心身もお部屋もより美しく♡美容家電の使いやすい収納アイディア

心身もお部屋もより美しく♡美容家電の使いやすい収納アイディア

お肌や髪をよりよい状態にしてくれる、美容家電。1つと言わず2つ、3つとお持ちの方も多いのではないでしょうか。心身を美しくしてくれる美容家電ですが、難しいのはその収納方法。さまざまな形状でコード類もある美容家電を上手に収納するのは、至難の業です。そこで今回は、美容家電の収納アイディアをご紹介します!

洗面所でスッキリ収納

まずご紹介するのは、洗面所で美容家電を収納している実例です。お風呂上りや洗顔後などにそのまま使いたい美容家電は、洗面所収納が便利。スマートに収納できるアイディアは、必見です。

towerのホルダーを活用

towerのホルダーを使って、ドライヤーやアイロン、コテなどの収納をしている実例です。実例のように美容家電の色が統一されていると、オープン収納でもスッキリ感がありますね。ちょうど鏡を見ながらでも、手に取りやすい位置にあるのもポイントです。

セリアのハンギングラックも便利

こちらのユーザーさんは、セリアのハンギングラックを使ってドライヤーを収納しています。奥行部分はご自身で調節されたとのことで、ぴったりに仕上がっていますね。ゆとりのあるサイズ感で、気軽にぽいっと収納できそうです。

奥行きが足りなかったのでペンチでカットして収納しやすいように工夫しました! 少しはスッキリ見えるようになったかな🤔
takito1974

ファイルケースに入れる

こちらはなんと、ファイルケースにヘアアイロンを入れて収納している実例です。コードがからまりがちなヘアアイロンも、スッキリまとまっていますね。出し入れもしやすそうなナイスアイディアです。

専用ケースも活用

ダイソーのヘアアイロンケースを使って、ヘアアイロンを収納しているユーザーさん。ケースに入れることでコードも気にならず、スマートにまとめられるようになったのだそう。タグをつけて、ストレート用とコテを分けているそうです。カゴに入れると見栄えもよくなっていいですね。

いつもヘアアイロンは本体にコードをくるくるして、洗面下の収納に立て掛けていたけど、あまりスマートな収納じゃなくて⤵️ 試しにコレ買ってみたら、ストレートアイロンとコテ用、両方ぴったり🙌🎶 区別つくように、家にあったLOVE HOMEのタグの裏に名前を書いて付けました😊 ヘアアイロン収納に困ってる方、オススメです~\( *´ω`* )/
mri.y96

ドレッサーにスッキリ

続いてご紹介するのは、ドレッサーに美容家電を収納している実例です。スキンケアやメイクをドレッサーでしているという方には、特におすすめのアイディアが満載です。意外な場所を使うアイディアもありますよ。

机下に引き出しをプラス

無印良品のスライドできるカゴをご自身で取り付けて、ドレッサーに引き出しをプラスしている実例です。中には、ドライヤーやアイロンを入れているのだそう。カゴタイプの収納は、通気性がいいのもうれしいですよね。スッキリと爽やかな雰囲気にまとまっています。

椅子を活用

こちらのユーザーさんは、収納も兼ねられる椅子をドレッサーにて活用。大きな美顔器などが、なんと3つも入っているのだそうです。生活感なく大き目の美容家電を収納できるアイディアは、ぜひ真似したいですね。

無印も便利

無印良品のファイルボックスに、ヘアアイロン等を収納している実例です。美容家電だけではなく、メイクグッズなども一緒に収納できるのが便利ですね。実例のように、ファイルボックスにはポケットを取り付けると、細かいものも上手に収納できます。

こんな収納も便利です

最後にご紹介するのは、自在に動かせるアイテムやちょっとの隙間を活用できる収納アイディアです。洗面所やドレッサーまわり以外の場所に美容家電を置きたい……とお考えの方にもおすすめです。

ワゴンを使って

ワゴンに、美容家電やコスメなどをたくさん収納しているユーザーさん。こちらのワゴンは、洗面所を出たところに置いているそう。キャスターがついていて、移動もしやすそうですね。キュートなぬいぐるみも置いてあり、見ているだけで心和むコーナーになっています。

デッドスペースを活用

こちらのユーザーさんは、テレビ裏というデッドスペースを美容家電や鏡の置き場にしています。使うときにさっと出せるのがうれしいですね。ホコリ対策にレースをかけているとのことで、見た目も使い勝手もいいアイディアです。

Wi-Fi機器やよく使うスチーマー・スタンドミラーなどは、TVの後ろに隠して 埃対策にレースを被せるという見えない収納。
cheekayo

箱に入れるのも◎

シンプルなボックスに、脱毛器を収納している実例です。実例のようにコード等も一緒に収納しておくと、必要なときにすぐに手に取れますね。蓋つきのボックスなら、ホコリや目線もカットできます。


美容家電の収納アイディアをご紹介しました。肌や髪などを活き活きとさせてくれる美容家電は、出し入れもしやすく収納しておきたいもの。ぜひ実例を参考に、ご自宅の美容家電も上手に収納してみてください。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「ヘアケア 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク