ヌメリも水気もすっきり解消☆便利で快適な石けんの置き方

ヌメリも水気もすっきり解消☆便利で快適な石けんの置き方

石けんは体を洗うだけでなく、汚れ落としなど多彩な用途で活躍してくれます。しかもコンパクトでかさばらないのもポイントですね。しかし、保管のときのヌメリや水気が気になって、使うのを躊躇している方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、清潔で使いやすい置き方を、ユーザーさんから学んでみたいと思います。

機能的なソープディッシュで快適に

水切れのよさや速乾性などが特徴の機能的なソープディッシュは、石けんを清潔で使いやすく保ってくれます。置くだけで、すっきりとクリーンな印象です。お掃除も楽になって、快適に石けんを使うことができますね。

立てかけて省スペースに

こちらは、セリアのソープディッシュです。石けんを立てかて置けるタイプなので、省スペースで置き場所を作れます。しかも通気性がよく乾きもよさそうですね。akitsuさんは、使い心地がよく追加購入したいアイテムとして紹介されています。

珪藻土で水切れよく

シンプルで清潔感のあるyukihoriさんの洗面台。石けんは、soil のソープディッシュを使っていました。珪藻土なので、余分な水分を吸い取り、石けんを乾燥させてくれるうれしいアイテムです。フラットな作りで、まわりに馴染むフォルムもいいですね。

人工芝ですっきりと

こちらはなんと、人工芝のソープディッシュです。石けんも芝もヌメヌメにならない優れものなんだとか。独特の素材感は、インテリアのアクセントにもなってくれそうですね。水はけがよく衛生的なので、bimoさんのように貝殻を一緒に飾ってアレンジすることもできますよ。

石鹸置きに人工芝を使っています。雑貨屋さんで50円で売られていた、グレーの人工芝の石鹸置き! 石鹸も人工芝も全くヌメヌメにならないんです! 我が家はお風呂場に置いているのでそのまま使っていますが、DIYしてあげたらもっと可愛いかも♡
bimo

グッズを使って、直置きしない工夫を

置くスペースがなかったり、置いた場所の汚れが気になるという方には、浮かせる収納がおすすめです。便利なグッズを壁やシンクに貼り付けて、直置きしない指定席を作ることができます。スペースがあいて、ミニマルなシンクを演出できますね。

デザインが映えるスタイリッシュアイテム

レトロな雰囲気の蛇口がデザインされた、遊び心のあるソープディッシュ。吸盤が2つ付いているので、しっかりと壁に付けられますね。ROCCOさんのキッチンは、水栓の蛇口も似たデザインなので統一感がありスタイリッシュです。

マグネットで宙に浮く

石けんに金具を差し込んで、ホルダーの先端のマグネットに留めるDULTONのソープホルダーです。宙に浮いたような形で、他にはないクールな見た目ですね。接着面が少ないので、お掃除からも解放されたそうです。石けんを最大限まで使えるというメリットも見逃せませんね。

ひとつ試しに買ってみたら便利で(笑)水周りにそれぞれ置いてますー
ari6196

お風呂場用の吸盤フックが使える

とてもコンパクトな石けん置き場を作っているnaoさん。こちらは、セリアのお風呂用吸盤フックを活用していました。二股に引っかけられる部分が付いていて、そこにちょうど石けんが収まっています。場所を取らず、さりげない収納がかないます。

アイデア満載、オリジナル石けん置き場

最後に、専用のソープディッシュなどを使わずに、アイデアやDIYでオリジナルの置き方を実践しているユーザーさんをご紹介します。インテリア性を重視したい、シンプルに置きたいなど、使い方やスタイルに合わせた工夫は必見です。手に取りやすい場所に置けるのにインテリアにも馴染む、理想の方法が見つかりそうです。

ステンレスタッパーでスマートに

kazenさんがソープディッシュ代わりに活用しているのは、フタ付のステンレスタッパー。石けんの色味を隠すためのアイデアです。生活感を感じさせない、洗練された洗面台を作りあげていますね。使い終わったら乾くまでフタを開けておくという工夫を実践しています。ほこりも付かないので、衛生的に保管ができます。

シンプルにコーナーラックで

部分洗いなどで毎日使うという石けんは、コーナーラックに乗せてシンプルに。出し入れがしやすく水切れを気にしなくてもいいので、洗いものに使うことが多い方には特におすすめの方法です。コーナーにセットできるので、すっきりとしたシンクの邪魔になることもありませんね。

アイアンカゴでインテリア的に

まるでオブジェのような石けん置きは、mymiさんのリメイク作品です。棚の部分はコンタクトレンズの置き場所にして、そこからアイアンカゴをぶら下げて石けんの専用スペースを作りました。シックなアンティーク風のラックには黒の石けんを置いて、生活感の出ないトータルコーディネートが完成しています。

洗面台の角にセリアのインテリアアンティークボードをアイアンブラケットに付けウォールラックを作ってコンタクトケース置きに。下にはアイアンカゴを吊らし石鹸置きにしてみました。
mymi

アクリル毛糸で手作り

石けんがすっぽり入るケースを手作りしたpiroyuさん。キッチン収納に収まりがいいサイズを、アクリル毛糸で編んだものです。アクリルなので、水がたまらずお手入れも簡単。ナチュラルな雰囲気のケースは、市販品で見つけるのは意外と難しそうですよね。手作りならではの味わいで、気分もあがります。


いかがだったでしょうか。生活感や不快感を感じさせない、すっきりとした置き方アイデアばかりでしたね。石けんの魅力も再確認することができました。ぜひこの機会に、石けんのある生活を始めてみませんか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「石けん」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ