「自然と身体が動く◎気持ちで整理する収納のコツ」 by omau3homeさん

「自然と身体が動く◎気持ちで整理する収納のコツ」 by omau3homeさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、ホワイトインテリアで統一したお部屋にお住まいのomau3homeさんに収納のコツをお伺いしました。ミニマルライフを送られているomau3homeさんが実践されているすっきり収納術、必見です!

今回教えてくれたユーザーさん♪

元マキシマリスト(物持ちすぎ)。仕事と心と身体のバランスが取れなくなり、2年前に退職。以後マイペースで在宅ワークをやりながら、身辺整理に励み中。減らした物量は計り知れず……それからと言うもの暮らしが充実、家事も金銭面も楽に。昨年購入したマイホームで主人と2人、楽しく暮らしています。しかしズボラ主婦。シンプリストを目指して奮闘中。

物たちが誇らしげに並ぶ様子がうれしい

ホワイトインテリアですっきりとした空間が印象的なomau3homeさんのお宅。とにかく物が少なく、広々としていて、整然とクリーンな空気感に魅了されます。収納スペースも白を中心にまとまっていて、なにより余白があって美しい。並々ならぬこだわりが感じられるomau3homeさんの収納風景。収納作りにおいて、どのようなことを大切にされているのでしょうか。

omau3homeさん

「『物が喜ぶように収納すること』です。収納場所には詰め込みすぎず、物自体がゆったりと引き立つように並べられていることが理想です。物たちが誇らしげに整然と並んでいる様子を見ると、うれしくなります。」

なるほど、「収納」というより「ディスプレイ」に近い感覚を持って物をその空間に置かれているのですね。確かに、一つひとつの物が、凛としてそこに存在し、大切に扱われているのが伝わってきます。お部屋のどの風景を切りとっても”絵”になるのは、そのような収納のスタンスがあってこそなんですね。

さて今回は、そんな美しい収納作りが得意なomau3homeさんに、「家事に苦しまない自分になるための、気持ちで整理する収納のコツ」をご紹介いただきます。収納に対する気持ちの持ち方に焦点を当てたコツ、早速みていきましょう!

家事に苦しまない自分になるための、気持ちで整理する収納3つのコツ

その1 片付けに苦しまないためには、自身で管理できる物量を持つ

omau3homeさん

「仕事に家事に追われていた頃は、うちに物が溢れていました。今思えば自分の許容量を越えて物を所有し管理しようとしていたので、家でも落ち着くことができず疲弊してしまったんだと思います。まずは収納術を取り入れるより、把握できる量に減らしてみました。例えば洋服は自分の覚えられない量を持っていてもコーディネートへ取り入れることはできません。皆さんの服の適量はどのくらいでしょうか。」

その2 収納場所を掃除で清めると、お気に入りしか置きたくなくなる

omau3homeさん

「もしも収納の中がごちゃごちゃしてストレスなら、まずは一度全部出して、お掃除をしてみてください。私は『全出し掃除』と呼んでいます(笑)収納箇所を掃除すると、空間が神聖に感じられます。そこに戻したいものは、自然と限られてくると思います。戻せず溢れ出たものは基本的に必要のないものと思います。時間のあるときに向き合って、処分を考えてみてください。」

その3 家事の苦手を克服するために自分がワクワクする収納へと工夫する

omau3homeさん

「私の苦手な家事ワースト1は、アイロンがけです。いつまでも後回しにしてしまうので、アイロンがけの空間から見直してみました。アイロン待ちのものはゆったりとハンガーがけで待機。セットで並べたお気に入りの水屋にアイロンを収納しました。まとめてカゴに入れれば取り出すときのストレスも減ります。水屋を作業台変わりに、スチーマーアイロンなのでハンガーがけのままアイロンがけができます。」

オススメの収納アイテム

ITEMダイソーのパンチングボードとそのパーツ
PRICE110円から

パンチングボードは両面テープやビス等、壁への固定の方法が選べます。収納扉の裏にボードを固定。専用の収納箱を購入して、細かいお掃除道具を入れました。このまま箱を取り外して掃除道具を持ち運ぶこともできます(^^)色もホワイトでシンプルなデザインも気に入っています。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

omau3homeさん

「苦手だなと感じている方は、もしかしたら『持ち物が自分の持てる量を超えている』のかもしれません。物の管理が苦痛ということは、自分の暮らしのキャパを超えて頑張っているんだと思います。かつての私がそうでした。まずは物と向き合い『こんなもの持ってたっけ!』っていう意外な発見がなくなるまで減らしてみてください。とても楽になりますよ。」

自分のための収納作りで、自然と長続き

整った収納を気持ちの面からアプローチしていくomau3homeさん流収納のコツ。この「気持ちで整理する」ことを念頭に置いておけば、自然と身体が動き、家の中が整ってくる、ということですね。そして、根本にあるのは「苦しまない自分になるために」という、自分を大切にした収納作り、という点です。

物を減らし、お気に入りだけを置きたくなる環境を整える、そして、ワクワクする収納の工夫をする。片付けが苦手、キレイな収納が続かない、そんな方はぜひ一度、自分の心が自然と動かされるような”自分のための収納”を目指してみるのもいいかもしれませんね。omau3homeさん流収納術、皆さんもぜひ参考にしてみてください!


omau3homeさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク