工夫しだいで開放感のある空間が作れる!お部屋を広く見せるテクニック10

工夫しだいで開放感のある空間が作れる!お部屋を広く見せるテクニック10

広々としたお部屋に住みたい、そう思ったことがある方は多いのではないでしょうか。今回は、今住んでいるお部屋をより広く見せるための工夫についてご紹介していきます。すぐに取り入れられるものから、家を建てるときやリフォームのときに取り入れたいものまで、参考になるテクニックを見ていきましょう。

視界を遮らない家具を

最初に、どのような家具を取り入れるとお部屋がより広く見えるのかを見ていきたいと思います。視界を遮らないもの、というのがどの家具にも共通する特徴ですよ。

ローソファを選ぶ

こちらのシンプルナチュラルなお部屋では、ローソファが取り入れられています。背もたれの高さが低いため、リビング全体を見渡すことができ、とても広々と感じる空間となっていますね。アイボリーやブラウンといった落ち着いた同系色のカラーリングでまとめられたことで、よりすっきりと見せることにも成功されています。

目線が下がるからか、ローソファにしてから部屋が広く感じる気がします🤔✨
mayo

ガラスで軽やかさを

洗練されたお部屋によく似合う、ガラス天板のダイニングテーブルを用いられている実例です。ガラスは透明感があること、そして光を反射することから、明るく軽やかな印象をお部屋に与え、開放感のある空間を作り出してくれますね。また、ガラス越しに床が見えることで、床面積が広く感じられるのもGOODです。

細身のデザインで

ホワイトインテリアは、それだけでもお部屋を広く見せてくれる効果があります。こちらの実例では、さらにそこに細身のフレームの家具を合わせることで、よりシャープで広さを強調するコーディネートとなっていますね。さまざまな形の椅子を取り入れるなど、シンプルな中にも遊び心のあるインテリアが素敵です。

オープンシェルフがおすすめ

お部屋の中に棚を設置したいと思ったときには、このようにオープンシェルフを取り入れるのがおすすめです。シェルフの中も余白を十分に取りながらディスプレイすることで、空間の中のおしゃれなアクセントになりつつ、空間の広がりを遮ることがありませんね。雑誌の1ページのような完成度の高さに脱帽です。

お部屋を広く見せるテクニック

次に、お部屋を広く見せるために取り入れたいテクニックをご紹介していきます。すぐにでも真似したくなるユーザーさんたちの工夫は、参考になること間違いなしですよ。

ラグを敷かずに床を見せる

ラグを敷かずに床全体を見せると、このとおり広々とした印象を与えてくれます。美しい床の木目と、温かみのある家具との相性が抜群で、北欧風のモダンな空間が作り出されていますね。厳選されたものだけが置かれているリビングダイニングは、とても居心地が良さそうです。

床が見えるように空間を設ける

シンプルさがかっこいい、床から浮かせた造作テレビボード。このように床を見せるようにすると、空間が広く感じられる効果があるのがよく分かりますね。脚付きの家具を取り入れる、また、物を床に直置きせずスツールなどの上に置くようにするなど、床が見えるような工夫を取り入れてみてはいかがでしょうか。

鏡を効果的に使う

大きめの鏡は、空間を広く見せたいときに強い味方となってくれるアイテムです。こちらの実例では食器棚に鏡を取り付けたことで、お部屋に奥行きが感じられますね。デザイン性が高いものを選べば、インテリア雑貨として楽しめるのも◎。鏡に映るインテリアまでおしゃれで、見惚れてしまいます。

少しでも広く見えるように食器棚にはIKEAの鏡を貼り付けてます(*^^*)
rinrin

覚えておきたいお部屋の作り方

最後に、家をたてるときやリフォームをするときなどに覚えておきたい、お部屋の作り方を見ていきたいと思います。広く見せるためには、どのようなポイントがあるのでしょうか?

色は寒色系で

部屋を広く見せたいときには、「後退色」とも呼ばれる寒色系を使うのがおすすめです。特にこのように壁一面に取り入れるなど広い面積で使うと、その効果はより強まりますよ。明るいブルーは空や海も連想させ、開放感も抜群。爽やかな気持ちで過ごせそうなお部屋となっていますね。

見せ梁で天井を高く

見せ梁をして天井の位置を高くすると、その分空間に余裕が感じられるようになります。また、見せ梁が天井のアクセントにもなり、お部屋に個性的な表情をプラスしてくれるのもいいですね。お部屋を広く見せたいときには、ぜひこのように上下の空間の広がりにも注目してみましょう。

横のラインを意識する

こちらの実例は、横のラインがとても印象的です。このように横のラインが強調されると、視覚効果でお部屋はより広々として見えるのがいいですね。窓とオープンシェルフのところに雑貨をぐっとまとめて、緩急のあるディスプレイとなっているのも、ぜひ真似したいテクニックです。

すごい素敵ですね!開放感あって羨ましいです✨
U-tan

同じ広さのお部屋でも、色使いや取り入れる家具などによって、見た目の広さというのは大きく変わってきます。ご紹介してきたような工夫を取り入れて、ゆったりとした気持ちで過ごせる空間作りをしてみてくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「広く見せる」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク