使い心地もデザインも満点♡名品、亀の子スポンジのススメ

使い心地もデザインも満点♡名品、亀の子スポンジのススメ

スポンジは毎日使うアイテムだからこそ、とことんこだわって、納得のいくものを使いたいですよね。この記事では、「使い心地やコストはもちろん、デザインにもこだわりたい」とお考えのみなさんに、ぜひとも知っていただきたい名品スポンジ、「亀の子スポンジ」をご紹介します。

ユーザーさんによる性能評価は?

明治から続く亀の子束子。この老舗の名店が、2015年に社名を冠した「亀の子スポンジ」という商品をリリースしました。高い抗菌作用を持つのが特徴で、2017年のリニューアル後は、従来品と比べ、約6倍も抗菌効果が長続きするようになったそうです。まずは、そんなこの商品の性能評価についてリポートします。

使い心地は、リピ買いするほど良い

亀の絵の可愛いパッケージに包まれた、真っ白いスポンジ。この商品こそ、今回ご紹介する亀の子スポンジです。半月以上使い続けているというmakochi.mさんは、このスポンジのデザインと、しっかりしたコシがお気に入りのご様子。使い心地が良いと、リピ買いをされています。

使う洗剤の量は少しでOK

akiraさんも、このスポンジの魅力に惹かれたお一人。シンプルなデザインと、長持ちしそうな丈夫な感触、そして、少量の洗剤でキチンと洗える実力に、感激されています。1つ300円ほどする商品ですが、持ちが良く、洗剤の節約がかなうなら、かなりお得な商品だと言えますね。

洗剤、少なくてもしっかり洗えるー♫ 丈夫だから長持ちしそうだし、何よりシンプルホワイトがかわいいよー(≧∇≦) これはオススメ♡
akira

水切れも、持ちも、高評価

yukariさんの評価ポイントは、水切れの良さと、持ちの良さ。高い抗菌効果のおかげか、スポンジに汚れが付着しにくく、本当に長く使い続けることができるそうです。そのため、ついつい、長く使い続けてしまうのだとか。どちらも、とてもうれしいポイントです。

手触りと弾力も、大満足

亀の子スポンジは、白以外にも、複数のカラーが存在します。U-tanさんは、白と、こちらのグレーの亀の子スポンジを購入されました。白は手触りが良く、グレーは弾力があり、ごわごわしない、というのが、U-tanさんのご感想。スポンジに弾力があると、洗い物がしやすくていいですよね。

カラーバリエーションはどれくらい?

亀の子スポンジには、複数のカラーバリエーションがあります。また、見逃せないのが、限定色。調べたところ、2017年の秋、2018年の春と夏に、限定色が販売されています。今後も、限定色が販売されるかもしれませんね。ここでは、そんな限定色も含め、亀の子スポンジのカラーバリエーションをお届けします。

白とグレーが人気のレギュラーカラー

RoomClipでは、シンプルでモダンな白とグレーが人気を博しています。MIARAさんは、両方のカラーを購入されました。どちらもシックで、絵になっています。発色の良いカラフルなスポンジが多い中で、この落ち着いたカラーは貴重ですね。

可愛いイエローも人気です

白とグレーの他に、もう1色、レギュラーカラーが存在します。Kaedeさんが購入された、こちらのイエローが、そのレギュラーカラーです。明るいけれど、けばけばしさのない絶妙な色合いですね。マスタードイエローに近く、目に優しい感じです。

2017年秋の限定カラー

KIKIさんが購入されたこちらの2色は、2017年秋に販売された限定商品です。濃いブラウンの名前はコーヒー、ライトブラウンの名前はカフェオレです。色だけでなく、名前も可愛い限定品ですね♡パッケージにも、小さな変化が見られ、コーヒー豆が描かれています。

2018年春の限定カラー

ほんのりと淡く色づく、桜色のスポンジ。こちらは、2018年春に販売された、桜色の限定商品です。sorasoraさんは、この控えめなピンク色がお気に入りのご様子です。こちらも、パッケージに小さな変化があり、桜の花びらが描かれています。こういう、ちょっとした遊び心に、亀の子束子の粋を感じますね。

桜が出たんだ❤️期間限定に弱いよね✨✨(*´艸`)ウフフ 亀の子スポンジ、前使ったら全然ヘタレなくてびっくりした❣️
miki
うっすらピンク♡( ˊ̱˂˃ˋ̱ )可愛いくて♪ これいいよね♡ちょいお高めだけど、長持ちするしー♪
sorasora

サイズはどれくらい?

ミニマルなデザインの亀の子スポンジ。ユーザーさんからの評価も高く、心惹かれるものがありますね。しかし、スポンジの場合は、どうしても気になるのが、サイズ。「スリムに収納できるか否か」は、重要なポイントです。そこで最後は、亀の子スポンジが、収納しやすいサイズなのかどうかを検証してみましょう。

幅はボトルとほぼ同じ

亀の子スポンジのサイズは、およそ長さ11×幅7×厚さ2.7cm。このサイズは収納しやすいのでしょうか?この疑問は、konatuさんのキッチンを見せていただくと、答えを出すことができます。ラックの中に、スポンジが無理なく収まっていますね。幅はボトルと同じぐらい。これなら、コンパクトに収納できそうです。

ちょっとした隙間に収納できる長さと幅

okapiさんは、シンク脇に亀の子スポンジを収納されています。こちらも、調理の邪魔にならない、ちょっとしたスペースに収納できていますね。長さも幅も、問題になるようなサイズではなさそうです。収納しやすいサイズだと考えて大丈夫ですね。

専用ホルダーで、美しく収納できる

亀の子スポンジには、専用のスポンジホルダーが用意されています。shirokinaさんが購入された、ステンレス製のアイテムが、その専用ホルダーです。専用の商品だけあり、より美しくスポンジを収納できるようです。吸盤付きなので、シンクの中や外など、好きな場所に取り付けられるところも、うれしいポイントです。


ミニマルなデザイン、色のバリエーションもあり、性能の評価も高く、収納しやすいサイズ。これだけ、長所がそろったスポンジをつくってしまうとは、さすが老舗の亀の子束子ですね。みなさんも、ぜひチェックしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「亀の子スポンジ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ