生活感にサヨナラ☆リメイクで洗面所が好きな場所に変わる

生活感にサヨナラ☆リメイクで洗面所が好きな場所に変わる

家族以外の人の目に触れる機会が少ない、洗面所。洗面所は生活感がにじみ出てしまう場所ですが、ついつい機能優先になりがちで、インテリアを考えるのも後回しになってしまいます。今回は、既製品の洗面台を豊かなアイディアでリメイクしている、ユーザーさんたちの実例をご紹介します。

リメイクシートを貼って印象を変える

リメイクシートは、100均などでも簡単に手に入れることができる上に、さまざまなデザインがあります。お好みのテイストのリメイクシートも見つかりやすいはず。最初にご紹介するのは、リメイクシートを貼って洗面所のイメージをガラリと変えている、ユーザーさんたちの実例です。

木の雰囲気を取り入れたインテリア

洗面所の鏡をどうしても木枠にしたかったという、こちらのユーザーさん。木枠にするのは難しかったため、キャンドゥのリメイクシートを活用しました。こちらのリメイクシートは、質感がとてもよいそうですよ。お手軽なのに効果◎の、ナチュラルな洗面所になりましたね。

洗面台の鏡をどうしても木枠にしたい!! けど出来ないからキャンドゥのリメイクシートを貼りました♪♪ このシートかなり木材っぽい感じでシールのようにツルツルしてない(´>∀<`) 最近ホワイトばっかりじゃなくて、ちょっと木を取り入れた感じのインテリアにしたくなってきたのでこれはやってよかったー(*๓´╰╯`๓)♡
kotamama

大理石柄で高級感

こちらのユーザーさんは、洗面台の鏡のまわりに大理石模様の100均のリメイクシートを貼っています。壁やコップなどがホワイトでシンプルにまとめられており、清潔感もバッチリです。白磁の歯ブラシスタンドも、高級感をアップしてくれていますね。

リメイクシートを腰壁風に

洗面所の壁にダイソーのリメイクシートを腰壁風に貼っている、こちらのユーザーさん。落ち着いた淡いブルーの壁が、とても魅力的です。洗面台まわりのブラウンが効いていて、可愛らしくなりすぎずにとてもしっとりしたムードになっています。カフェ風の洗面所は、使うたびにワクワクしそうですね。

給湯器をなかったことに

窓のない暗い洗面所をペパーミントグリーンに塗り替えたという、こちらのユーザーさん。洗面台の横の壁のような部分は旧式の給湯器で、ユーザーさんはそこにダイソーのブルーのリメイクシートを貼ってディスプレイコーナーにしています。給湯器の存在感が全く感じられず、お見事です。

一番目のいく鏡のリメイク

洗面所で一番視線が向くのは、なんと言っても鏡ですよね。鏡の印象を変えることで、洗面所全体の印象もまるで違ってきます。次にご紹介するのは、鏡をリメイクしているユーザーさんたちの実例です。鏡に木枠を取りつけたり、洗面台の上の部分を外して新しく鏡を取りつけたりと、ユーザーさんたちのアイディアが光ります。

木枠をつけてナチュラルに

洗面所の既製品の大きな鏡に木枠をつけた、こちらのユーザーさん。蛍光灯のまわりやガラス扉のついた収納棚にも木枠を使用してリメイクしています。洗面所が一気にナチュラルテイストになりましたね。鏡の下のタイルも、ユーザーさんのDIYだそうですよ。

鏡の立ち上がりにタイルシートを貼り木枠をつけました 味気ない蛍光灯は木枠とガラスシートでカバー プラスチック製のニッチ棚も木枠とガラスシートをつけ、背面の壁にもオープン棚をDIY DIYで憧れの造作洗面台風にリメイクしたお気に入りスペースです
ladybug.

鏡を付け替えてムードたっぷり

ホワイトインテリアが魅力的なこちらのユーザーさんは、既製洗面台の上部分を取り外して鏡と棚を取り付けています。棚受け部分の曲線的なデザインが優雅ですね。板壁風のリメイクシートを貼った扉も、ナチュラルなムードを感じさせてくれます。まるで、外国のバスルームのようです。

ミラーキャビネットで収納も

ブルーグリーンの壁紙がさわやかな、こちらの洗面所。ユーザーさんは、洗面台の鏡部分を外してIKEAのミラーキャビネットを取り付けています。ミラーキャビネットには、オイルステインで色を塗ってあるそうです。すっきりとしたデザインの鏡は、収納もたっぷりできそうですね。

収納部分をリメイク

最後にご紹介するのは、洗面所の鏡まわりの収納をリメイクしている実例です。洗面所の上部分にある収納は見せる収納になっていることも多く、どうしてもゴチャゴチャとした印象になってしまいますよね。ユーザーさんたちは、リメイクして見事にすっきりとさせています。どうぞご覧ください。

板にワイヤーバスケットなどですっきり

洗面台脇の壁にホームセンターで購入した板を打ち付けている、こちらのユーザーさん。板には棚やワイヤーバスケットなどを取り付けて、収納に使っています。とても雰囲気のあるカッコイイ見せる収納になりました。歯ブラシの収納もすっきりとしていて、気持ちがいいですね。

収納棚に扉をつける

こちらのユーザーさんは既製品の洗面台にペンキで色を塗り、収納棚部分に木で扉をつけました。木の部分が重くならないように材料は軽い桐を使い、強力タイプの両面テープで取り付けているとのこと。リメイクに使う木の材質にも気を配っているところが、さすがですね!

20年使って黄色く変色した洗面台のプラスチックをペンキで白く塗って、木で扉をつけました。 今まで扉がなく、乱雑に見えていたヘアスプレー缶などが隠れてスッキリしたのでとてもきにいっています。 壁はセリアのレンガシートを貼って、プラスチックのタオル掛けもセリアのアイアン風のものにつけかえました。錆び付いていたランドリーラックもペンキで白く塗りました。
inpachensu

木枠をつけて男前なデザインに

男前なムードがかっこいい、こちらの洗面所。ユーザーさんは、収納部分のまわりに木枠と扉を作っています。土台になる下の板は、壁に固定してあるそうです。扉に金網を使用しているところが、ムードたっぷりですね。既製品の洗面台の面影が全くありません。お見事なリメイクです。


どうしても生活感の出てしまう洗面所ですが、ユーザーさんたちは見事なアイディアでリメイクされていました。リメイクシートを貼るだけでも、かなり印象が変わりましたね。洗面所をなんとかしたいと感じたら、ぜひ参考にしてみてください。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「洗面所 リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク