インテリアや収納、汚れ対策も!驚きのマスキングテープ活用アイデア

インテリアや収納、汚れ対策も!驚きのマスキングテープ活用アイデア

マスキングテープは、今や生活に根付いた必需品ともいえますよね。色や柄が豊富で、お部屋作りにも大活躍する優れものです。そんなマスキングテープを驚きの方法で活用しているユーザーさんをご紹介したいと思います。リメイクや収納、汚れ予防まで、部屋中いろいろなシーンで活躍するので、ぜひチェックしてみてください。

壁や窓のアレンジに

壁や窓に手を加えるとイメージチェンジになりますが、実際に試すのは少しハードルが高く感じられますよね。そこでお手軽なマスキングテープを使って、オリジナルアレンジを実践してみませんか。壁にくまなく貼り付けてクロスのようにしたり、柄を作ってイメージチェンジをしたりと、インテリアの強い味方になってくれます。

壁に貼り付けて柄のクロスに

ttmcyさんの玄関の壁は、マスキングテープのアクセントクロスで彩られていました。ミナペルホネンのタンバリン柄マスキングテープを、壁一面に貼ってまるでクロスのように仕上げているんです。お気に入りの柄を壁に貼ることで、インテリアとしても活躍させられます。貼り付ける範囲が調整しやすいのもいいですね。

デザインガラスに大変身

マスキングテープとガラスシートで窓をアレンジしていたkotoさん。ライン状に貼っていろいろな模様をかたどっていました。少しレトロ風の和モダンな窓ガラスになり、インテリアにも映えますね。窓のアレンジを手軽にできるのはマスキングテープならではです。

ガラスシートはセリア、ダイソー。マスキングテープは全部セリアです。
koto

サブウェイタイル風にアレンジ

サブウェイタイル風のこちらの壁は、マスキングテープで線を描いてデザインしたものなんだとか。均等な幅でまっすぐなラインが引かれていて、市販のクロスを使っているのかと思うほどの完成度の高さに驚きます。クロスを変えるとお部屋の印象も変わるので、イメージチェンジに取り入れてみたいですね。

これね、線は引いてないよ。チョンチョンって印付けて、あとはその点を結ぶ感じでマステをピンと張って貼る感じかな。
kobami_style

収納や指定席作りに

マスキングテープは収納や整理整頓にも一役かってくれます。収納スペースを見せる場所に変えたり、置き場所をより快適な状態にしたりと、一工夫でいろいろなお悩みを解決してくれそうです。見せる収納作りになくてはならないアイテムです。

壁にマグネットを留めて傷つけずに飾る

壁に穴をあけずにカレンダーを貼るアイデアを教えてくださったc.tomさん。マスキングテープで壁にマグネットを固定し、その上にカレンダーを置いて、さらにマグネットで挟むという方法です。これなら賃貸のおうちや壁を傷つけたくない壁にでも、ディスプレイを楽しめますね。

背表紙に貼り付けて生活感を消す

本棚は、背表紙の色や字体のバラバラさが気になります。生活感なくすっきり収めるために、マスキングテープを利用してみませんか。このように背表紙に貼り付けて、手書きでタイトルを書くとすっきり見えますね。モノトーンで統一して、インテリアに馴染むクールな本棚を作っていました。

線を引いて戻しやすい置き場所に

マスキングテープで、乗り物玩具の置き場所を作っていたwanidaさん。床に線を引いて駐車場にすることで、自然とここに戻すようになるんだそうです。手軽な方法なのに効果抜群で、お子さんも楽しみながら片付けができます。壁も利用してよりパーキングらしくアレンジしているのもかわいらしいです。

お掃除を楽にする工夫も

お部屋の中の汚れ対策にも、マスキングテープは使えるアイテムです。気になる隙間や汚れのつきやすい場所にあらかじめ貼っておくことで、掃除がぐっと楽になります。汚れたら取りかえるだけなので、面倒な作業なく続けられるのもうれしいですね。

キッチンの壁汚れ防止に

幅広タイプのテープを使って、キッチンの壁の汚れ防止対策をしていました。爽やかなタイル柄は、キッチンのアクセントとしても存在感がありますね。さらにマグネットナイフラックにも傷予防として同じ柄を貼り付けているそうです。予防しつつ柄も楽しめるので、季節や気分に合わせていろいろ試してみたくなります。

DAISOのマスキングテープ✨ 幅広の小さなタイル柄は キッチンの壁紙汚れ防止に貼ってみました✨ それと、IKEAのマグネットナイフラックにも貼りました✨ こちらは、刃物の傷防止に!
yopin

IHの隙間をふさぐ

IHの隙間は、油汚れなどが溜まりやすい場所ですよね。ここをマスキングテープでふさいでおくと、キレイな状態をキープできます。入居前にやっておけばよかったこととして、sasaeriさんが教えてくださいました。シリコンタイプのものなどよりも、簡単に貼れてリーズナブルに対策できるのもポイントなんだそうです。

スイッチを清潔に保つ

jucaさんは、スイッチの両側の壁にマスキングテープを貼って汚れ予防を実践していました。特にお子さんが触ることが多い場所ということで対策しているんだそうです。壁は汚れがつくと落とすのが大変ですよね。対策しておくことで、ストレスなく子どもの自主性を見守ることもできます。

お風呂の扉のパッキンなどに

お風呂の扉のパッキンや枠の部分は、埃がたまる部分ですよね。湿気もあるので、放置してしまうと頑固な汚れに変わってしまってやっかいです。そこで、ここにもマスキングテープを使うと快適なんだとか。少し床にはみだし気味になるように貼るのがコツとyukaさんが紹介してくださいました。


貼ってはがしてがしやすいマスキングテープは、お部屋作りをサポートしてくれる強い味方です。いろいろできるのに、作業は貼るだけという手軽さも魅力です。見える場所でも見えない場所でも、いろいろな方法で活用してみてくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「マスキングテープ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク