好きなテイストが必ず見つかる!アメリカ風世界観のすすめ

好きなテイストが必ず見つかる!アメリカ風世界観のすすめ

地域や時代によって、さまざまな種類があるアメリカのインテリア。フランクさ、海、ヴィンテージなど、実にバラエティー豊かでアメリカの国土の広さを感じさせますよね。今回は「西海岸インテリア」「ネイティブアメリカン」「アメリカンダイナー」の3種類のお部屋について、ご紹介しますよ。

西海岸インテリアに癒されたい

海岸や太陽の暖かな雰囲気が人気の「西海岸インテリア」。ここでは改めて、そのお部屋がどのようなものなのか、実例を集めてみました。ご自分のお部屋を西海岸風で試行錯誤中という方も、ぜひ参考にしてみて、さらにおしゃれなお部屋を目指してみてくださいね。

自然要素で大人の西海岸に

落ち着きのある大人の西海岸スタイルを作られたgricoさん。ブラウンや木目調など、自然要素のものを多くセレクトされているため、とてもリラックスできそうですね。ファブリックはキリム柄であたたかみをプラス。特に冬の寒い時期には、いつまでもお家にいたくなりそうです。

カッコ良さもある海の空間

Maiさんはブラウンのソファやファー、キリム柄などのホッとするアイテムを取り入れながらも、コンクリート壁のカッコ良さも合わせたお部屋に仕上げました。壁には海の写真を飾って爽やかに。ジャンルの違うものを見事にまとめて、海の清々しさを感じられるお部屋に仕上げたそのセンスに、驚きですね。

朝日に癒されるフレッシュなお部屋

白の板壁と多くの観葉植物が、フレッシュさを感じさせますね。saaaaaykaさんがおっしゃるには、朝のブラインドからの光が癒しになっているそうですよ。ポイントとして、アメリカ国旗柄のミラーをオン。ポップなアイテムの1つ1つが、爽やかなお部屋によく馴染んでいます。

朝のブラインドからの陽かり♡癒し♡笑
saaaaayka

白で海に行きたくなるようなまぶしさを

California0809さんは、海岸を連想させる大きな観葉植物を取り入れたり青色のファブリックを取り入れたりすることで、ビーチスタイルの西海岸テイストに仕上げました。さらに真っ白のファブリックも活用することで、海のキラキラとしたまぶしさを感じさせます。今すぐにビーチに行きたくなりそうですね。

味があるネイティブアメリカン

アメリカの先住民族を想像させるのが「ネイティブアメリカン」です。歴史を感じさせるカントリー風、カラフルな色づかいのメキシコ風などが挙げられます。このスタイルの魅力は、懐かしさを感じられるところにあります。このようなお部屋は、自ずとのびのびと過ごすことができるでしょう。

仕上げとファブリックで変えられる

床や壁にまで板張りがほどこされたお部屋は、それだけでアメリカ感が漂いますね。さらにメキシコのカラフルなファブリックで、一気にネイティブアメリカンの世界へ。仕上げ材とファブリック、この2つだけで途端に様変わりするようなこちらのお部屋は、アイテム選びの重要さを感じさせますね。

彩度を低くすることで、くつろぎ空間に

青や赤などの相反する色が使われていますが、不思議と安らげそうですよね。その秘密は、彩度が低い色を選んでいること。そして、ダークな色合いの木目が多く使われているのも、その大きな要因となっています。色を使うことは好きだけど、落ち着いたムードを出したいという方にうってつけのアイディアですね。

ラグと家具類の色合いが調和してますよね〜(*゚∀゚*)
tak-ito

自然のものをとことん使う

まるでハリウッド映画や絵本の中に出てきそうな、とてもクオリティーの高いお部屋ですね。注目したいのは、壁を漆喰にしたり家具を木目が出ているものにしたりと、とことん自然なものにこだわっていること。そして手作りの暖炉がさらにアメリカの世界観をグレードアップさせています。

こんな可愛いおうち本当にあるんですねぇー(*´꒳`*)♡♡ステキ♡ 絵本の中みたい…♡♡♡ おうちの中もモルタルの外観も可愛いすぎてため息がぁー…(●´ω`●)♡♡♡笑
jamberry

気分が上がる!アメリカンダイナー

アメリカ北東部が発祥と言われている、大衆食堂の「アメリカンダイナー」。発祥当時は不要となった列車の車体を再利用、そして現在まで受け継がれているそのインテリアは、アメリカのポップなイメージを全面に表現していますよ。そんなお部屋で過ごす時間は、自然と心躍るものになるでしょう。

レトロ雑貨と赤の組み合わせは鉄板技

レトロなサインボードやタペストリーなどが飾られているお部屋。大きさやデザインの異なる個性的な額・ポスターによって、アメリカのフランクな雰囲気が演出されています。さらには真っ赤なソファでアメリカンカラーをオン。レトロ雑貨×赤の組み合わせは、アメリカンダイナーの鉄板技と言えそうです。

後回しになってたセリアのタペストリーを やっとフレームに入れてあげました*ˊᵕˋ* フレームはペイントするつもりで買ってきたんだけど プレスリーの額縁とまったく同じ色だったので あえてそのままにしました (*∩ω∩)
7OfPinkRed

ヴィヴィッドカラーを多用する

水色の壁がとても鮮やかで、いるだけで気分が上がりそう。megcoさんはヴィヴィッドな壁の色に、同じようにはっきりとした赤色の家具や雑貨を選ぶことで、アメリカンな遊び心を見事に表現されました。さらに床は白×黒の大きなブロックチェックを採用。ぜひ色づかいと模様選びの参考にしたいですね。


1つの国のインテリアとはいえ、それぞれのお部屋はとても多種多様でしたね。お好きなテイストは見つけられたでしょうか?アメリカンなお部屋でリラックスしたり、テンションアップしたりと、ぜひご自分の楽しみ方を見つけてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「アメリカン 西海岸インテリア」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ