隠れる場所でも見た目は大事!こだわりのシンプル収納

隠れる場所でも見た目は大事!こだわりのシンプル収納

普段、人には見せない収納場所。隠れるから、と油断していませんか?隠れる場所だからこそ、こだわりを持った収納づくりをしておくことで、全体に統一感が生まれ、すっきりシンプルを作り上げることができます。ここでは、RoomClipユーザーさんのこだわりの収納をテーマごとにご紹介します。

入れ物にこだわった収納

シンプルですっきりな見た目にするには、統一感が大切。収納するときに、元々の容器をそのまま使用するのではなく、同じ種類の容器に移し替えることで、見た目の印象は大きく変わります。

見えない入れ物でそろえる

色をそろえることは、シンプルですっきりの一番の近道。特に、この写真のように白でそろえると、清潔感もバツグンです。また、透明・半透明の容器を避けることで、中身の色や形が気にならず、簡単に統一感を作ることができます。

ダイソーのホワイトボックス。細かいものを入れておくのに便利です。我が家ではティーパックなどを入れてます。並べておいてもスッキリします。
legomama
キッチン収納はダイソーのボックスやイケアのケースを白に統一しただけ。色を統一するとスッキリ見えます。
legomama

密閉容器で乾物保存

少しずつ使う乾物類は、袋や箱の色やサイズがまちまちなだけではなく、かさばって余分な収納場所をとってしまうというデメリットも。密閉式の保存容器に移し替えて保存すれば、場所の無駄もなく、見た目にもすっきり保存できます。中身が見える容器を使えば、ストック管理もしやすいですね。

奥の3つ並んでいるケース以外は、全てダイソーで購入したものばかりですよ!ピッタリ引き出しに収まって気持ちいいです(^^♪透明容器は上から確認出来てるので、使いやすいです
kaji
やっぱりぴったりだと気持ちがいいですね。
hatto-52072133

調味料はこだわりのビンで

冷蔵庫に保存する調味料も、こちらの写真のように、同じ容器に移し替えることで、それぞれの高さや幅がそろいすっきりします。大きさがふぞろいで、ドアを開けるたびにモノが動いたりする……なんてこともありませんね。これだけきれいにそろっていたら、お客様の前でも躊躇なくオープンできそうです。

ファイルボックスで書類整理

ファイルボックスと仕切りを利用しての書類整理は、ファイリングするより出し入れの手間が少なくてすみます。そして、全体を見渡しながら出し入れできることもポイントです。これだけたくさんの書類が入っていても、ボックスを棚にしまえば、書類の量は全く気にならず、一瞬ですっきりさせられます。

ラベルにこだわる

同じ容器にそろえたときに、中身の区別のためにも必要となるのがラベル。せっかく容器をそろえても、ラベルがバラバラだともったいないですよね。すっきりそろったこだわりのラベルで、シンプルで美しい見た目を作り出せますよ。

ラベルテープを使う

テプラやネームランドといったラベル作成用の機器を使うと、ラベルシールは手軽で簡単に作ることができます。オーソドックスなのは白テープに黒字ですが、この写真のように黒テープに白字にするとスタイリッシュな仕上がりに。透明テープに黒字も、文字だけプリントされたように見えておススメです。

オリジナルラベルを作る

パソコンやスマホアプリを使えば、オリジナルラベルを作ることもできます。他にはない自分だけのこだわりラベルでそろえたら、オリジナリティーあふれるすっきりシンプルな収納の完成です。市販にはない、特徴あるラベルであなたの個性を発揮してみては!

手書きしてみる

テープとペンさえあればできるのが手書きラベルの良さ。他とそろえることの難しさはありますが、独特の風合いや味が出せるのも手書きならではです。シンプルな作り方ながら、究極のオリジナルラベルは手書きなのかもしれませんね。

入れ方・置き方にこだわる

中身はバラバラのモノでも、入れ方や置き方にこだわることで、見た目のスッキリ感は全く違うものになります。また、この入れ方や置き方ひとつで、使いやすさも格段に違ってくるものです。使いやすくてスッキリなら、言うことなしですね。

ファイルボックスを使って縦置き

見た目もすっきりシンプルな縦置き収納の鍋やフライパン。ファイルボックスを使えば仕切りにもなり、縦置きしやすくなります。この写真のように、幅ごとにボックスの種類を使い分けてひとつずつ入れるようにすると、見た目も使いやすさもアップします。

重ねない収納で、ワンアクションでスッと取り出せます。
rara
これまではぐちゃぐちゃなキッチンだったんです(泣)鍋とフライパンだけで、3つの引き出しを占領していたので、この縦収納にしてから2つの引き出しが空きました!
rara

お皿も重ねず立てる

引き出し式の収納があるなら、お皿は立てて入れることをおススメします。量も入るし、出し入れしやすいですよ。ちゃんとお皿のサイズに合わせた仕切りをすることで、見た目にもすっきりして、使いたいお皿をサッと取り出せます。

並べ方にもこだわりを

扉を開けて、こんなふうに歯ブラシが並んでいたら、とっても気持ちいいですね。ただ並べるだけでなく、美しく並べることですっきり感は格段にあがります。ちょっとしたことですが、こういう小さなこだわりを持てるかどうかで、見た目づくりは大きく変わりますよ。


いかがでしたか?フルオープンにしてもよいほどの美しい収納の数々でしたね。見えない場所ほど丁寧に収納することは、おうち全体のすっきりシンプルにもつながるのではないでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「収納 こだわり」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ