「ダイニングテーブルから始まった空間デザイン◎真っ白北欧モダン」 by chim3さん

「ダイニングテーブルから始まった空間デザイン◎真っ白北欧モダン」 by chim3さん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、洗練された北欧スタイルインテリアにお住いのchim3さんのキッチンをご紹介します。

子どもが産まれたのをきっかけにお家づくりをはじめ、2017年3月にマイホームが完成。 夫と2歳の息子との3人家族です。 毎週のようにたくさんのモデルルームを見てまわったおかげで、自分達で納得のいく北欧モダンなおうちができあがりました。

空間作りの最優先は、一目惚れしたダイニングテーブル

真っ白×やさしい木の風合いが美しく、軽やかで爽やか。清潔感溢れる北欧ナチュラルが魅力のchim3さんのキッチン。モデルルームのような洗練された空間は、立っていて清々しく、ダイニングに座って安らぐような雰囲気をまとっています。まずは、キッチン全体のこだわりについてお聞きしました。

chim3さん

「我が家の場合、夫が一目(座り?)惚れしたダイニングテーブルが間取りより何よりも先に決まりました。そこから間取り→テーブルの色味に合わせてキッチンなどを決めていったので、キッチン+ダイニングでひとつのまとまった空間にしたくて、テーブルの優しい木の色合いを生かした淡くて優しい色使いの北欧モダンをテーマにした空間になりました。」

開放的で家族と一体感のあるキッチン

開放的なLDKの一角に位置するキッチン。キッチンからは、部屋全体を見渡すことができるので、調理をしながら家族の様子がわかり、会話もできる間取りになっています。キッチンに立っても孤立することなく、家族との一体感を感じることができますね。また、LDKが一直線ではなく、キッチン正面がダイニングとテラスにあたるため、視線が屋外にも届きます。広がりと開放感をより感じられる間取りになっており、心地よく調理も進みそうですね。さて、そんなchim3さんのキッチンにはさらに素敵な特徴がありました。3つのキーワードに沿って、見ていきましょう!

キーワード1 真っ白で清潔感のある空間

chim3さん

「最初はグレーの落ち着いた色合いのキッチンに決めていましたが、一生使うことを考え、汚れてもすぐに分かる→すぐに拭き取る習慣がつく→綺麗に保てるキッチンにしたくて白いキッチンにしました。」

キーワード2 家電はあまり出さない

chim3さん

「家電収納付きのカップボードを選び、生活感の出る炊飯器やポットなどはなるべく隠すようにして生活感が出ないようにしています。」

キーワード3 家事をしながら子どもを見守ることができる

chim3さん

「まだ子どもが小さいこともありますが、キッチンからリビング、その横の四畳半の子どもが遊ぶ部屋まで見渡せる間取りになっています。料理を作りながらも端から端まで走り回る息子を見守れると安心感があります。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

chim3さん

「毎日使うキッチン。自分が毎日立つことが楽しくなるようなキッチンの雰囲気作りを大切にしてみてください。でもやっぱり一番大事なのは掃除のしやすさかな!笑」

まとめ: キッチンプランニングで大切にしたい3つの「感」

ご主人が一目惚れしたというダイニングテーブルを中心に、淡くて優しい北欧モダンをテーマにコーディネートされていたchim3さんのキッチン空間。今回chim3さんのお話から「清潔感」「生活感」「安心感」という3つの感のお話がありました。「清潔感」を大切に掃除の習慣の付く白のキッチンパーツの採用、「生活感」をカットできる収納力のあるカップボードの使用、小さなお子さんがいても「安心感」をもって調理できる間取りを確立されていました。chim3さんは、これらを大切に、キッチンデザインと大切な生活を両方重視した、洗練された北欧スタイルキッチンを実現されていましたね。 これらの「感」は居心地の良いキッチン空間作りで密接にかかわってくるもの。心地よい程度は違っても、キッチンプランニングにおいて大切なものになってきます。なんだか、このキッチンしっくりこないな……と感じている方、この3つの「感」から見直してみるものいいですね。そして、これ以外にも、自分にピッタリの「~感」が見つかるかもしれません。


chim3さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ