枕元のインテリア実例

490件
関連度順
1 2 3 ・・・ 10 ・・・ 次へ
1〜36枚を表示 / 全490枚

関連する記事

快眠と爽やかな朝のために☆枕元に置いているお気に入りのアイテム
快眠と爽やかな朝のために☆枕元に置いているお気に入りのアイテム
1日の疲れを癒し、次の日の活力を養うための大切な時間である睡眠。そんな眠りの質を上げ、爽やかな目覚めを叶えるために、RoomClipユーザーさんはお気に入りアイテムを枕元に置かれています。気持ちを落ち着かせてくれるものやリラックスグッズなど、体調や気分に合わせて使えるアイテムを毎日に取り入れましょう。
快適な眠りは枕元から♪機能もデザインもおすすめしたい枕カバー
快適な眠りは枕元から♪機能もデザインもおすすめしたい枕カバー
大きな面積を占める布団カバーやベッドカバーに隠れてしまいがちな枕ですが、快適な眠りに欠かせないアイテムの1つです。今回は、そんな枕カバーをコーディネートの一部として使われているユーザーさんの実例をご紹介します。高級感のあるホテルライクなものから、色や柄の組み合わせが楽しいものまでさまざまですよ。
手の届く範囲にあると便利でうれしい☆ベッドサイドに置きたいアイテム11選
手の届く範囲にあると便利でうれしい☆ベッドサイドに置きたいアイテム11選
みなさんは枕元に何を置いていますか?睡眠のためのグッズであったり、リラックスタイムの相棒だったり。今回は、実際にユーザーさんがベッドサイドに置いて愛用しているアイテムをご紹介します。どんなアイテムをどのように置いているのか、使っているアイテムのこだわりもぜひご覧ください。
上質な空間に♡リラックスできるベッドルームづくりのコツ
上質な空間に♡リラックスできるベッドルームづくりのコツ
ベッドルームは、毎日過ごす大切な場所。細部までインテリアにこだわっている方も多いのではないでしょうか。気持ちよく過ごせる空間にすることで、夜寝る前のひとときをリラックスして過ごすことができますよ。早速、RoomClipユーザーさんの実例を見てみましょう。
子ども部屋でのウォールステッカー活用術
子ども部屋でのウォールステッカー活用術
貼りやすい、そして剥がしやすいウォールステッカーを子ども部屋に活用してみませんか?ダイソーや3coinsなどには様々なウォールステッカーが用意されています。子どもたちだけの特別な空間である子ども部屋でもウォールステッカーは大活躍です。RoomClipからウォールステッカーを使った素敵なインテリアをご紹介します!
夢見心地のベッドサイド!寝ても覚めてもうれしくなる寝室
夢見心地のベッドサイド!寝ても覚めてもうれしくなる寝室
夜、眠りに就くときも、朝、目が覚めたときも、心地よくいられる寝室が理想ですよね。枕元にあると便利なものや、満たされた気分になるもの、ベッド脇にあるクローゼットの収納方法など、快適なベッドサイドの設計で、夢見るように素敵なベッドルームで暮らしている実例をご紹介します。
寝室で大活躍!IKEA商品でベッドサイドをコーディネート
寝室で大活躍!IKEA商品でベッドサイドをコーディネート
洗練されたインテリアアイテムがほしいと思ったとき、IKEAに行けば何かが見つかりそうですよね!今回は、そんなIKEA商品の中でも、特にベッドサイドでつかいたいアイテムをご紹介します。落ち着いた大人な雰囲気の中で眠りにつくのを助けてくれる、そんな商品がたくさんありましたよ♪
睡眠の質をあげて毎朝すっきり♪無印良品の快眠グッズ10選
睡眠の質をあげて毎朝すっきり♪無印良品の快眠グッズ10選
朝起きてなんとなくスッキリしないのは、もしかしたら眠りが浅いせいかもしれません。そんな時は、睡眠環境を見直してみたり、眠りを誘うアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?今回は、無印良品の商品の中から睡眠の質をあげてくれるグッズをご紹介します。
寝室で眺めてうっとり♪アルテックのスツールは魅力が満載
寝室で眺めてうっとり♪アルテックのスツールは魅力が満載
家のどこにあっても大活躍のアイテムといえば、スツール。中でも北欧ブランドのアルテックのスツールは、人気のアイテムです。そのスツールを寝室で愛用されている方がいらっしゃいますが、その活用法は参考になるものばかりです。皆さんがどのような使い方をしているのか、実例を参考に紹介します。
ベッド周りを快適に!寝室でよく使う小物収納のヒント10選
ベッド周りを快適に!寝室でよく使う小物収納のヒント10選
寝室は毎日の疲れを癒してくれる大切な場所です。リラックスできるように、なるべく身の回りをスッキリとさせたいですよね。今回は、特に小物類が集まりやすいベッド周りを中心に、寝室の収納実例を紹介します。収納上手なRoomClipユーザーさんたちがどのような工夫をしているのか、さっそく見てみましょう!