに設置することで、2つ並べた洗濯かごを取り出しやすくしているところがポイントですね。バンクアンという天然素材を編んで作られた洗濯かごとラックは、共にニトリで購入されたそうです。

ちょうどいいサイズのバスケットが なかなか見つからず、だめもとでニトリに いったら普通にありました。
er

洗濯機上の棚板シェルフが、洗濯かごの定位置

makochi.mさんの洗面所は、スペースを有効に活用する収納術が発揮されています。ナチュラルでキュートなアイテムが多く、毎日のお洗濯も楽しくなりそうな空間ですね。洗濯かごは、洗濯機の上に棚板シェルフを取り付けて置き場にしています。繊細なレース模様が印象的な洗濯かごは、「マハロバスケット」です。

家を建てる時に1番考えたのが洗面所の収納です。洗濯機の上には棚を付けてタオルと洗濯かごを収納しています。苦労のかいあって、いる物が全て収まり使いやすい空間になりました。
makochi.m

スリムデザインだから、棚板シェルフの上段に

natsu._.logさんの洗濯かごは、フレディレック・ウォッシュサロンのランドリーバスケットです。ドイツのベルリンで、レトロおしゃれなコインランドリーとして人気を集めたフレディレックのランドリーグッズも、シンプルでかわいいですね。スリム幅の洗濯かごは、棚の上段にシンデレラフィットしています。

ほかにもいろいろ!こんな場所にも置ける洗濯かご

床置きとラック置きのアイデアをご紹介しましたが、実は、ほかにもいろいろな場所に洗濯かごを置くことができます。洗濯機の置かれているスペースや洗濯ものを干す場所への動線などを考えて、最適な場所を見つけることが、家事の時短にもつながりそうですね。

キャスター付きのランドリーバスケット

mykさんの洗濯かごは、キャスターがついたラックにバスケットが2つセットになっているタイプです。2つ合わせて50リットルも入ります!バスケットは取り外して使うこともできますし、ラックごと移動させることもできるそうです。色物と白いものに分別することもでき、家事の時短にもつながりますね。

ワゴンに洗濯アイテムを一括収納

samanthakitchenさんは、トローリーワゴンに、洗濯関係のアイテムを一括で収納されています。ホワイトを中心に色味をそろえているので、見た目にもすっきりとした収納です。高さのある洗濯かごは一番上に載せていますね。キャスター付きのワゴンは、手軽に移動することが可能なので非常に実用的です。

広々ランドリーのチェストの上に

広いランドリースペースのあるyukikoさんのお家では、チェストの上のカウンターに洗濯かごが置かれています。色数をおさえ、ダークウッドとホワイトでまとめられたホテルライクな空間に、ダークブラウンの洗濯かごがぴったりフィットしていますね。天井にはポールも取り付けてあるので、室内干しも可能とのことです。

洗濯機本体の上に置いても、サマになるデザイン

最後にご紹介するmayutan.さんは、洗濯機本体の上に直接洗濯かごを置いています。ナチュラルでシンプルなインテリアでまとめられた空間に、コロンとした丸みのあるフォルムの、天然素材を使った持ち手付きバスケットがなじんでいますね。洗濯機にもクロスを掛けて、雰囲気をトータルでコーディネートされています。


毎日のお洗濯に活躍してくれる洗濯かごの置き場所について、ユーザーさんのさまざまなアイデアをご紹介しました。お洗濯をする際の動線を考えて、使いやすい場所に置くことが、共通したポイントでした。ぜひ、みなさんも実践してみてくださいね♪


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「洗濯かご 置き場所」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ