時短&楽につながる☆目から鱗のお洗濯の裏技アイディア

時短&楽につながる☆目から鱗のお洗濯の裏技アイディア

たくさんの洗濯物は幸せの象徴でもありますが、毎日のお洗濯は実は重労働。今回は、そんな大変な家事の1つであるお洗濯をもっと楽ちんにできるアイディアをご紹介します。ちょっとした工夫で洗濯が楽ちんになると、毎日は劇的に楽しくなりますよ♡家族の協力も、得られるかもしれません。

動線を意識して

まずご紹介するのは、お洗濯のときの動線を意識したお部屋の実例です。濡れた洗濯物を干すことからクローゼットに収めるまでの動線をスムーズにすると、時短にもつながるうえ重たい荷物を持ってあちこちに移動しなくていいので、身体も楽ちんになりますよ。

同じフロアで完結させて

洗濯物を抱えて階段の上り下りをするというのは、足腰に負担がかかるもの。こちらのユーザーさんは、洗う・干す・片づけるための作業スペースをすべて2階に作っています。洗濯物を畳んだりアイロンをかけるためのテーブルを近くに確保すれば、より手間が省けます。

クローゼットに干し場を

こちらのユーザーさんは、クローゼットのあるお部屋をランドリールームとしても利用しています。洗濯かごも置ける作業台もあると、干す動作もスムーズにできますね。アイロンも作業台でかけられるそうです。

一時掛けがあると便利

バルコニー前に、洗濯物の一時干しスペースを作っているというユーザーさん。夏の暑い日や冬の寒い日に外に出る時間を減らせるのが、うれしいですね。ワゴンに入れた洗濯グッズも、出し入れしやすそうです。

立ったまま作業できるのが◎

こちらのユーザーさんは、インテリアになじみやすいスタイリッシュな室内物干し「ホスクリーン」を愛用。すべての動作を立ったままできるようにしているそうで、作業もスムーズ。ゴージャスな雰囲気のお部屋は、家事モチベーションも上がりそうですね。

洗濯物干すのも畳むのもアイロンかけるのもベランダにすぐ出れてホスクリーンも付いてるこの部屋で。 ちなみにベランダで干す時も冬は寒いし夏は暑いので、いったんホスクリーンに全部干してから外に出すようにしてます。 取り込む時もホスクリーンにいったん全部戻してから部屋の中で取り込みつつそのまま畳んでしまいます。 全部立ったまま出来るので腰に負担もなく◎
usamaru

洗濯グッズの収納を工夫して

続いてご紹介するのは、ハンガーや洗濯ばさみなどの洗濯グッズを上手に収納している実例です。からみがちなハンガーもするりと取り出せると、ストレスフリー。出し入れがしやすい洗濯グッズの収納があれば、家族もお手伝いしやすくなるはずです。

壁面収納で

壁面に、ハンガーや洗濯ばさみなどお洗濯に必要なものをまとめて収納している実例です。見た目も良い収納は、家事のモチベーションもあがりそうですね。ハンガーをさかさまにかけるというアイディアも、ぜひ真似っこしたい実例です。

カゴ+突っ張り棒で

こちらのユーザーさんは、メッシュカゴと突っ張り棒を組み合わせて洗濯グッズの収納を実現させています。これならハンガーの絡みもなくなり、持ち運びも楽ちんといいことずくめですね。クロスをかけておけば汚れや日光も遮断してくれます。

ベランダ干し用のハンガーは引っかかりやすいので、メッシュカゴに突っ張り棒を突き刺してそこにかけています。 この時期は効率重視で、クロスをかけてベランダ前に置きっ放し。
atsukito

エコバッグに入れて

こちらは、無印良品のエコバッグにハンガーや洗濯ばさみを収納している実例です。バッグでの収納は、引っかけ収納もできて便利。無印良品の店頭で押したというアルファベットスタンプが、使い勝手と見た目をぐんとアップさせています。

他にもまだまだ☆洗濯楽ワザ

動線&収納の楽ちんアイディアに続いては、ちょっとした工夫でお洗濯がさらに楽ちんになるアイディアをご紹介します。どれも簡単に真似っこできそうなアイディアばかりですので、ぜひ暮らしに取り入れてみてください☆

洗濯かごを断捨離!

ランドリールームで場所を取る洗濯かご。あると便利ですが、そのお手入れも大変ですよね。こちらのユーザーさんは、そんな洗濯カゴを断捨離。ネットに入れて洗いたいものは、あらかじめネットに入れておくようにすると、時短にもつながります。

実は少し前に洗濯かごを断捨離しました。洗濯機に直接入れて洗うものはそのままポイポイ洗濯機に投げ込み、ネットに入れて洗うものはマグネットフックに引っ掛けてある洗濯ネットに入れます。普段はフック2つで洗濯ネットを3枚引っ掛けてあり、右側のネットはタオルを入れるとか自分の中で決めてあります。ネットごと洗濯機に入れて蓋を閉めると洗濯物を隠せて見た目もスッキリ!洗濯するときもフックからはずして洗濯機に入れるだけなので楽チンです(*^^*)
non

干し方を工夫して、楽に乾かして

10連ハンガーを、時短アイテムとして取り入れているユーザーさん。ハンガー2つ分に1つの衣類をかけることで、風通しが良くなるのだそうです。結果的に早くお洗濯ものが乾くので、時間にゆとりが生まれます。

畳まないから時短につながる

乾いた洗濯物をハンガーから外し、畳んでクローゼットにしまう、という作業は案外手間がかかるもの。こちらのユーザーさんは、「畳む」ことをやめて乾いたものをそのままクローゼットに入れることにしたそう。時短につながるナイスなアイディアです。


お洗濯が楽ちんになりそうなアイディアをご紹介しました。どの実例からも、ユーザーさんたちの暮らしの工夫と楽しむ気持ちが伝わってきましたね。毎日のお洗濯がもっと楽ちんに、そして楽しくなりますように!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「洗濯」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ