インテリアにも収納にもなる?!ウォールポケット活用法

インテリアにも収納にもなる?!ウォールポケット活用法

ウォールポケットと聞くと、ポストカードや郵便物をポケットに入れているイメージがありませんか?しかし、RoomClipの皆さんは、様々な活用方法でウォールポケット使いこなされています。今回は是非参考にして頂きたい実例を10例ご紹介したいと思います。

インテリアとしてのウォールポケット

ウォールポケットをインテリアの一部として活用している実例を4例ご紹介したいと思います。使う部屋のスタイルに合わせたウォールポケットばかりです。

バスロールサイン風にステッカーを貼る

バスロールサイン風にステッカーを貼る

クリア素材にポケットを設置して文字はステッカーを貼っています。クリア素材と黒のステッカーの相性は抜群ですね。白い壁に掛けても良いですが、すのこの上に掛けるとさらに味がでますね。

エアープランツを飾る

エアープランツを飾る

エアープランツの特徴でもありますが、土なし水なしの状態でも飾ることができる植物なので、ウォールポケットに挿して覗かせて飾ることができます。

コーヒー染めする

コーヒー染めする

コーヒー染めをベースにアクリルとワックスで使い込んだ工具をしまっている感じがものすごく表現されていますね。因みに工具はおもちゃを加工して造られています。

ウエストバックを活用する

ウエストバックを活用する

ウエストバックも壁に掛けると、たちまちウォールポケットの完成です。マチのあるウエストバッグなら、立体感が出ますね。バックル部分もアクセントになっています。

デニムをリメイクしたウォールポケット

デニムの生地は丈夫でしっかりとしているので、サイズアウトしたデニム等は是非リメイクしてウォールポケットとして活用しましょう!使い込んだデニムは味もありリメイクにはおすすめですよ。デニムをリメイクしている実例を4つご紹介します。

スマホホルダーに利用

スマホホルダーに利用

履かなくなったデニムのポケット部分をカットして、パンチで穴を開けた部分にチェーンを通して出来上がりです。ブランドデニムを履かなくなったら、是非リメイクに活用したいですね。

ベルト通し部分を活用

ベルト通し部分を活用

デニムのバックポケット部分をザクザク切って、2枚をダーッと縫っただけで、この仕上がり度はお見事です。ベルト通し部分を利用して吊るせばデニムらしさを最大限に活かせますね。

ポケットをそのまま活用

ポケットをそのまま活用

不要になったデニムから集めたポケットをボンドで布にパタリとしてリメイクされたウォールポケットです。オーバーオールの背中部分もポケットにアレンジ!

裾部分も活用

裾部分も活用

デニムの腰回りと裾部分を活用してリメイクしています。左下のポケットは、下からビニールが出てくるビニール収納になっているという優れものです。

使い方に合わせてDIYしたウォールポケット

ウォールポケットの利用方法にあった位置やポケットに入れたいものの大きさに合わせてウォールポケットをDIYしている実例をご紹介します。

キッチンにマグネットで貼り付けて活用

キッチンにマグネットで貼り付けて活用

理想のポケット位置とポケット並びを叶えるためにDIYで作っています。光熱費の明細などの生活感のあるものも、かっこよく壁面を活用して収納できます。

子ども部屋で活用

子ども部屋で活用

子ども部屋にコロコロ転がる小さなぬいぐるみは、ポケットに顔だけ出して入れると、可愛いらしく収納できます。ベッドの近くに飾れば大好きなぬいぐるみと毎日一緒に楽しく眠れますね!


ウォールポケットの実例を10例ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。まだまだ他にもRoomClipにはウォールポケットに関する情報が満載です。是非一度、「ウォールポケット」で検査してみて下さい!


RoomClipには、インテリア上級者の「ウォールポケット 活用」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ