「クリアファイルでつくる、衛生を保ちやすい簡単マスクケース」 by N.さん

「クリアファイルでつくる、衛生を保ちやすい簡単マスクケース」 by N.さん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回アイデアを教えていただくのは、ナチュラルで穏やかなインテリアをシンプルに楽しまれているN.さんです。重宝するマスクケースを、一枚のクリアファイルからサッとつくり出せてしまいます。職場や学校で、食事などの際マスクの置き場に困っている方、特に必見です。

教えてくれた人

RoomClipをきっかけに、インテリアやDIYに興味を持ちはじめました。 DIY初心者ですが、リメイクなどをこれからも楽しんでいこうと思ってます。

必要なもの

所要時間

6分

購入する材料 計2アイテム 200円(税抜)

  • A4クリアファイル 1枚(透明)【ダイソー 売場:オフィス/文具】
  • ファスナーテープ(接着タイプ) 1シート【ダイソー 売場:その他】

必要な道具

  • 定規
  • ハサミ
  • 両面テープ
  • 印をつけるためのペン(ボールペンなど)
  • 目隠し用の紙(英字ペーパーなど) ※100均で購入することも可能

つくりかた

STEP1

※普通サイズ(大人用)の紙マスクサイズで作成していきます※ まずクリアファイルの、上から11cmのところで横にカットします。画像の黒い線の位置を参考にしてください。

STEP2

カットしたら、画像のようにファイルを広げます。もとの折り目を中心に、左側へ10cmのところに縦線(A)を、そこからさらに9.5cmのところに縦線(B)を書き、縦線(B)でカットしていきます。 同じように右側も中心だった部分から10.5cmのところに縦線(C)、そこからさらに右に3cmのところに縦線(D)を書き、縦線(D)でカットしてください。

見づらいかもしれませんが、画像を参考に、縦線(B)のエリアに両面テープを貼っておきましょう。※これは目隠し用の紙を貼るためです。ちなみに、縦線(D)の狭いエリアは、完成形だとフラップになる部分です。

STEP3

STEP2で付けた各縦線で折り目をつけてください。また縦線(A)には、あらかじめサイズを合わせてカットしておいた目隠し用の紙をセットします。縦線(B)のエリアに貼っておいた両面テープの紙を剥がし、貼り合わせていきます。

STEP4

折り目通りに左側から順に折っていくと、このようにマスクケースの形になります。フラップとその対面にそれぞれ、1×2.5cmにカットしたファスナーテープを貼れば、基本的には完成です。

ここからの作業は、お好みで加えてください。私は、フラップの折り目の左右両端にそれぞれ1cmの切れ込みを入れています。こうしておくと、マスクの紐を通しておけるので便利です。

マスクのある生活をより快適に

この時代、マスクとの付き合い方を改めて考えさせられます。そうした中、マスクケースは注目アイテムではないでしょうか。予備のマスクを持ち歩くとき、一時的にマスクを外したとき、きっと重宝します。

でも、マスクは子供用、大人用、ちょっと小さめと、サイズがまちまち……全サイズに対応するケースはなかなかありません。N.さんのレシピなら、クリアファイルだからサイズ調整も楽々です。目隠しの紙次第で、つかい手の好みに合わせることもできます♪ケース自体の衛生も気になるところですが、これなら除菌シートを使えるので安心。ぜひ、自分にぴったりな日々のお供をDIYで手に入れてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • クリアファイルの角はそのままだと鋭く、ケガをしやすいかもしれません。全ての角を少し、ハサミでカットしておくと安全に作業ができます。
  • ファスナーテープの柔らかい方をフラップ側に、硬い方を本体側にして貼り付ける方が、マスクの出し入れの際の引っ掛かりがすくないようです。

N.さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

関連記事

RoomClipの関連リンク