「適材適所が心地よい。シンプルに伸びやかに暮らせる家」 R.Y.Tさん

「適材適所が心地よい。シンプルに伸びやかに暮らせる家」 R.Y.Tさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、優しいホワイトをベースにした、すっきりシンプルなモノトーン系のインテリアで暮らしをコーディネートされているR.Y.Tさんと、そのお住まいをご紹介します。楽しみながら暮らすことのできる考えられた生活動線や、収納を少なく最大限に生かす工夫にも注目してみてください。

今回ご紹介するのはこの方です!

建築条件付きの小さな土地に、『ものを持ちすぎない生活をすること』『陽がたくさん入ること』『部屋を少しでも広くとること』を考え、収納の少ない2階リビングの家を建てました。

エフォートレスに導く、有意義なシンプルライフ

柔らかな透明感が漂う、ホワイトインテリア

2階建て3LDKのR.Y.Tさん宅は、ふわりとした柔らかさが漂うホワイトベースでコーディネートされています。住宅密集地ならではの人目を考慮し、2階をLDKとして利用されていました。暮らしの中心でもあるLDKは、カーテンのグレーとドレープの優しい動きが、ホワイトインテリアの中でアクセントを利かせた、透明感と開放感に溢れた空間です。ホワイトのフローリングが、空間をよりのびやかに、明るく演出しているのも特徴的。

ペニンシュラのオープンキッチンは、まるでインテリアの一部のようにすっと、空間に溶け込んでします。ホワイトやモダンな印象のメタリックの家電を選ぶことで、当たり前の日常から洗練された佇まいが放たれているよう。「ものを持ち過ぎないこと」は、R.Y.Tさんが住まいづくりをされる中で大切にされていることのひとつです。「持ち過ぎない」ことが「必要にこだわる」となり、シンプルな暮らしををエフォートレスに実現しているのかもしれません。

子供と遊べる、広々明るいリビング

LDKの中でもリビングはR.Y.Tさんのこだわりと工夫が詰まった、お気に入りの場所だと言います。テーブルやソファといった、リビングの定番家具はありません。その代わり、窓に添って横長に作られた棚やフレキシブルに使用場所を変えられるフィットソファーがあります。それだけでも、床面積が広くなり空間の開放感が高まっていることが、こちらの写真からもお分かりいただけるでしょう。しかし、R.Y.Tさんのアイデアの妙は、こうしたアイテムのひとつひとつが、お子さんの遊び場を兼ねるという点です。横長の棚は、時には絵本を読むベンチに、時にはよじ登る遊び場に、時にはステージに……自由に走り回れる空間を確保しながら、半面で「遊び」の伏線が散りばめられているのです。こんな住まいでなら、きっと伸び伸びと想像力豊かなお子さんが育つに違いありません。もちろん、大人もゆったりとくつろげるのは必至です。

こちらは、窓際の棚側からの眺めです。広い空間の中に、さらりと置かれたティピ。シンプルなインテリアの中だからこそ、ティピのもつオシャレで優しい雰囲気がひと際、いい味を出しているように感じます。小さなお子さんにとっては、ちょっとした秘密基地のような存在なのかもしれませんね。そして、ティピの後ろには1階へつながる階段があります。背の高いネット状の仕切りは、空間の開放感や抜け感を損なわず、安全性にも配慮された技ありな工夫です。また、吹き抜けになった階段から、2階の空調効果が逃げないようレースカーテンもつけられています。このレースカーテンを開け閉めすることで、LDKの雰囲気を変えることができるのもR.Y.Tさんのお気に入りポイントなのだそうです。一石二鳥、いえ、三鳥にもなるアイデアの数々が、R.Y.Tさん流の「ものを持ち過ぎない暮らし」の楽しみ方。

日常の動作が気持ちよく流れる、スマート収納

2階LDKは、あえて収納を最小限にすることで、「広さ」にこだわった空間でした。一方で1階には心地よく日常の動作が行える、たっぷりとした収納スペースがあります。玄関の土間に直結するのは、充実のシューズクロークです。このシューズクロークと土間は他の空間に収納が少ない分、自転車も置ける広々設計とのこと。ちなみに、自転車の正面にあるカーテンの先の階段下収納には、季節家電やキャンプ用品がしまわれているそうです。

そして、シューズクロークは、玄関土間だけでなく室内の通路側にも出入り口があります。さらにその室内の出入り口側の正面には、ご夫婦のオープンクローゼットが。クローゼットで着替え、靴を選び、玄関に出る。帰宅し、靴をしまい、服を替える。R.Y.Tさん宅の玄関は、当たり前の日常の動作ひとつひとつが、自然と順番通りに片付く設計になっているのです。こうして、気持ちよく支度をし、シューズクロークから出ると、正面には全身を確認できる姿見……。どこまでも無駄がなく、どこまでも気が利いています。

R.Y.Tさんは、生活に必要なものが、必要な場所にあるように計算しながら、シンプルな住まいづくりをされていました。そうすることで、ものを持ち過ぎず、収納も最小限に暮らしのメインを贅沢に楽しむ住まいを手に入れられています。スマートで遊び心のあるアイデアの詰まったR.Y.Tさんの暮らし、是非参考にしてみてください。

R.Y.Tさん邸の間取り図

R.Y.Tさん宅は、2階建て3LDKの間取りです。住宅密集地ということもあり、2階にLDK、1階には主寝室・子供部屋、そして広々としたオープンクローゼットという配置にされています。いずれの空間も、住まいを広々と見せる工夫、適材適所、そして優しい遊び心の利いた温かなホワイトインテリアで魅力的にコーディネートされています。

R.Y.Tさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

R.Y.Tさん

とにかくシンプルにです。 全体を白にまとめ、家具は低くく、そしてものは少なく、この3つを意識しています。そうすることで、部屋を広く見せることができ、また子供も走り回れるし、片付けもしやすくなります。 他には、リビングに置く家具はティピや無印良品のフィットソファー、ベンチにしている長くつなげた棚など、子供の遊び道具や遊ぶ場所になるようなものを選んでいます。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

R.Y.Tさん

無印良品です。 ネットではよく事務用品のお店を見ます、シンプルで便利な物があるので好きです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

R.Y.Tさん

バルコニーに貼る白い人工木のパネルと、下地の材料です。 これから作るんですが、2階のバルコニーをリビングとフラットに近い状態にするため購入しました。 できあがった時に、今以上に『買ってよかった!』となる期待をこめて。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

R.Y.Tさん

ピアスが大好きでこだわって選びます。 これだけは増えるばかりです……。 ピアスを楽しむため、髪はずっとショートです! お気に入りのものは、見える収納で飾っています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

R.Y.Tさん

昔からインテリアが大好きでしたが、子供ができてからは楽しむ余裕がなくなっていました。 そんな時にRoomClipをはじめて、みなさんの素敵な部屋やすごいアイディアに刺激を受け、またインテリアを楽しめるようになりました。感謝しています! これからも刺激をもらいながら、私も誰かの刺激になれたらいいなと思っています。

R.Y.Tさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


R.Y.Tさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ