「使いやすさも見た目も家族思いの、優しく整った収納づくり」 by mi3.jpさん

「使いやすさも見た目も家族思いの、優しく整った収納づくり」 by mi3.jpさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、好みの雰囲気ですっきりとまとめた、眺めても暮らしても心地の良い家づくりをされているmi3.jpさんに収納の工夫やこだわりをお伺いしていきます。

今回教えてくれたユーザーさん♪

4歳と0歳の女の子、夫、私の4人家族です。建売りで戸建てを購入し、好みの変わりや環境変わりで模様替えするのが好きです。

使いやすさも見た目も整える

mi3.jpさん宅は、すっきりと明るい空間です。でも、そこには好きなもの、アイコン、雑貨、彩りがきちんとあります。それでもごちゃつくことはなく、すっきりとまとめるには収納や整頓に秘訣があるはず……!と思い、まず衣類収納を例として拝見させていただきました。するとそこにあったのは、ショップディスプレイさながらに整った美しい景色。どんなことを意識すると、裏表関係なく整えることができるのでしょう……。mi3.jpさんが収納づくりで大切にしていることを教えてください!

mi3.jpさん

「自分だけでなく、家族の使いやすさを優先した収納を意識しています。そのうえで、見た目にも気を使いました。」

なるほど、見た目だけではいけないんですね。確かに、そればかりでは日々使うごとに美しさは失われていくように思います。あくまで使いやすさ第一。この意識を持つことが、より良い収納づくりには欠かせません。ここからはmi3.jpさんが実践する家族みんなが使いやすい工夫と、見た目を演出するテクニックに詳しく迫っていきます。『スマートに絵になる暮らしがしたい』と考えている方は特に必見のアイデアばかりですので、ぜひお見逃しなく。

家族が使いやすい見せる収納をつくる3つの工夫

その1 一番、目につく場所は魅せる

mi3.jpさん

「我が家のリビングは2階にあります。階段をあがるとすぐ、正面に見えるのがこの景色。家の顔ともなる場所なので、よく使うものを置きつつも飾りつけを加えて『魅せる』スタイリングにしています。」

その2 子どもが使うものは下に配置

mi3.jpさん

「カラーボックスは高さの出る縦置きではなく、子どもも使いやすいように横置きにしています。触って欲しくないものがある場所には扉を付けました。お世話セットや絵本、おもちゃなど、写真のカラーボックスに子どもに関するものがほとんどまとまっています。」

その3 細かいものには家と住所を与える

mi3.jpさん

「薬や電池のストック、掃除用品といった細かいものには、しっかり居場所を与えて、あちこちに散らばらないようにしています。見た目もゴチャつかないように、統一したBOXを活用しています。」

オススメの収納アイテム

ITEMIKEAのエーケト(キャビネット)
PRICE13,500円(税込)

シンプルなデザインでアレンジしやすく、気に入っています。サイズだけでなく脚の有無も選べるので、どんなお部屋にも置けるアイテムだと思います。こちらに限らずIKEAの家具を多数愛用しています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

mi3.jpさん

「ものの住所を決めると、とても楽になります!ただしまい込むより、自分の好きな色やアイテム、雰囲気で収納をスタイリングすると片付けのモチベーションも高まるのではないでしょうか。」

何を使いどうしまうかがシンプルに大事

mi3.jpさんの収納は眺めとして美しく、見ていてワクワクします。けれども、ご家族みなさんの使いやすさにも配慮された優しい収納でもありました。この両立、なかなか難しいんです。だからこそ、今回教えていただいたmi3.jpさんのアイデアやテクニックは、すぐにでも実践したいものばかり。

カラーボックスの向きひとつでも、家族に合ったカタチは違います。また、どこもかしこも飾るのではなく、飾るべきポイントを見極めてスタイリングしているのもmi3.jpさんのスマートなところ。そろえやすく、並べやすいデザインの収納シリーズを見つけておくのもきっと大切です。ぜひ、眺めても暮らしても心地良い収納づくりの参考にしてみてください。


mi3.jpさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

最近見た商品

みんなが選んだ!暮らしのちょっといいもの特集

関連記事

RoomClipショッピングの関連リンク