「可愛く快適。ホワイト×ブルーのフォトジェニックな空間」 by mikiさん

「可愛く快適。ホワイト×ブルーのフォトジェニックな空間」 by mikiさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、どんな季節、どんな天気の日も晴れやかな気分で過ごせそうな、明るく優しいインテリアづくりをされている、mikiさん宅のキッチンをご紹介します。理想や憧れを現実にした、こだわりやメソッドもお伺いすることができました。

夫婦と子ども、家族3人でホワイト×ブルー×ナチュラルな内装の家に暮らしています。 どの空間もお気に入りですが、とくにキッチンはこだわりがたくさん詰まった空間。 毎日キッチンに立つのが楽しいです♪

思い描いた理想を叶えた、妥協なしの空間

あ……可愛いな、と思わず足を止めたくなるような佇まいの家が、今回お話を伺うmikiさんのお住まいです。そんなお住まいのキッチンは明るいブルーとホワイト、そして木の温もりで『可愛い』を紡いだフォトジェニックな空間。丸いペンダントライトから降る、優しいの明かりに包まれると、ほっこり心も癒されそうです。とても完成度の高い空間ですが、どのような思いやこだわりをもってコーディネートをされたのでしょうか?詳しくお伺いしていきます。

mikiさん

「昔から、可愛い雑貨やカフェが大好きです。いつか家を建てたら、そんな『大好き!』がたくさん詰まったお気に入りのキッチンにしたいと思っていたんです。 いろいろなショールームを見るなかで、ひと目惚れしたのがウッドワンのキッチン。 特に惹かれたのは、マウンテン型のレンジフードです。レンジフードを白にしたので、同じくスイージーのキッチンも白で統一し、とことん可愛いキッチンにしました! そしてキッチンの壁は、リビングダイニングのなかでも目を引く壁にしたいなと思い、ブルーグレーのタイルを一面に貼っています。 ホワイト×ブルーのコントラストが、とてもお気に入りです。

なにより夫の、『私が主に使うスペースだから、妥協はせず本当に気に入ったキッチンにして欲しい』という言葉に背中を押され、ここまでこだわることができました。」

次の動きを取りやすい、オープンスタイル

なるほど、ご主人の後押しは理想のキッチン実現には欠かせませんね!間取り図を見ると、mikiさんの妥協なきこだわりはキッチンのコーディネートだけではないようです。そう感じるのは、キッズスペースまでを含めたLDK全体を見渡せる位置、ダイニングを横付けにすることで得られる快適な動線、そしてもう一方にはランドリースペースと、一日の動きをキッチンを中心に取ることができる間取りになっているから。『大好き!』が見た目や雰囲気だけでなく、暮らしやすさにまで及んでいることがわかります。

そしてここからは、mikiさんイチオシのキッチンのお気に入りポイントを掘り下げていきます。憧れを実現した大きな要素や、使いやすさと見た目を両立する秘訣なども登場しますので、これからキッチンづくりをするという方も、キッチンをイメージチェンジしたいという方も必見です。

キーワード1 大好きな配色で可愛く

mikiさん

「ホワイト×ブルーの組み合わせが好きです。キッチン全体をホワイトにしたので、壁のタイルでブルーを取り入れています。 大好きな色、お互いが引き立ったかわいいい空間になりました。」

キーワード2 カスタムした取っ手は、ちょっとしたこだわり

mikiさん

「キッチンと造作のカップボードの取っ手は、自分で用意したものです。 特にキッチンは、大きめの引き出しにはアイアン取っ手、小さめの引き出しには花のつまみと、雰囲気を変えたのがちょっとしたこだわりポイント。カップボードの引き出しは、全体の統一感やバランスを考え全て花のつまみにしました。」

キーワード3 充実収納で大好きな見た目を洗練

mikiさん

「造作のカップボードには、食器やお米などを収納しています。 その他の食品ストックや料理本、キッチン雑貨などは、カップボード隣の収納スペースを活用。 このスペースは収納力も高く、パントリー感覚で使えるのでとても便利です。生活感もしっかり目隠ししてくれて、キッチンの見た目をスッキリさせる立役者と言えます! ここには、ミシンやアイロンなどの裁縫グッズもすぐ使えるように置いています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

mikiさん

「キッチンは、主に使う人が気持ちよく過ごせて、さらに家事育児がしやすい空間であるのが良いと思っています。我が家では、主に私がキッチンに立ちます。なので、キッチンからリビングとキッズスペースを見渡せて、扉を挟むだけでランドリースペースへもアクセスできる、家事動線を計算した間取りにしました。

キッチンのデザインなどは、各メーカーのショールームへ行くと好みも見えてきます。あらかじめ、自分の好きなテイストやこだわりがはっきりしているのなら、画像を収集するなどして具体化したイメージをハウスメーカーさんに伝えるのが近道。 ぜひ、自分らしい素敵なキッチンを見つけてください。」

まとめ: こだわったのは色、ディティール、そして収納力

空間づくりにおいて、最も印象的で最も分かりやすく『大好き!』を表現してくれるのは、色ではないでしょうか。mikiさんは、まずキッチンのベースを大好きな配色で固めています。そして、そこに心惹かれるディティールを加えることで、大好きの質量をどんどん増やしていました。また、LDK全体に影響するオープンなキッチンだからこそ、収納も重要です。キッチンならではの生活感が表立っては、せっかくの魅力ある雰囲気も半減しかねません。インテリアの邪魔をしない、懐の深い収納があるのもmikiさん宅のキッチンの大きなポイントです。

キッチンは家づくりの中のほんの一部です。けれども、そこを主に使う人にとっては……好きも嫌いも、癒しもストレスも集まる暮らしの中心。ぜひ、mikiさんのこだわりを参考に、好きや癒しがより多いキッチンをつくってみてください。


mikiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク