「29m2。ふんわり優しい気持ちになる、暮らしやすいホワイトルーム」 by s.roomさん

「29m2。ふんわり優しい気持ちになる、暮らしやすいホワイトルーム」 by s.roomさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、ふんわりキュートなホワイトインテリアで1Kコーディネートを楽しんでいるs.roomさんに、お部屋づくりについて伺いました。素敵なお部屋づくりのコツや、こだわりをたくさん教えていただきました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

ひとり暮らしをはじめて、1年ちょっと経ちました。RoomClipを通して、自分の好きなものや好きな空間、アイディアが、少しでも誰かの参考になればと思っています。これからも投稿していきたいです。

お住まい

  • お住まいの地域: 神奈川県
  • お部屋の種別: 1K(キッチンと居室がドア等で仕切られている)
  • 居住面積: 29.81m2
  • 家賃: 70,000円
  • この家に住む人: 自分
  • ご職業: 事務職
  • 趣味: ハンドメイド(アクセサリー等を制作)

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

s.roomさん

「日当たりや立地も良く、新築で設備が希望以上に整っていたため、この部屋に決めました。また、初めてのひとり暮らしで、最初少し不安を抱きながらマンションを訪れたのですが、そこは私が生まれたクリニックの前だったのです。ご縁を感じ、不思議と不安がなくなったのも決め手でした。」

お部屋のこだわりを教えてください

s.roomさん

「家具などは、ホワイト×グレーをメインに揃えました。好きな小物を並べ、視覚で楽しみながら、気分が晴れるような部屋づくりをいつも心がけています。また、圧迫感のない低めの家具で揃えたことで、ホワイトカラーの明るい効果が部屋全体に行き届きます。ものが散らからないよう、収納にも工夫しています。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

s.roomさん

「ソファーです。スマホを見たり、テレビや録画したドラマなど見ています。」

とっておきのホワイトアイテムでつくる、快適空間【ここがポイント!僕&私の工夫】

①インテリアとしても優秀な作業デスク

s.roomさん

「デスクは、主にアクセサリーを制作する際に使います。そのために必要なパーツや道具がたくさんあるのですが、収納力抜群のこのデスクは、全て引き受けてくれます。使用していないときはチェストを中にしまい、手作りカフェカーテンやアクセサリーパーツをつけて、カウンターにも見えるようにアレンジしました。」

②寝心地も使い勝手も良いベッド

s.roomさん

「ベッドはヘッドボードにものが置けるようになっているので、小物を飾っています。真ん中はスマホやタブレットが立てられるくぼみがあり、コンセントだけでなく、USBで充電できるようになっていて便利です。マットレスの風通しを重視して、下がすのこになっているタイプを選びました。」

③大切なものと過ごす、リクライニングローソファ

s.roomさん

「ソファーは、広げて寝ることもできる折り畳み式ローソファーです。リクライニングで、好きな角度に調整もできます。また、カバー代わりとして気に入っているのが、肌触りのいいIKEAのオフェーリア毛布。こちらは、他のSNSでも質問が多いアイテムです。グレーの星柄クッションと、大切な人に買ってもらったシェリーメイのぬいぐるみをいつも置いています。」

④シーンに合わせて使い分ける2枚のラグ

s.roomさん

「ラグはふたつあるのですが、こちらのアイボリーのラグをメイン使いしています。洗い替えやデスク用のイスを使うときには、グレーのラグを使っています。アイボリーのラグは、コットンタオル生地で手触りがとても気持ち良く、夏でもサラサラ快適です。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMD&S オーブントースター
PRICE7,700円(税込)

北欧デザインのD&Sのオーブントースターです。フロント部分がミラー調のガラスでできているため、スタイリッシュなところが気に入っています。温めるとフロント部分がミラー調からクリアになり、中が見えはじめる瞬間が好きです。お手入れしやいところもポイントです。休日は、これでつくったサクサクのチーズトーストを食べるのが、楽しみのひとつとなっています。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

s.roomさん

「手軽に楽しめ、お手入れがいらないフェイクグリーンやフェイクフラワーを取り入れて、雰囲気の変化を楽しみたいです。」

お話をお伺いして

s.roomさんは、1Kの居室を家具でゾーニングされています。窓際にリビング&ダイニング、動線を境にしながら手前側にベッドとワークスペースを設けることで、メリハリのある自分らしい日常を、丁寧にメイクされています。また、ゾーニングはしっかりとしつつも、全体が見事なまでのホワイトで統一されているのも特徴的。ホワイトを追求すると、時にまぶしくなってしまうこともあるのですが、s.roomさんの場合は、ふんわりと綿菓子のように優しく可愛いホワイトで包み込んでくれます。

自分の暮らしに必要なものは何か、ストレスなくリラックスするためにはどんな形や素材が良いのか、吟味し厳選しながらインテリアづくりをされているからこそ、こうした心地よくゆるやかな空間をつくり出すことができるのではないでしょうか。好きなもの好きな色と、優しい気持ちでつくり上げるs.roomさんのインテリア、ぜひ、参考にしてみてください。


s.roomさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク