居心地のいい空間を♡理想のお部屋レイアウトはこれだ

居心地のいい空間を♡理想のお部屋レイアウトはこれだ

なんだかお家のインテリアに物足りなさを感じることがある方、ひょっとしたらレイアウトの問題かもしれません。「こんなふうに模様替えができるかも?」とお部屋を見渡してみると、意外な可能性に気づくかもしれませんよ。今回はそんなときにインスピレーションを与えてくれる、理想のレイアウトをご紹介します♪

家族のためのリビング・ダイニング

まず見ていきたいのが、リビング・ダイニングのレイアウト。日本では一つの空間になっていることが多いですが、どのようにして「食べる空間」と「リラックスする空間」の線引きをしたらいいのでしょうか?参考になりそうなコツをご紹介します。

ダイニングテーブルはカウンターで

こちらはお部屋が縦に長いタイプのリビング・ダイニング。手前半分にソファーとテレビでリビング空間、奥の半分はダイニングスペースになっています。あえて大きなダイニングテーブルを置かずに、キッチンカウンターで代用してスリムにまとめることで、余裕のあるお部屋ができています。

リビングは日が当たるように

仕切りが少なく、とても広々とした空間がうらやましいこちらの実例。ソファとテレビの置かれたリビングスペースは大きな窓の横に設定されていて、日の当たる穏やかな空間になっています。お部屋が広くても、家具の数は標準的なのでゆとりを感じますね。

リビングとダイニングの近さに注目

こちらはリビング空間とダイニング空間をあまりはっきりと分けず、隣り合って似たテイストでまとめられています。ソファーに座っている人とダイニングテーブルの方にいる人とで、境目をあまり感じることなく楽しく会話ができそうですね。

快眠のための寝室

次に見ていきたいのは寝室です。一日の中でも決して少なくない時間を過ごす大事な空間。主役となるベッドを中心に、他の家具をどう置いたらいいのか、あるいは置かない方がいいのか、実例を参考にして探ってみましょう。

主役はベッド

こちらはベッドをお部屋の真ん中に置いて、ほかは添える程度のエンドテーブルが置いてあるだけ、というホテルのようなレイアウトです。主役のベッドをいかに見せるか、というところに主眼がおかれていますね。ホワイトとブルーでそろえられたファブリックが演出するリゾートのような高級感に、うっとりしてしまいます。

朝日が降り注ぐ瞬間のこの色は特に綺麗ですよ~.。o○
erikamama.

間取りを活用して

L字に近い形の少し特殊なこちらのお部屋ですが、それをうまく利用して、ベッドをお部屋の出っ張っているところにぴったり嵌めるように設置しています。そうすることで、とても広い長方形のスペースが丸々空き、ほかの小さめの家具を自由に置くことができています。

イメージは海外インテリアのようなカッコよく それでいてどこか落ち着く空間 壁にかかってるもの ベッド ドア ライトここに写ってるもののほとんどが手作り♪普通のどこにでもある部屋だったのがDIYで心地よい寝室へと生まれ変わりました^^
banbi

真ん中にベッドを並べて

お部屋の真ん中にベッドを二つ並べ、その頭の方に棚やグリーンなどのアイテムを置いているこちらの実例。アイテムを一方に寄せることで、すっきりと清潔感のあるお部屋になっています。ブルーの壁紙も快眠を招いてくれそうですね♪

子どものためのキッズルーム

最後にご紹介するのはキッズルームです。お子さんが小さいうちは兄弟姉妹そろって一つのお部屋を使うことも多いですよね。一人で使うお部屋の場合も、机とベッドでスペースは限られてきます。すると、やはりスペースの使い方は悩みどころ。賢いレイアウトを採用した実例を見ていきましょう。

向かい合って楽しく勉強

こちらは二段ベッドをお部屋の隅に置き、真ん中に机を向き合う形で並べている実例です。お部屋の中心に机が来ることで、宿題などにも向かいやすいですし、兄弟姉妹で楽しく勉強できますね。ベッドの反対側には自由に遊べる空間も確保されていて、このお部屋だけでお子さんたちが楽しく毎日を過ごせるようになっています。

初めまして。上手な子供たちの勉強机ですね♪ 真似してみたいですー(*^.^*)
fuko
いいね&コメントありがとうございます♡ カラボの上に板を乗せるだけなので是非やって見てください
YUU38

ロフトの下を有効活用

お部屋の一辺に横長のロフトを設置しています。机や本棚をロフトの下に並べて置いてあることで、メインの家具がすべてお部屋の一辺にまとまり、反対側に広いスペースを確保できていますね。すっきりしたデスクまわりで、勉強もはかどりそうです!

部屋を二層に分けて

一見天井が低いように見えるこちらの実例ですが、ロフトベッドの下に机やタンスを置いて、部屋を二層に分けて活用しているんですね!スペースの活用としてもとても賢いですし、お子さんもこんな空間に住めたら楽しそうです!兄弟姉妹で空間も一人一人確保されているのもうれしいですね。

机とベッドに光がさす空間

こちらは一人用のお部屋で、ベッドと学習机というメインの家具を角に合わせて設置しています。ベッドと机の両方が窓に面しているレイアウトなので、勉強するときも朝起きるときも外の空気、外の光を感じられて素敵ですね。ホワイトでそろえられたインテリアにもうっとりしてしまいます。

こんな素敵でスッキリしたお部屋なら成績もアップ間違いなし\(°∀° )/
capel

いかがでしたか?お部屋の広さや形によっていろいろな制限はありますが、そんな中でも採光や動線、居心地の良さを最大限に引き出したレイアウトがたくさんありましたね!ぜひこれらを参考にして、模様替えに取り組んでみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「レイアウト 間取り」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ