これでスッキリ♡裁縫道具をスマートに収納する10のヒント

これでスッキリ♡裁縫道具をスマートに収納する10のヒント

ソーイングが趣味な方も、必要に迫られてする方も、細々とした裁縫道具の収納に悩むことが多いのではないでしょうか。ひと目でどこに何があるか分かる、そして見た目も美しい裁縫道具の収納のコツを、ユーザーさんから学んでみませんか?どれもスッキリとした収納で、お裁縫の時間が楽しくなるものばかりです。

使うのが待ち遠しくなる♡裁縫箱の収納法

裁縫道具は持ち運びしやすい専用のボックスへ。でもマチ針やハサミ、ピンクッションなどはかたちや大きさが異なるものが多く、ごちゃごちゃしやすいのが難点です。ここでご紹介する使いやすい収納にまとめたユーザーさんの実例を参考に、開けるたびに創作意欲が湧いてくる裁縫箱を目指してみましょう♡

お子さんにも分かりやすく

110cafeさんの裁縫箱はひと目見たらどこに何があるか、すぐに分かる収納法でまとめています。失くしてしまいそうなボタンやスナップはボックスに入れ、それぞれに分かりやすくラベリング。これからお裁縫を覚える年ごろとなるお子さんにも、安心して使える裁縫箱になっています。

そろそろ娘にも、自分でやってもらいたいので、探さなくてもいいように細かく分けてみました。 針は危ないので、蓋つきの缶に入れることに。茶筒ですが、針刺しがピッタリ入りました✨
110cafe

モノトーンでシックにまとめて

シックなカラーリングで、お裁縫箱とは思えないほどエレガントにまとめているのがminimum.さんです。サイズはコンパクトにおさえて必要なものだけを厳選し、シンプルで上品な雰囲気に。シルバーのボックスに色を合わせて、糸の色もモノトーンを選びました。大人にこそ似合う洗練されたソーイングボックスです。

アンティークな裁縫箱で気持ちがアップ

お裁縫が好きな方には憧れる人も多い、アンティークのソーイングボックスを使用しているkateさん。内部はすっきりと見やすく整頓しつつ、味わい深いリボンや糸がバランス良く並んでいます。開けるたびに優しい時間の流れを感じることができそうで、素敵な作品が次々に生まれてくる雰囲気でいっぱいです。

ソーイングボックスの中。 今まで少しずつ買い集めたリボン類や、アンティークのレースにボタンなど。
kate

仕切りとカラーリングでおしゃれに♡

takimoto-manamiさんは必要不可欠な道具をすべて収めつつ、胸がときめく収納でボックス内部をまとめています。細かく分けられた仕切りに合わせて収納するテクニック、淡いウッディトーンにモノトーンを合わせてやわらかな雰囲気にスパイスを効かせたカラーリングなど、どれもお手本にしたい点ばかりです。

引き出し内部に!スッキリ収納

裁縫道具は専用のボックスではなく、リビングやダイニングなどの引き出しに入れて収納している方は意外に多いかもしれません。持ち運びをしない分、さっと取り出すことができて、しまいやすい収納にしたいですよね。ここでは引き出しを使って、裁縫道具をスマートに収納しているユーザーさんをご紹介します。

さまざまな収納アイテムを活用して

広いスペースがある引き出しは、その分細かいアイテムが行方不明になりやすいもの。fookoさんは収納ボックスを活用して、見やすく、さらに使いやすい収納で整理整頓しています。蓋つき・なしのボックスやガラス瓶などさまざまな収納アイテムを使い分けるテクニックは、ぜひ取り入れたいポイントです。

収納上手で勉強になります^ - ^ こんなにきれいにスッキリとひと目でわかる収納を心がけたいです^_^
yann

バスケットでナチュラルに収納

趣きのあるナチュラルなデスクぴったりな雰囲気にまとめているのがYukaさんです。引き出しの右側には、自然の風合いを感じるバスケットを利用して裁縫道具を収納。縦に長いハサミもぴったりなフォルムです。左側には同じく縦のラインを活かし、布をキープ。左右どちらも調和のとれた美しい収納となっています。

クリアケースで一目瞭然に

ソーイングが好きな方は、だんだんと収納すべきものが増えていくのが悩みの種でもありますよね。どのようにまとめれば使いやすくできるのか、そのお手本となるのがkaeru3さんの収納です。クリアケースを利用して整然とまとめ、さらにラベリングをして一目瞭然。スッキリと整った、機能性抜群の収納法です。

増えていく糸の収納、どうしている?

裁縫道具の中でも難しいのが糸やボビンの収納です。ひとつにまとめることはできないし、ブランドによって縦、横や厚みのサイズもさまざま。見やすく取り出しやすい糸の収納ってどうすればいいの?そんな悩みを持つ方は必見ですよ。最後に、ユーザーさんの優れた糸の収納法をご紹介します。

ウッドピンチを利用して

さまざまな色彩があり、それぞれが異なる表情を見せてくれる刺繍糸。furbyさんはほつれがちな刺繍糸をウッドピンチに巻き、クリアケースに収納しています。使用したい糸もすぐ分かり、糸の先端も出ない優れもの。まるでカラフルなパレットのようで、使いやすさとビジュアル性、ともに秀でているアイデアです。

DIYで作るミシン糸用ボックス

先端に穴が空いているかたちを利用して、ミシン糸用のコーナーがあるボックスをDIYで作り上げたhinatabirdさん。底に有孔ボードを使用し、風情あるラッピングペーパーで周囲を彩っています。見ためもエレガントで使いやすさも抜群、手作りの域を超えた発想とクオリティで、思わず誰もが欲しくなる逸品です。

糸の収納がディスプレイに

見上げるたびにうっとりしてしまいそうなのが、saaaa3348さんの糸の収納法です。色とりどりの糸をバランス良く専用のウォールシェルフに並べ、味わい深いコーナーに。使いたい糸がすぐに分かり、創作意欲が高まるディスプレイで、ソーイング好きな方にぴったりの収納法となっています。


ソーイングが大好き、という方も、ちょっぴり苦手意識がある方も、裁縫道具はスッキリとまとめたいもの。ご紹介したユーザーさんを参考に、使うたびに気持ちがあがる裁縫道具の収納にチャレンジしてみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「裁縫道具 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ