スタイリッシュに取り入れたい!鮮やかカラーで気分上昇

スタイリッシュに取り入れたい!鮮やかカラーで気分上昇

カラーはまわりの雰囲気だけでなく、人の心にも影響を与えるので、お部屋作りにもうまく取り入れたいですね。今回は、元気になる鮮やかなカラーを挿し色として使いつつ、居心地の良いお部屋を作っているユーザーさんをご紹介したいと思います。ベースをシンプルにすることで、スタイリッシュに楽しめますよ。

小物でポイント的に効かす

トーンを抑えたお部屋にも、小物でポイント的にカラーを取り入れると、パッと華やかな印象に。カラーが少ないからこそ、アイテム選びが重要になりそうです。鮮やかさが苦手な方でも、取り入れやすい方法ですよ。

ワンポイントカラー使い

グレーがメインの、大人かっこいいmayaさんのリビング。ムーディーでしとやかな雰囲気に、黄色のトレイテーブルを置いて、個性と明るさを付け加えています。鮮やかなカラーは1アイテムだけですが、目線が集中し、インパクトが大きいですね。まわりと対照的な無機質さも、相乗効果になっています。

白い壁にグリーンが映える

白い壁と、温もりのある木材が多用された、北欧スタイルのお部屋です。yumi-meiamoさんは、ポイントとして、緑色のファブリックパネルを飾っていました。まっ白な壁によく映えます。天井近くの高い場所に設置しているので、お部屋全体を包み込んで、爽やかな空気感になりますね。

マリメッコのボットナやっと飾ってもらえました◡̈⃝⋆*
yumi-meiamo

小物は黄色で、明るく清潔感アップ

mamisazさんの手の行き届いた清潔な洗面まわりには、黄色の小物がそろえられています。彩りが添えられて、明るさがプラスされています。出ているものも少ないので、黄色の華やかさが存分に発揮されていますね。色の取り入れ方の割合が、絶妙なバランスです。

白いキッチンに赤い家電でワンランクアップ

もともとさっぱりと整ったキッチンですが、ここに赤の家電を置くと、さらに印象的な空間になりますね。混じり気のない明るい赤色なので、フレッシュなアピールをしてくれています。キッチンに立つと、気分が上がりそうです。comoさんは難易度の高いカラーの家電を、スマートに取り入れていました。

家具などでカラーの面積を広く

家具やカーテンなど、面積の大きいものにこそ、大胆にカラーを使ってみるのもおすすめです。お部屋全体が明るくなって、個性も発揮されそう。カラーが浮いてしまわないための、小物選びもポイントです。

インパクトある色も小物と合わせれば馴染む

キレイなオレンジ色のキッチン下収納。生き生きとしたカラーで、気持ちを明るくしてくれますが、馴染ませるには工夫も必要です。derazouさんは、同色のイラストを飾ることで、クリアしました。視線が分散されて目立ちすぎず、統一感も得られます。鮮やかさだけは倍増して、清々しいスペースになっています。

オレンジ色の台所、なじませる方法を見つけました。 同じ彩度のオレンジ色が入ったイラストを台所の横にある廊下に飾ってみたら、いい感じにまとまりました。 色のリンクが続くから、目にも優しい印象になったような気がします。
derazou

外の光で、ブルーがより鮮やかに

太陽の光がお部屋全体を照らす、気持ちの良いお部屋ですね。ポイントカラーになっているブルーが、その光で一段とビビットに見えます。特にカーテンの色使いは、リビングのイメージを作る大きな役割に。上半分のブルーが爽やかさを、下の濃いブルーがしっとりとした落ち着きを与え、まとまりを持たせてくれています。

SANGETSUのカーテンです。 ソレイユというパンフレットに載っているパッチワークボーダーというものです(^.^)
tttbbb

色味を抑えているから、より華やぐ

選び抜かれたものだけが置かれたすっきりさで、モデルルームのようです。その中で目を引くのが、ブルーのソファ。大き目サイズで、お部屋の顔になっています。微妙に違う二色のブルーが使われていて、メリハリがありますね。小物でさりげなく、カラーを合わせるテクニックも必見です。

よりカラフルに!多色使い

ここでは、数種類のカラーをかけ合わせて、さらにポップさをプラスするアイデアが登場します。ベースがシンプルなので、カラーを多く取り入れても、賑やかすぎないのがポイントです。居心地よく、家族みんなが過ごしやすいお部屋を目指したいですね。

トーンの幅を広くすると、落ち着き感も

ホワイトインテリアに、大胆な色使いが印象的です。黄色からオレンジ色まで、幅を持たせた取り入れ方で、大人な軽快さを感じます。長く過ごすことが多いリビングなので、リラックスできる組み合わせを実践したいですね。お手本になる、同系色のグラデーション使いです。

物は少なく、色は多く

黄色とオレンジ色をメインに、たくさんのカラーが使われています。それでも、雑然とした雰囲気が出ないのは、物の少なさと規則性が整っているから。カラーを使う場所と使わない場所のメリハリがしっかりしているので、スマートさを保っています。もちろん色の効果で、ポップな空気も感じられます。

モノトーン×カラフル

モノトーンのお部屋に、大胆な色使いが新鮮です。大人も子どもも落ち着ける、空間作りが上手です。カラーだけでなく、デザインやフォルムも可愛らしく、心弾むお部屋ですよね。物選びから配置まで、バランス感覚に優れたユーザーさんです。


想像以上に洗練されたお部屋ばかりで、見とれてしまいました。カラーを使うことで、スペースが引き締まって、気持ちも明るくなり、良い効果がたくさん期待できそうです。お部屋のイメージチェンジに、ぜひ取り入れてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カラー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ