「24m2。カッコよさの中に潜む、繊細さ。1K統一感のひみつ」 by saya-nagaさん

「24m2。カッコよさの中に潜む、繊細さ。1K統一感のひみつ」 by saya-nagaさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、ウォールナット系家具とアイアンでブラウンインテリアを作っているsaya-nagaさんのお部屋です。かっこいい統一感あるお部屋作りの秘密に迫ります!

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

仙台で美容部員として働いています。 勤務時間が長く立ち仕事のため、いかに快適に過ごせるかを重視して部屋作りをしています。

お住まい

  • お住まいの地域: 仙台市青葉区
  • お部屋の種別: 1K(キッチンと居室がドア等で仕切られている)
  • 居住面積: 24.5m2
  • 家賃: ヒミツ円
  • この家に住む人: 本人
  • ご職業: 美容部員
  • 趣味: カメラ

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

saya-nagaさん

「駅から徒歩3分という立地や、2階角部屋で日当たりが良好な点、ウォークインクローゼット等の収納が充実していたところです。 また、以前は不動産の仕事をしていたこともあり、施工会社や管理会社も決め手でした。」

お部屋のこだわりを教えてください

saya-nagaさん

「床がミディアムトーンのため、大型家具はウォールナット系の物で統一し、一体感を出すようにしています。 また、一目惚れしたカーテンはひだなしのストレートでオーダーし、柄がより楽しめるようにしました。 カーテンが個性的な分、それ以外はモノトーンを中心に集め、アイアン素材やボタニカルなアイテムを差し色に加えています。これは家全体のコンセプトでもあります。 基本、女性らしい物はありません(笑)」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

saya-nagaさん

「こたつテーブルとベッドの間です。狭い部屋なのでソファは置かず、座布団を敷いて、何をするにもここにいます。食事やメイク、TVを見たり、ネットサーフィンをしたり、ときにはうたた寝も(笑)」

ウォールナット×モノトーン中心に、アイアン×ボタニカルなアイテムをプラス【ここがポイント!僕&私の工夫】

①家具の色をそろえ、部屋の統一感UP

saya-nagaさん

「部屋全体の統一感を重視し、元々持っていたテレビボードの色や素材を基準として大型家具をそろえました。 フローリングの色と合わせることで、圧迫感が軽減されているように感じます。」

②ファブリック類は、バランスを見て収集

saya-nagaさん

「カーテンがカラフルで存在感がある分、他のファブリック類はモノトーンやアースカラーを中心に集めています。カーテン自体は緑色の割合が大きいので、部屋に観葉植物を置き、一体感を出すようにしています。」

③収納道具は、部屋のテイストと使いやすさ重視

saya-nagaさん

「自分なりの快適さを追及した結果、化粧品は出しっぱなしです。ただ、部屋のテーマに沿った収納道具にこだわるようにしています。アイアン素材が好きです。」

④キッチンはモノトーンでスッキリと

saya-nagaさん

「居室とは少し異なり、キッチンはモノトーンを中心にしています。 元々は白かった調味料ラックをアイアンペイントで塗装したり、モノトーンの調味料ラベルを自作したりしました。」

⑤洗面台はプチプラDIYで自分好みに

saya-nagaさん

「最近では洗面台にも手をつけました。 居室と同じテーマに沿って、100均で購入したお手頃アイテムでDIYしました。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMTECNOS カーボンヒーター
PRICE4,980円(税込)

冬の寒さに耐えられなくなり、購入しました。主にキッチンや脱衣場で使用しています。また、エアコンが効いて部屋が暖まるまでの間、居室でも使用しています。即暖で助かります。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

saya-nagaさん

「今は手頃なインテリアを中心にそろえていますが、そろそろ一生物の家具が欲しいです。」

お話をお伺いして

saya-nagaさんのお部屋のレイアウトは、部屋の形に合わせてベッドを壁に寄せて配置し、その手前にテーブル(こたつ)を置いています。ベッドに背を向けて座っているときは、睡眠スペースに視線が向くことはなく、くつろぎ時間と睡眠時間との間にのメリハリがつきやすくなりますね。

saya-nagaさんのお部屋は、深い色のブラウンにボタニカルが映える男前テイストが魅力。「女性らしい物はありません(笑)」とsaya-nagaさんは笑います。しかしながら、計算されたグリーンの配置ややわらかなファブリックの素材感などには繊細さも感じられ、癒しのアクセントが部屋のさらなる魅力につながっているように思います。 部屋のベースとなる素材や色、またアクセントとなる小物類の種類もそろえ部屋の統一感を出して楽しむsaya-nagaさん流部屋作り。ときにはDIYで自分好みに部屋に変化をもたらしながら、皆さんも自分の目指すこだわりのワンルームをコーディネートしてみてはいかがですか。


saya-nagaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ