シンプルな暮らしを送る基本ルール 10選

シンプルな暮らしを送る基本ルール 10選

余計なものは持たずシンプルに暮らす。そんな考え方に共感する人たちが増えています。『ミニマリスト』や『シンプリスト』などと呼ばれる人たちのように今すぐなるのは無理ですが、今日からでも、自分のできることからはじめてみませんか?そんなシンプルな暮らしを送るための基本ルールを今回はご紹介します。

ものを増やさない

シンプルな暮らしを送るためにまず最初に心がけたいことは、『物を増やさない』ことです。ものがあふれた部屋はシンプルとは言えませんよね。スッキリ片付いた部屋にするためにも、余計なものは置かない、増やさないことが大切です。

① 必要量を把握する

気がついたら食器棚に似たようなデザインのお皿やカトラリーがたくさん並んでた!なんてことありますよね。普段使いに必要な食器、来客用の食器など、本当に必要な量を一度確認してみましょう。必要な分以外の食器やカトラリーを処分すれば食器棚がスッキリするだけでなく、テーブルコーディネートもシンプルになりますよ。

シンプルで統一感のある収納、素敵です!
kao

② スペースに入る分以外のものは持たない

洋服や本など、ついつい増えてしまうものってどこのお家にもありますよね。収納しきれずにものがあふれていては、部屋が雑然としてしまいます。シンプルライフを目指すなら、洋服はタンスやクローゼットに入る分だけ、本は本棚に収まる分以上は買わない。または買ったのと同じ分だけ処分するなどの習慣をつけましょう。

我が家のメイン本棚はこれのみ。ここに収まらない物はなるべく家には入れないように注意しています。
ROCCO

③ 余分なストックは持たない

調味料や保存食、洗剤やトイレットペーパーなどのストック。特売だからと買いすぎていませんか?ストックも収納場所に収まる分以上は買わないようにしましょう。スッキリ片付くのはもちろん、うっかり賞味期限が切れてた!なんてこともなくなりますよ。

④ 必要なくなったものは処分する

以前は使っていたけれど、今は使わなくなってしまったもの。「いつか使うかも……」と思ってしまったままになっているもの、ありませんか?3ヵ月に1回、半年に1回など期間を決めて、必要度をチェックしましょう。滅多に使わないものはレンタルを利用したり、代用できるものがないか検討してみることも必要です。

レンタルは使用期間以外は返却して、メンテしてまたレンタルの確認が入ります。レンタル料を考えたら買えばと思いますが‥メンテと収納を考えたら選択ですネ!
takanapie

必要なものを買うときもシンプルなものを選ぶ

タオルなどの日用品を新しく買うときや家具・家電を買い換えるときは、シンプルなものを選ぶようにするのがオススメです。インテリアをシンプルに見せるときには見えるものを少なくするだけでなく、統一感を出すことも大事です。あまり個性的なものを選んでしまうと統一感を出すのが難しくなってしまいます。

⑤ 家具はシンプルで飽きのこないものを

リビングのソファーやテーブル、テレビ台など、リビングにある毎日目にする大きな家具は、シンプルなデザインのものを選ぶだけでお部屋はかなりスッキリみえます。面積の大きなラグやカーペットも同様です。ダイニングテーブルなども凝ったデザインのものよりシンプルなもののほうが片付いて見えますよ。

⑥ 小物は色やデザインを統一する

洗面所の棚に並んでいるタオル。色や柄がバラバラだとなんだかごちゃごちゃして見えますよね。タオルは無地かワンポイントなどのシンプルなものを選びましょう。洗剤やシャンプーの容器も同様に、同じデザインのシンプルな詰め替えボトルで統一し、ラベルも見やすくシンプルなものにするとスッキリした印象になりますね。

⑦ 収納用品は定番アイテムでそろえる

収納ボックスや分類ケースなどのアイテムは定番のシリーズものを使うことをオススメします。無印の収納ケースのようにデザインがシンプルでたくさんのサイズ展開があるものを選べば、並べて置いたときにも統一感がありスッキリ見えます。買い足すときも定番品なら同じものが手に入りやすいのもオススメのポイントです。

とても素敵ですね♪収納までとてもオシャレ!!毎日の暮らしが素敵になりそうです
Yacchi

ものにこだわりを持つ

シンプルな暮らしを送るためには持ち物を増やさないことが大事だとお話しましたが、余計なものを持たないからこそ、手元に置くものはこだわって選びたいものです。少ないものを大切に、長く使い続けることは、シンプルな暮らしを送るためだけでなく、エコや節約にもつながります。

⑧ 愛着の持てるものしか買わない

ものを買うとき値段だけで決めたり、「なんとなく」選んでいませんか?余計なものは持たずシンプルに暮らすなら、毎日使うものにこそこだわりを持ちましょう。自分でこだわって選んだものには愛着が生まれ、長く使い続けることができます。結果的に頻繁にものを買い換えたり余計なものを買わなくなるので節約にもなります。

⑨ デコレーションはシンプルに

「シンプルに」とか「ものを少なくする」ことにこだわりすぎて殺風景なお部屋になってしまったら、寂しく感じるかもしれません。観葉植物や家族の写真、小さな置物など、ちょっとした癒しがあるとお部屋の居心地が良くなります。ただし、増やしすぎには注意してくださいね。

⑩ 本当に必要か?を常に考える

何か欲しいものができたり、お店で素敵な雑貨や家具を見つけたときにはすぐに買ってはいけません。それは本当に必要なものですか?お家に置けるスペースはありますか?一旦冷静になって考えてみましょう。それでもどうしても欲しい、絶対必要だと思うものだけを買うようにすれば、余計なものが増えることもなくなりますよ。


シンプルな暮らしを送るための基本ルールをご紹介してきましたがいかがでしたか?シンプルに暮らすということは、身の周りのものを見直し、必要なものを取捨選択すること。さっそく今日から実践してみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「シンプルな暮らし ルール」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ