「フリーマルチネット×結束バンドでつくる大きめバスケット」 by ayamamaさん

「フリーマルチネット×結束バンドでつくる大きめバスケット」 by ayamamaさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回は、充実した日々をDIYでより素敵に、自分らしく楽しまれているayamamaさんに、工具ほぼゼロでつくれる簡単レシピを教えていただきました。お子さんのぬいぐるみ収納のためにつくったという、可動性のある大きなバスケットは、他のさまざまな暮らしのシーンでも活躍してくれること間違いなしです!

教えてくれた人

ふたりの子どもと主人、義両親と義祖母の四世代が集まった二世帯住宅です。家事・育児・仕事に追われる中、RoomClipは唯一の癒し。お金をかけず、好きなものを好きなようにつくりながら、暮らしやすいお家にしていきたいです。

必要なもの

所要時間

10分

購入する材料 計9アイテム900円(税抜)

  • フリーマルチネット355×355mm×6枚【ダイソー 売場:収納】
  • 双輪キャスター40mm2個入×2つ【ダイソー 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】
  • 結束バンド×1袋【ダイソー 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】
  • (ワイヤーかご×お好きなサイズをお好きなだけ)※費用とアイテム数には含まれていません【ダイソー 売場:収納】

必要な道具

  • はさみ

つくりかた

STEP1

フリーマルチネットを組み合わせて、大きな箱をつくります。まず、底になるフリーマルチネットの四隅に、結束バンドでキャスターを取り付けましょう。キャスターにはネジ穴があるので、その穴に結束バンドを通しながらしっかりと留めていきます。

STEP2

STEP1のフリーマルチネットを底にし、その一辺ずつに4枚のフリーマルチネットの短い辺を結束バンドで固定していきます。さらに、隣り合うフリーマルチネットの長い辺同士も、結束バンドで数カ所ずつ固定し、口の開いた大きな箱状に組み上げていきましょう。

STEP3

最後に余る1枚のフリーマルチネットは、フタになります。開口している部分のいずれかに、一辺のみ結束バンドで固定すれば、パタパタと開けやすいフタの完成です。

STEP4

マルチネットの特性を生かし、お好きなところにお好きなだけワイヤーかごを引っ掛ければ、ポケット付きぬいぐるみ収納バスケットのできあがり♪

当時1歳の子どもでも扱いやすいよう、ワンアクションでぬいぐるみを片づけられるようにと考えました。

丈夫で大きなバスケットは、意外と簡単につくれる!

スペースに気持ちよく収まる、四角くて丈夫なバスケット(箱型の入れ物)というのは、探してみると意外と見つからなかったりします。100円で手に入る『フリーマルチネット』を結束バンドで組み合わせるだけで、簡単に手に入るなんて、目から鱗ですね。しかもフタ付きです♪

ayamamaさんは、お子さんのぬいぐるみ収納としてつくられていますが、ランドリーバスケットや資源ごみストッカーとしても便利そう。フリーマルチネットはサイズも選べるので、必要な大きさの、丈夫な四角いバスケットをつくってみてはいかがでしょうか?ぜひ、参考にしてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • 展開図のように、フリーマルチネットを置いてから、結束バンドで固定していくと作業しやすいかと思います。
  • 結束バンドはキツめに縛ってください。
  • ワイヤーかごはお好みです。そのため、費用とアイテム数にワイヤーかごを含みません。

ayamamaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

関連記事

RoomClipの関連リンク