デッドスペースのままはもったいない!キッチンカウンター下の収納アイデア

デッドスペースのままはもったいない!キッチンカウンター下の収納アイデア

対面キッチンカウンターの下は少し奥行があるので、自由度が高く利用できるスペースです。家族が集まる場所なので、いろいろな物の収納場所として活用するユーザーさんも多いようですよ。そこで今回は、カウンター下の有効活用アイデアをご紹介します。目線より低い場所なので、圧迫感を与えずに使えるのもポイントです。

キッチン・リビングまわりで使うものを収納

キッチンカウンターの下は、キッチン・ダイニング・リビングのどこからでもアクセスしやすいので、日用品の置き場所に最適です。造作の棚がなくても、収納家具やワゴンなどを使って収納場所にすることができますよ。環境に合ったタイプの収納アイテムを取り入れれば、より快適さもアップします。

引き出し収納で日用雑貨を出し入れしやすく

stさんは、カウンター下にキャビネットを置いて、収納スペースとして活用していました。引き出しタイプなので、文房具などの細かな雑貨もスマートに管理することができます。奥行が浅めの収納なので、扱いやすいように余裕を持った収納を心掛けているという点もポイントですね。

食器や薬、文房具などをまとめて

家族が共有して使うアイテムを、一挙にまとめて収納しているjuncocoさん。食器や薬、文房具などさまざまですが、この場所にまとまっているという認識を持てるので、家族みんなが使いやすいスペースになっています。扉付きなら、無駄なく大容量収納ができるうえ、ペットや小さなお子さんがいても安心です。

ダイニングで必要なものをワゴンに常備

tttbbbさんは、固定の収納家具ではなく、移動ができるワゴンでカウンター下を活用していました。ここにダイニングテーブルで使うアイテムを置いて、テーブルの上をすっきりとさせているんだそうです。使うとき以外はここを待機場所にできるので、お部屋も広く使えます。

これでダイニングで必要なティッシュなどをテーブル上に置きっぱにしないでスッキリ暮らせています。 バスケット間の高さが工具なしで自由に変えられるので、収納するものに合わせて調節出来るから便利なワゴンです!
tttbbb

インテリアに映えるディスプレイ収納にも

カウンターの下は、ディスプレイを兼ねた収納場所にも最適なスペースです。面積が限られているのでバランスもとりやすく、好みのコーナーを作ることができそうですね。オープン棚や壁面用家具などを使って、趣味のスペースやインテリア作りの一環として利用してみてはいかがでしょうか。

オープン棚でコレクションの食器を

まるで和食器屋さんのようなochoriさんのお部屋。カウンター下に木製のオープン棚を設置して、見せる収納を実践されていました。普段は使わないけれど、しまいこんでしまうのはもったいない素敵な食器の特等席を作っています。インテリアとしても味を発揮し、いざ使いたいときにすぐに取り出せるベストな収納です。

絵本は面陳で表紙を見せる

こちらは、カウンター下の壁を利用するというjunさんのアイデアです。IKEAのディスプレイシェルフを取り付けて、絵本の収納場所にしていました。絵本は横幅が広めですが、表紙が見えるように置けば、奥行の浅い所にも収まります。お子さんが自分で手に取りやすいので、読書習慣も身に付きやすそうです。

カウンター下のスペースにIKEAのディスプレイシェルフ(MALMBÄCK マルムベック)で娘の絵本棚に。ビスは打ちたくなかったので、DAISOの固定ピンフック(耐荷重5kg)で取り付けました。
jun

見逃してしまいがちなカウンター下ですが、面積以上の活躍で快適さを格上げできます。奥行は浅めですが、だからこそお部屋の広さをキープしたまま収納場所を増やせそうです。ぜひお部屋作りの見直しに取り入れてみてくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「カウンター下」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

おうち時間を楽しむ!ダイニングインテリア特集

関連記事

RoomClipの関連リンク